FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




不安定な天気 :: 2018/08/21(Tue)

早朝は霧。
お昼近くまで曇りでやや強めの風が吹く。
生協の配達がある頃には晴れ上がったものの、
「でも、あちこちに雲が出てるから雨が降って来るかも知れませんね~」と
生協のお兄さんが言った。
この不安定に変化する気圧で気持ちが低下気味だ。
昨日までの爽快な空気がもう恋しい。

2018august_16.jpg
ショモモさんから届いたバースデイカード。
綺麗な色合いが素敵。
「PAPYRUS」というカード専門店のカードだ。
「PAPYRUS」はパピルスじゃなくて
[pəpáiərəs]パパイラスと発音すると知ったカリフォルニア生活の初期が懐かしく思い出される。
「こんな風に穏やかな波の上で過ごしたいものです」と
お礼のメールに書いた。



8月の初め。
クロネコヤマトの車が停まったのが、家の中から見えた。
二人しかいないのに、
宅配の小型トラックが停まる度に、
僕じゃない私じゃない、僕かな私かなと言い合い、
あっあれか、そうだ一昨日注文したんだとどちらかが思い出すのが常。

この時は25宛てになっている箱を受け取っても思い出せない。
箱を開けたら「Y is for Yesterday」のペーパーバックが出て来た。
贔屓にしていたSue Graftonが亡くなったというニュースを聞いた時に、
お別れの気持ちも込めて注文したのだった。
日本での発売は8月。
翻訳本はもっと先になりそうだとのことだった。
忘れていた手元に届いたスー・グラフトンのアルファベットシリーズの「Y」
読了まですごく時間がかかるだろうけど、
併読している何冊かの本の合間の気分転換に読み始めた。
昼寝の友になっている。

2018august_17.jpg







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ウミガメと泳ぐジュゴン :: 2018/08/20(Mon)


沖縄県知事選に出馬するオール沖縄の候補者が何とか決まりそうだ。衆議院の玉城デニー氏の議席を失うのはもったいないような気がするが、いつまでもぐずぐずと決まらない状態で行くよりはずっといい。何よりも翁長さんが後継者として指名していたことが玉城氏の背中を押すだろう。相手候補を推す自民公明その他のモヤモヤ勢力は名護市長選の時みたいにあの手この手で覆いかぶさって来ると思うけれど、今まで通り、今まで以上にオール沖縄は結束して闘おうと決意している。本土の私たちは、沖縄だけに日本の重荷を背負わせないという思いと共に沖縄の置かれている現状を広く訴えていこう。私たちも頑張れ、ということだ。




2018august_15.jpg

ウミガメとジュゴンが仲良く辺野古新基地建設予定地の近くの海を「二人で」ゆったりと泳いでいる。2009年に沖縄防衛局が環境アセスメントの際に撮ったのではないかと考えられている。
映像もある。琉球朝日放送の夕方のニュースで流れた。
「貴重映像!ウミガメと泳ぐジュゴンは何を訴える」
何度見ても泣けてくる。ウミガメやジュゴンだけではなく様々な生物たちの棲む海を奪って私たち人間は何をしようとしているのか。戦争の為の巨大基地を造ろうとしているのだ。居ても立ってもいられなくなる。環境アセスメントでこの映像が撮影されたにもかかわらず何もなかったかのように着工するという国の無神経さ、傲慢さが我慢できない。







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 沖縄
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

怪我の功名? :: 2018/08/19(Sun)

時々このブログを覗いている様に見受けられる隠れ読者の18が、「コメント欄の返信の字が間違っている。三川先生じゃなくて見川先生だよ」と教えてくれた。テイクがよく仕出かす変換ミスだ。あらあら訂正しなくちゃと思いながらも念の為にと思って「みかわたいざん」で検索してみたら、何と筑紫哲也のNEWS23の動画が出て来た。

思いがけない筑紫哲也氏の姿が懐かしく少し切ない気持ちになる。そしてその番組内で見川鯛山先生を取り上げていた。これも思いがけない映像で嬉しい。1825が那須町に移ってくるずっと前に亡くなっていて、今は息子さんが診療所を引き継いでいて、地域医療にも積極的にかかわっている。テイクはまだ診て貰ったことはないけれど、家庭医になってもらおうと思う。





・・・という訳でコメント欄ではなくてここでお詫びかたがた見川鯛山さんと訂正します。字を間違えたお蔭で(?)この動画に出会った。これぞ怪我の功名か?




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

秋ってこんなに気持ちがいい! :: 2018/08/18(Sat)



未だ秋ではないのだけれど、昨日今日のこの空気と空の色は完全に秋だ。気持ちがいい。山がすっきり綺麗に見える。まさかこのまま秋へ向かうとは思わないけれど、しばし続け!と祈ってしまう。KANEL BREADでお金を払う時に「涼しくてホッとするわね」と言ったら「なんか嬉しい」とパンを袋に詰めながらY子さんが呟く。本当にそうね。

2018august_14.jpg

偶数月の15日前後の1週間、黒磯商店街は年金セールやる。一昨日は蕎麦屋の富陽で感謝定食なるものをお昼に食べた。今日は肉の金澤でステーキ肉を奮発した。いつもオマケしてくれる上に今日はさらに一割引きだから得した気分は誕生日プレゼントでもある。ムフフ。

月井商店で今日はいつもより少しばかり高いワインを・・・なんて見繕ってもらって好きなイタリアワインを買って来たのでそれで年重ねを祝う。どんどん重苦しく住み心地の悪くなる国でこの先生きていかねばならないのかと思うと浮かれてはいられないが、希望は捨てずに行こう。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

バックステージ ツアー :: 2018/08/17(Fri)



8月12日の午後、黒磯文化会館大ホールで東京芸術座の「蟹工船」を観てきた。

公演の数日前にバックステージツアーがあるので希望者は11時半に会場へ、というメールが入ったのでもちろん!と二つ返事で参加した。

2018august_13.jpg


今回の舞台は大道具が売りの一つということで、まずは舞台に上がって大道具=舞台装置を見ながら説明を受けた。舞台は甲板と「糞壺」と呼ばれる漁夫や雑夫たちの居住部屋があり、場面が変わる時に、この引き戸をこう動かして甲板から「糞壺」へ、「糞壺」から甲板へと変わる仕掛けだと実際にやって見せてくれる。時化ている状態は背景の幕全面に描かれた海で表す。幕をこう動かすとほらね・・・おお~っ船酔いしそうとみんなが声を上げるほどの時化る海に変わる不思議。すごいぞ。波しぶきはこれですと見せてくれたのはバケツやタライに入ったプラスチックで出来ているような細かい粒だ。これを船べりの陰からパァ~ッと撒くと波しぶきに見えるんですとの説明だが、ほんとかなぁと半信半疑だった。でも客席で芝居を観てると、ちゃんと時化る海の波がしぶきを上げて飛び込んできているように見えるから面白い。

舞台から舞台袖へ回り、小道具の説明を受けた。「東京では60人出演するが地方では40人しか出ないので、必然的に一人二役、多い人は五役受け持つ人もいて、船長の衣装と雑夫の衣装がこうやってひとまとめにして置いてあります。」という説明の通り、海軍の兵隊の衣装と漁夫と重役の衣装がまとめてあったりする。暗い舞台裏でせわしく着替えるだろうに間違えたりしないのかしら。

衣装の担当者は、一舞台で衣装は破れたり千切れたりするから毎回全衣装を直す。新しいものを新しく見えるように直すのはそれほど難しくはないけれど、襤褸をぼろぼろに「直す」のはとても大変だと教えてくれた。そうかぁ、なるほど~。

物を包んである新聞紙や、一升瓶のラベルやマッチ箱・・・などの小道具の一つ一つまで時代検証して当時のもののコピーを取って新聞紙を作ったりラベルにしたりしているのだそうだ。客席からは見えないと思うんだけど(実際見えなかった)、たまに見える人もいるようであれは違うんじゃないかと指摘されることがあるという。

劇団員が演じる登場人物の生い立ちや家族関係のことを調べたり考えたりみんなで話し合ったりして、小さな持ち物まで作っていくのだそうだ。大変そうだけど面白そう。一緒に行ったNさんは学生時代演劇部に所属し役者や裏方を経験している。「練習や準備、本番までの緊張感や高揚感が溜まらないのよね。一度やったら止められないっていうのは本当よ。」親の反対で役者にはならなかったけれど、役者仲間の集まる酒場でよく飲んだそうで、その時の一人が蟹工船にも出演していて何十年ぶりかの再会も果たした。

舞台の裏のあの煩雑さや開演数時間前の何となく晴れ晴れしい空気に触れるのも悪くない。バックステージツアーの機会があれば是非どうぞ。


さて本番。幕が上がり、蟹工船で働くために甲板に集まった貧しい男たちの中の一人の「おい、地獄さ行(え)ぐんだで!」という台詞で芝居が始まった。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

戦争は嫌だ  :: 2018/08/15(Wed)

朝5時のNHKラジオのニュース。大阪の留置場で接見中の容疑者が逃亡したニュースの続編ではなく昨日と同じような内容がトップだった。あれ?終戦記念日(敗戦記念日)なのに、それに触れない?そりゃないだろうと思って聞いていたらやっと5番目ぐらいに追悼式典があるとの告知をしていた。ふ~ん。


今朝の下野新聞に「憲法九条を、今のまま次の世代へ!」という意見広告が掲載された。5月ごろから企画が動き始め栃木全県で賛同者を募った。県北でも9条の会や市民ネットなどが中心になって多くの方に賛同をいただいた。テイクも友人知人に声をかけ平和や今の政治について話し合い、主旨に賛同していただき、その人たちや1825の名前も今日の新聞に掲載されている。





私たちの提言
ひどい戦争があった失われた日本国民310万人、
アジア・太平洋諸国民2000万人のいのち

敗戦の中で生き残った人々は
こんな歴史は二度と繰り返さないと決意した

だから、国際平和を心から望み

[9条1項]
国際紛争を解決するための
武力は永久に使わない
[9条2項]
一切の戦力を持たず
国が戦争することを認めない


自分の命は自分のもの
自由に考え自由に生きる
国の未来もみんなだ考える

大きな未来を描く平和憲法
九条を誇らしく掲げていきたい

世界の平和を願う人々とともに
次の世代のために

― 守っていこう九条 ―




2018august_11.jpg

     賛同者は2700名を越えたとのこと 





2018august_12.jpg

「線量計が鳴る」の決めぜりふを書にした鴨田茜竹さんの作品




昨日、のりきちさんから封書が届いた。6月10日付の毎日新聞の記事の切り抜きが同封されていた。「舞台から原発を問う 俳優・中村敦夫 78歳の挑戦の朗読劇」という一面の記事が四面に全面記事になって続いている。テイクも6月の初めにこの朗読劇「線量計が鳴る」を観た。(テイクは参加していないが、この時の懇親会の写真が掲載されている。)丁寧な取材を窺わせる深く濃い内容の記事を書いた澤田石洋史記者のプロフィールに思わず目をやった。

中村敦夫の少年時代からの反骨精神が、俳優、小説家、ニュースキャスター、政治家という経歴の中で途絶えることなく78歳の中村敦夫にも流れている。原発事故が起きても誰も逮捕されずに津波に罪をかぶせて済ませている東電や政府。戦争と同じ戦犯がいる筈だ。「原動力は、誰も責任を取らないことに対する公憤と義憤だ」と言い切る中村敦夫を「反骨少年の進化形と云えるのかもしれない」と称えて記事は結ばれている。いい記事だ。のりきちさん、ありがとう。









icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 反戦
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

翁長さんの遺志を継ぐ :: 2018/08/13(Mon)


翁長さんが逝ってしまった :: 2018/08/09(Thu)

哀しいニュースだ。
2014年に県民の総意として選ばれた沖縄県知事・翁長雄志氏、翁長さんが昨日亡くなった。
残念で哀しくて仕方がない。
安倍政府にいじめられ続ける沖縄県の先頭に立って、凛と立ち向かった。
辺野古の海の埋め立て承認撤回を発表したばかりだった。
防衛局への聴聞が9日に始まることになっていた。
「撤回については自分でしっかりやりたい」と副知事らに伝えていたという。
「基地問題で沖縄の思いが本土に届かない理不尽さを『魂の飢餓感』と表現した翁長知事。」
(沖縄タイムス 翁長知事が訴えたことを動画で振り返る)






ご冥福をお祈りします。
哀しいです。
合掌。









icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 沖縄
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

はんぺん洞窟の秘密会議 :: 2018/08/08(Wed)


賞味期限切れ間近のはんぺん3枚、賞味期限の切れたウインナソーセージ6本入りが一袋あるから早く消費しなくてはならない。干し納豆もそろそろ使い切らないとまずいし、色々揃っている野菜からピーマンとインゲンを選んで、全部混ぜて炒めてはんぺんに挟もうと思った。いいおつまみになりそうだ。佐平次さんちでヒントをいただいた。

2018august_09.jpg
ピーマンとインゲンとウインナを炒めて
干し納豆も加えたら、もうそれで塩分は充分だろう。
蔵楽で仕入れたかつお粉を二つまみ加える。
シュレッドチーズも混ぜてはんぺんに詰めて
アルミフォイルで一つずつ包んでオーブントースターへ。
日野屋さんの一升漬け(*)を乗っけて食べると
美味しさ倍増~~
な~んてね。


2018august_10.jpg
はんぺん洞窟に入りきれなかった仲間たちは
一緒に包まれてオーブントースターに。
これも一升漬けのピリッが加わって美味。

*一升漬けとも三升漬けとも云う。しょう油、麹、青なんばんを同じ割合で漬け込んだ保存食。
日野屋の一升漬けは日光唐芥子を使っていて、刻んだミョウガや生姜も入っている。
なんばんの辛さと麹の円やかさに食欲をそそられる。




実はね、ピーマン君とインゲンちゃんとウインナ氏とチーズさんとミスター・干し納豆は、アベの三選を何とかして止めたいと日頃から思っている仲間たち。誰かがどこかに「アベじゃなければ イシバでもイワシでもいい」と書いていたけれど、その通りさ、とりあえずはアベが三選されてはならないと思っているんだ、みんな。世論操作に騙されるなと田中龍作ジャーナルに書いてあったね。でもさ、自民党員でもない僕たち私たちはどうしたらいいんだろう・・・・。隣近所に自民党員がいたらアベよりイシバだよねと何気なく言ってみる? 「アベじゃなければ イシバでもイワシでもいい」と書いたプラカードを持って駅前に立つ?などのアイディアも出たりして、はんぺん洞窟の秘密会議は続くのだった。チャンチャン。






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

それは8月4日のことじゃった :: 2018/08/07(Tue)



3日の夕方、明日飲み会をやるから来ない?とお誘いを受けた。それもオカリナと弾き語りギター付きだと云う。え~~っ、残念。4日の夜はコンサートに行くことになっているのよ、返す返すも残念だなぁ。また誘ってね・・・。

4日、25はどんなジャンルなのか全く理解していないまま、18が面白そうだから行ってみようとチケットを買ってあったコンサートに行った。18も全然知らないデュオだったのだけどピアノとカホンの組み合わせに興味を持ったらしい。それプラス、巷ではそれなりの人気があるのだろうヴァイオリニストも共演。

「アクティブクラッシック(Active Classics)」と名がついている。ふむふむ。だがしかし、ピアノにもヴァイオリンにもマイクが付けてあり、いきなり始まったポップ調の(?何と呼ぶのか不明)ラプソディー・イン・ブルーは音が大きいだけ。マイクを付けてるから音の汚さがスピーカーを通して会場に飛び出してくる。アレンジも全然面白くない。ゲゲゲ。二人で顔を見合せる。ピアノとカホンの組み合わせが出て来るまで我慢していよう。それにしてもヴァイオリニストの喋り方が気持ち悪い。(まぁ若者受けすると言えばそうなんだろうけれど1825みたいな年寄りには何の足しにもならない)。ヴァイオリニストの一声で会場中が立ち上がりタオルを振り回して時々ジャンプなんかしたりする。ああ堪らん。ピアノとカホンは第二部だった。これも演奏が始まると同時に総立ち。ああ駄目だ、ついていけない。一曲目が終わったところで退場してきた。

あれは何なんだ、下手なのにかっこつけて、きっとちやほやされているんだな、クラッシクスと言ってるクセにそれらしいのはガーシュイン一曲だけじゃん・・・と二人でブツブツ言い始めたけれど、気分が悪いからもう忘れよう!ああこんなことなら誘ってもらった飲み会に行けばよかった。

これが8月4日のことだった。で、4日の夜の飲み会でリハーサルを兼ねて演奏をしたオカリナとギターの弾き語りの本番が5日に青木の道の駅の何とかフェスティバルの木陰であるというのでご挨拶を兼ねて出かけた。まずはオカリナを習っている熟年生徒さんたちが演奏して、それから先生のオカリナとNさんのギターの演奏と弾き語りだ。テイクたち前後の世代には懐かしい曲のオンパレードで口ずさみながら聴いた。大きな木の陰は涼しい風が通り抜けとても気持ちが良かった。

お二人の演奏に刺激を受けてサボりっぱなしの心を入れ替えて尺八とピアノでまた合せてみようよと18に提案したが、うんまぁねいずれねもぐもぐ、と云う返事。随分長く触っていない。どうせ指も動かなくなっているから一人ポロポロと練習を始めるさ。どうせなら歌も唄おうか。♪~八月はゆめ花火 私の心は夏模様~♪なんてね。

青木の道の駅から黒磯に下りて行って冷やし坦々の昼食。25は冬はトマト坦々、夏はトマト坦々時々冷やし坦々と決めている。月に一度は坦々亭に行きたい、できればもっと。KANEL BREADに朝注文しておいたパンを受け取りに寄る。注文しておかないとすぐに品切れになってしまって困るのだ。頻繁に来られればいいけど遠いからそうも行かずに最近は週一のペースでグリーンサムさんに頼まれたパンも一緒に受け取ってくる。

注文してあったパンがいくつか乗っているトレーの中に「ん?これって注文したっけ」と云うのがあった。「たまに焼くんです、今日はサービスします。」と仰る。以前見かけたことがある。「夏のフォカッチャ」と云う名前のこれを食べたかったのよ~。ズッキーニ、赤と黄色のミニトマト、茄子が、眺めて愉し味わって満足を演出していてとてもいい。新じゃがとアンチョビのコンビも負けていなかったよ。
2018august_05.jpg
2018august_06.jpg




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

八月 :: 2018/08/06(Mon)

歯の治療を終えて診察室から出て支払いを待っていると、あちらの方から「もう戦後73年ですねえ。僕は4歳だったから何も覚えてないけれど・・・」という男性の声。目をやるとお相手はもっと年配の方で戦争中の体験を少しずつ話していたようだ。今日は原爆忌でテイクも朝のあれこれをやりながらインターネット中継を聴いていた。市長も首相も県知事も心に届かない挨拶で済ませているなぁと思いながら。

狭い待合室でたまたま隣り合って坐った患者が二人、戦争のことを話す。どちらがきっかけを作ったのだろう。戦争があったことも原爆が落とされたことさえも知らない若い人が多いことを二人で嘆いていた。話の途中で名前が呼ばれた(恐らく90歳代の)その方はゆっくり立ち上がり杖をつき一歩また一歩と足を前に出して診察室へ向かった。若い衛生士さんが「ゆっくりでいいですよ」と扉を開けて待っている。テイクはもう少し話を聞いていたかった。

アーサー・ビナード著「さがしています」を毎年8月6日に読む。
原爆資料館では展示に合わせて吉永小百合さんの音声ガイドもあるという。TBSラジオ「荻上チキセッション22」の8月3日放送で取り上げ、資料館の了解を得て音声を放送に乗せた。(期間限定だと思うのでお早めに)

8月には6日があり9日があり15日がある。終戦の前日まで爆撃を受けた市街は数々ある。同じ年の4月には沖縄戦が始まった。3月には東京大空襲。あの戦争は何だったのか。被害を受けただけではなく加害者の立場でもあることを私たち大人は深く受け止め考え続けなければいけないと改めて思う八月。

中国新聞のテレビ番組欄の「縦読み」のことが今朝のfacebookで話題になっていた。2016年のものだが、あの頃から(もっと前からかも知れないが)市民は強くこう感じるようになったのではないか。「今を戦前にさせない」。政治を滅茶苦茶にしたアベ政権下で「まるで戦前のあの頃のようだ」という声が上がっているのは確かだ。
2018august_04.jpg









icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。







  1. 反戦
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ぷぷぷぷぷ :: 2018/08/03(Fri)



夕方のNHKラジオの天気予報で予報師の伊藤みゆきさんが、日中の打ち水は蒸発する空気の温度が高く涼しくならず逆効果です。夕方になってからの打ち水で涼しい夜が過ごせます、な~んて言ってましたよ、小池百合子さん。ぷぷぷぷぷだわね。


短パンだと冷房した部屋で足が冷える、薄くて楽に過ごせるパンツが欲しい、25がいつも穿いてるみたいな、などと18が言ったのでグリーンサムさんがこれでどうかしらとくれた生地で18用2本、25用1本を縫った。立ちっぱなしの裁断ですっごっく疲れた。お昼ご飯を食べて作業を再開したもののいつも通り眠たくなる。幼稚園児みたいに夏の昼寝は欠かせない。1時間ほど横になって夕方までまたミシンかけ。あとはウエストと裾の処理をして出来上がり、というところまで来た。3本同時進行と云うのは結構捗るもんだと知った。これからはこの手で行こう。

2018august_02.jpg 2018august_03.jpg
昨日の晩ご飯はクセになって当分続きそうな「干し納豆のすし飯おむすび」と、これも夏になると週一回は食べたいと思うゴーヤチャンプルだった。介護疲れでご飯を作る気力がわかないというグリーンサムさんにもお裾分けをした。



今晩の献立は麻婆茄子とスタミナ和え。モロヘイヤとオクラと納豆と山芋といったねばねば食材にオカカともみ海苔を加えて醤油で和えるだけ。これも毎年夏の恒例おかずだ。「茄子の四川風」というレシピが長年わが家の茄子料理の定番の一つだったけれど、今日は初めて麻婆茄子を作った。検索したレシピが1825の舌にぴったりの味でこれも夏の食卓の常連になりそうだ。写真は撮り忘れた。






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

桃とトマトのパスタ :: 2018/08/02(Thu)

2018august_01.jpg暑い日が続きほとんど時間を家の中にで過ごす。こりゃいかんと心を入れ替え6時頃から8時頃まで草取りをすることにした。6時と云えば東側にはもう朝日が強く当たっているので、西側の勝手口前辺りを片付ける。もう1ヶ月以上も伸び放題にしていたからやりがいがあると言えばあるような・・・

家に籠っていると食べることしか考えない。昼は何を食べようか。夜は何を作るかなぁ。そんな感じ。

で、昨日はラタトイユ(ラタトゥイユ?)と桃とトマトの冷製パスタを晩ご飯に用意した。晩ごはんに冷たく食べるためには冷やさなくてはならない。冷やす為には早くに調理をしなければならない。ましてやラタトイユみたいに小一時間煮るものは午前中に作る・・・と云うことになって楽しいんだか大変なんだか。

桃とトマトの冷製パスタに初めて挑戦した。悪くはないけど美味いっ!と云うほどでもない味だ。生ハムとトマトの冷製の方がいいな。大皿に二人分バサッと盛ったから見栄えが良くないけれど、この見た目よりは美味しかった。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

干し納豆 :: 2018/07/31(Tue)

時々日野屋さんで干し納豆を買う。小腹が空いた時につまんだり、ビールのおつまみにしたりするくらいだったけれど、この間また仕入れて来たので、チャーハンでも作るかなと思ってレシピ検索していたら、チャーハン以外でも色々に使っている人がいることがわかった。

2018july_12.jpg


干し納豆とコーンとオカカのおにぎり。すし飯に干し納豆とコーンとオカカを混ぜておむすびにする。「すし飯」に惹かれて、コーンの代りに前の晩に残った枝豆を使い、干し納豆、オカカ、胡麻をすし飯に混ぜた。これは美味しい。しかも簡単だ。

今日の昼は干し納豆焼うどんを作ってみた。キャベツ、ピーマン、人参、玉ねぎ、インゲンなどを細切りにしてハムも加えて、醤油と味醂、コショウで味付けし、オカカと青のり、胡麻と紅ショウガを乗せる。干し納豆って火を入れると一段と良い味になる。トマトと同じね。干し納豆チャーハンも作らなくっちゃ。


こう暑い日が続くと食欲も減退する筈なのに、今のところ、何を食べよっかなと考える気力は残っているみたいだ。火を使うのは暑いけれど、何か面白そうなものを探して作るのは愉しい。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

7月も終わりに近づいた :: 2018/07/29(Sun)

昨日、隔週で開かれる大日向マルシェに行った。2週間前に出店者の古谷農園で買った有機栽培大麦の麦茶が美味しくて10日ほどでなくなってしまったので、買い足すのが目的。久しく麦茶は作っていなかったが、あの暑さの中で1日2ℓは消費していた。手軽に作れて美味しい。

台風接近中とあって、マルシェの出店者はいつもの半分以下だった。そんな中で久しぶりに見かけたけむじんさん。自家製燻製を売っている。「お久しぶり~元気?けむじんさんどうしちゃったのかなぁ、北海道に行っちゃったのかなぁって夫が気にしてたよ。」「北海道に行くお金がないんでまだ当分居ますよ。」と冗談で返す。ちょこっとお喋りして「スモーク鶏の混ぜご飯の素」を買った。商品の袋の中にはアベ政治を許さずに平和を守ろうと訴えるメッセージがいつも入っている。「もりかけ食い逃げ犯人 アベ晋三君、佐川、麻生、柳瀬・・・日本を嘘で守り抜く。」「憲法破壊、他国への戦争を宣言した安保法、自公の犯罪を忘れない。」「平和な日々は、原発・軍隊ゼロの社会から。憲法9条『戦争放棄』『交戦権は認めず』は日本が世界中とケンカしません宣言。仲良く行こうよ。」などと書かれている。
2018july_11.jpg
今日の晩ご飯はスモーク鶏の混ぜご飯にしよう。

午後は那須まちづくり広場の音楽室では、午後1時半から「SWING MASA in 那須 ライブ&トーク 真夏のジャズコンサート」が開かれた。旧小学校の音楽室と云うのが面白くて、古いオルガンが何台かあったり、後ろの棚には鼓笛隊で使われていたであろう小太鼓もそのままだ。ベートーベンやバッハなど作曲家の絵は無かったけど。MASAさんは大阪出身。一曲目の「Don't Kill 」を演奏し、このセッションのために那須で急遽編成されたバックバンドのピアノ、ベースギター、ドラムのメンバー紹介をした後、自己紹介が始まった。「私はレズビアンでね・・・」と大阪でシェアハウスしていた頃の話をし、その彼女との恋に破れ傷心していた頃、ニューヨークに行って勉強して来いと友人知人がカンパを集めてくれて、時もバブルの時代だったので思わぬ大金を大勢の人たちに寄せてもらってニューヨークに渡った・・・・彼女の人生を挟みながら曲を演奏するというスタイルだ。ニューヨークでも簡単に思っていたような生活が出来た訳じゃなく、アル中になったり仕事がなかったりという生活だったけれど、カウンセラーの助けを借りて立ち直ることができ、ニュースクール大学の音楽家でジャズを学び直してニューヨークのジャズプレイヤーたちとも親交を深めた・・・。

死刑制度にはずっと反対で、その活動もニューヨークに渡る前から関わっていた。今は引きこもりの大人たちと一緒に子ども食堂ならぬ「大人食堂」を運営して、それぞれが持ってきた材料で料理を作ったり一品持ち寄ったりして晩ご飯を一緒に食べることをしている。近所の人たちがたくさん差し入れてくれて材料には事欠かない。助け合って生きていける社会を・・・と思って那須に来たらもう一歩先を進んだ事業が始まっていてびっくり。最後の最後に「日本は生きにくい社会になってしまいましたね。でも負けないで明るく生きていきたい。」と結んだ。

レズビアンだといきなり投げつけたので杉田水脈の話が出るかと思った。死刑制度に反対する活動をずっと続けていると言ったのでオウム死刑囚の連続死刑について話すかと思った。サックスを持つ左腕にジュゴンのぬいぐるみがしがみ付いていたので辺野古の話をするかと思った。ジャズコンサートなので(?)それらの話題には触れず、でも歪んだ社会だと思っていることを端々に滲ませてのトークだった。







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ