Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




『知事抹殺』の真実 :: 2017/06/27(Tue)



フォーラム那須塩原で上映されているドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」を観た。
3月の終わりに白河の図書館別館で開かれた自主上映会で鑑賞したのでこれが2回目。
安倍政府の悪政がどんどん進んでいる今観ると一層権力の怖さが伝わってくる。

初日から知事や監督の舞台挨拶が続いているが、今日はエンディングテーマを歌っている佐藤孝雄さんが登場した。プロの歌手ではなく福島県の昭和村という所でお蕎麦やさんを経営していて火曜日が定休日だから監督のお誘いで今日ここに来ることができたとのこと。こんなに大きな会場で歌うのは初めてで、指は震え膝はガクガクしていると笑わせる。テレビの云うことなんか信じられない、新聞は本当のことなんか書いていない、私たちは本当のことを知りたい、本当のことを知ろうと歌う軽快な曲だ。


前川喜平氏が記者会見で言っていたように、メディアがしっかり事実と真実を伝えなければ民主主義が崩壊するという一端が現れた事件。東京地検が知事の弟の取り調べ中に「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する」と云った言葉に現れているように、国と東京電力に対峙していた福島県知事を事実無根の事件をでっち上げて辞職に追いんだ。

その時、メディアの果たした役割は何だったのか。新聞もテレビも週刊誌も何もかもが検察の発表通りの報道をし、自分たちで真実を探すことはしなかった。「この映画を作るにあたっていくつものメディアに当時の資料の提供を求めたが、依頼に応じたのはただ一社のみだった」とのテロップで映画は始まる。

佐藤栄佐久氏は自民党選出の衆議院議員を何期か務めた。その後、福島県知事として5期18年福島県のために働き県民の信頼も厚かったようだ。地方自治の独立を目指し道州制には反対していた。東京電力の杜撰な安全管理を厳しく追及し、原子炉17基の運転を停止させた。現在、小泉元首相の進める「脱原発運動」と歩を共にしている。テイクは小泉純一郎元首相を信用していない。だから映画の最後に小泉氏が出て来る場面が嫌だけれど、この映画は佐藤栄佐久氏の身に起きた権力による冤罪事件を取り扱い、権力側につくメディアがどんなに恐ろしい役割を果たすのかを描いた映画なのでそれはそれとしておく。

共謀罪法案があんなやり方で通過してしまった今、この様な事件がまかり通るような時代がやって来る。自民党員であろうと市民団体のメンバーであろうと国家権力に異を唱える者はどんどん逮捕されるという恐怖政治の時代がやって来る。自分には関係ないと知らん顔をしていても権力にとって都合が悪ければ「一般人」だってそんな目に合う。自民党員の佐藤栄佐久県知事の身に起こった事件の真実を知ればどんなに怖いことかが分るだろう。多くの人に観てもらいたい作品。

日比谷での上映後「ホラー映画より怖い映画だった」と安藤亘監督に伝えた人がいたそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上映初日は満席、その後も会場の、半分は埋まる盛況ぶりで観客は昼夜合わせて700人を超えた。「映画サークル 十人十色」の活動第一弾が成功裏に終わりそうで嬉しい。サークル独自の宣伝をしたり、市民ネットや十人十色のメンバーがチケット販売に関わったりして、地域の映画館と一緒になって上映を成功させることに微力ながら参加できたことも嬉しい。6月30日(金)まで上映されるのでお近くの方には是非ご覧になっていただきたいなと思う。スケジュールなど詳細はこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2017/06/26(Mon)

曇り空でシーツを干すぞっ!と云える状況ではないけれど、とりあえず溜まったシーツなどをぜ~~んぶ洗った。二槽式洗濯機なので洗って絞って濯いで絞って、と言う作業を何回か。その間に、掃除。箒で掃いてぞうきん掛けをしてうち中すっきりさ。ゴミも出して何と爽快な気分か。良いねこういうの、たまには。部分的には雑巾がけをしても、うち中雑巾がけをするなんて滅多にない。ジメジメした季節だから余計にさっぱりした。怒涛の10日間効果か?洗い終えたシーツ類は近くのコインランドリーで乾かしてもらう。

午後は18氏はテニスへ、25は草とりで無の境地。特に何も考えず無心にお気に入りの草取り鎌を動かす作業を2時間やって庭の一部分はすっきりした。これを何度か繰り返さないと草が無くならない。無くなったと思ったら最初に綺麗になった部分がまた「要・草取り」状態になっているのだ。あ~あと思うけれど仕方がないからまた草を取る。気の持ちようによっては精神修行にもなるし、気分転換にもなる。もしくは何にもならないけど、まいっか。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

日常へ :: 2017/06/25(Sun)

10日間滞在した、獅子丸・まんまりの兄妹が主役の哲学一家が今日帰った。
1825だけの普段の生活とは全く違うペースで明け暮れた怒涛の10日間で、確かに疲れた。
けれど、こうして静かになると寂しいのだな~。
今週はこの寂しさから抜け出して日常に戻る為のリハビリ期間になりそうだ。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



>>続きを読む

  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

共謀罪を無理やり成立させた自民公明維新の会を許さない :: 2017/06/15(Thu)

こんなにひどい時代に生きるとは考えてもいなかった。
こんな愚弄な政府が支配する社会に生きる日が来るとは何十年も前には思っていなかった。
無関心でいた訳じゃない。
よくわかんな~いと言って社会の出来事にほっかむりしたこともない。
他に支持する政党がないからと言って投票する権利を放棄したこともない。
集会やデモ行進に参加したことはたくさんある。
署名活動の為に駅頭に立ったこともある。
権力が暴走しないように目を見張ってきたつもりだ。


先週末出かけた信濃の静かな風景を見渡して、世の動きに触れず何も知ろうとしないまま穏やに暮らすにはこんな場所がいいかも知れないと思った。でもやっぱりそれは出来ないのだ。静かに暮らしていても悪い方向に向かう社会はどんどん悪くなっていく。知らん顔をしているといつか静かな生活ができなる時が来る。沖縄で聞いたこと見たこと、無言館の戦没画学生たちの絵、偶然に出会った治安維持法に反対して殺された山本宣治とタカクラ・テルのこと・・・歴史が教えてくれることをしっかり心に留めようと思った。繰り返したくないと思った。

参議院法務委員会での討議を突然打ち切って採決をしないまま、今朝、本会議で共謀罪法案の採決をした。こんなに危険な法律を驕りに驕ったアベ腐敗権力がこういう形で成立させた。会期は延長せず加計問題に蓋をする。呆然として唖然として力が抜ける。諦めちゃいけないけれど力が抜ける。でも・・・・・


消えそうに小さい個人の意識
その個人の意識が世界に意味を与える
一人の男に何ができるのか
どうせ大したことはできない 
そうじゃない 
全世界に意味を与えることができる









icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



>>続きを読む

  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

信濃 ② :: 2017/06/14(Wed)

無言館やデッサン館がある場所から別所温泉は近くて、車でチョイチョイチョイと下りて曲がって登って行った所にあった。旅館やホテルが20軒弱の小さな温泉町だ。残念ながら雨が降ってきたので露天風呂には入らなかったけれど、お客も少なくゆったりと温泉に浸かり「極楽極楽」。部屋の窓から見える景色は穏やかでとても魅力的だ。あれは民家ではないし、由緒ある宿屋なのかなぁと気になる建物が左手に見える。雰囲気がいい。別所温泉案内図で確かめてみると「柏屋別荘」とあった。
2017_june14.jpg


翌朝、ひとっぷろ浴びてから別所温泉町にある3つのお寺と1つの神社を散歩がてら観て回った。旅館のすぐ裏にある北向観音は善光寺に対面するように建てられていて、善光寺参りをしたらこの北向観音にもお参りしないとご利益がないそうだ。その境内でラジオ体操をして冷たくて気持ちのいい空気を胸いっぱいに吸い込んだ。旅先での散歩とラジオ体操が大好き!
長い参道を歩いて何十段かの階段を上って辿り着いた別所神社、茅葺屋根で姿、形のいい常楽寺から安楽寺までぐるっと回って小一時間のちょうどういい散策だった。

安楽寺への途中、大きな石碑が二つほど建てられたきれいに整えられた一画があって、説明文の中で「山本 宣治」がウンタラカンタラと云うのに出会った。聞いたことがあるような名前・・・政治家だっけ?そうだそうだ「山宣」という風に聞いたことがある左翼の活動家だ。読み進むと労働農民党の党員で衆議院議員となり、この別所温泉で講演した時には1000人もの聴衆が集まったという。(1929年)「その4日後、治安維持法改悪承認の議会で反対演説をする為に上京した彼は右翼に暗殺される・・・」と書かれている。山宣を別所温泉へ招いたのはタカクラ テルという共産党の国会議員で、農民組合は山宣の死を悼み、抗議の記念碑をタカクラの借家の庭に建立した。しかし、1933年には県下最大の弾圧事件でタカクラは逮捕され、記念碑の取り壊し命令に抗ったタカクラの家主・齋藤房雄は、密かに自宅(旅館柏屋別荘)の庭に埋めて守ったのだそうだ。ほぉ~。
ということは、部屋から見えるあの建物は、その家主こと齋藤房雄の自宅だったのかぁ。ほぉ~。

2017_june15.jpg
戦前の治安維持法の再来と言われる今国会で議論になっている「共謀罪」。権力に盾を突けば暗殺され、逮捕されるという歴史の一つを偶然にも別所温泉で確認した訳だ。
朝ご飯を美味しくたくさんいただいて飯山市の「信濃百年 旅館」へと向かった。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

信濃 ① :: 2017/06/13(Tue)


2泊3日で上田市と飯山市を訪れた。
一番の目的は飯山市にある民宿「信濃百年」で開かれる「古民家に奏でる刺し子と書」展を観ること。昨年10月に米沢市の「創匠庵」の遠藤きよ子さんとお話した時に耳に入れた情報でその時から計画していたのだ。

それにしても飯山は遠いので、どうせ信濃に行くのなら前から行ってみたいと思っていた「無言館」に寄ろうと云うことになり、まず一日目は上田市にある無言館に行くことにした。
無言館は上田市街から外れた小高い丘にある。程よい雑木に囲まれたとても静かな場所だ。建物に入る前に、静かで落ち着く周りの空気をたっぷり吸ってああいい所ねぇと何度も呟いた。

2017_june10.jpg
上から見ると十字架の形をした建物なのだと、
中に入って絵を観て回るうちに気がついた。

・・・・・・・・・・・・

無言館には戦没画学生たちが残した作品が展示されている。
戦後もそれぞれの肉親や妻、許嫁が大事に守り抜いてきた絵ばかりだ。
自画像には特に胸を打たれた。
そして妻や許嫁や妹や母・・・身近な人々の絵。
圧倒的に女性の絵が多い。
作品を守ってきた人たちの、出征する前の画学生の様子を語る言葉と作品を見比べる。

ある画学生は「立派に国のために戦ってきます」と父親に言ったものの、
出征前夜に姉に「戦争なんかに行きたくない、このまま絵を描いていたい」と打ち明けた。

ある画学生は出征する何日か前に妹とベートーベンのシンフォニー第5番のレコードを買いに行き、
出征するまで何度も何度も繰り返し聴いていた。

ある画学生は見送りの為に近所の人が家の外に集まってきても絵筆を離さず、
父に「そろそろ行け」と言われ、泣き続ける母を残して出て行った。

「この続きは帰ってきてから必ず描く」と許嫁の描きかけの絵を残して行った画学生。

「もし自分が死んだらこのレコードをかけて偲んで欲しい」と
家族にメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲のレコードを手渡した画学生。


沖縄で戦争に駆り出された学徒たちより少し上の世代の画学生たち。
こうやって若い人たちが死んで行かねばならなかった時代があったことを
しっかり胸に刻んでおく必要がある。
70余年が過ぎて今また若い命を奪うような時代が始まる気配の中にいて、
心の底から思った。

・・・・・・・・・・・・

外には画学生たちの名前が刻まれた「記憶のパレット」というパレットの形をした大きな平たい碑がある。
そのパレットの碑には美大での授業を教室の後ろから撮影した写真が転写されている。
絵が好きで好きで描きたくて描きたくて堪らなかったであろう画学生たちの、
思い思いの方向から思い思いの姿勢でモデルをスケッチしている後姿。

・・・・・・・・・・・・



2017_june11.jpg

少し下った所には「傷ついた画布のドーム」と、併設された「オリーブの読書館」があって、ドームの天井に画学生たちの作品が画布のままびっしりと貼られていた。

外には「絵筆の碑」というコンクリートで出来た大きな碑がある。一枚の板のように見えるが実はこれは椅子の背もたれで一面に絵筆がはめ込まれていて、その右上にはバシャッとかけられた様な赤ペンキ。2005年の6月、無言館の前の「記憶のパレット」に赤ペンキがかけられた事件があったのだそうだ。「絵筆の碑」の裏には以下の言葉が彫られている。

「画家は愛するものしか描(えが)けない 
相手と戦い 相手を憎んでいたら 
画家は絵を描(えが)けない  

一枚の絵を守ることは 
『愛』と『平和』を守るということ」

赤ペンキ事件に対して「・・・実際に『無言館』の記念碑にペンキがかけられた事件を『復元』しました。『無言館』が多様な意見、見方のなかにある美術館であることを忘れないためです」と答えたモニュメントなのだ。



2017_june12.jpg


2017_june13.jpg
デッサン館から出たところからの眺め。
上田市街、山々、青空、静寂・・・

夭折した画家たちの作品を集めた「デッサン館」も鑑賞して今夜の宿のある別所温泉へ向かった。







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

那須町議会総務委員会を傍聴してきた :: 2017/06/08(Thu)


2017_june09.jpg

市民ネットのメンバーが提出していた「テロ等準備罪法(組織犯罪処罰法改正)案に関する意見書採択を求める陳情書」に関する審議が那須町議会総務委員会であった。どんな風に話し合いが進むのか興味もあり、傍聴者の人数も多い方がいいだろうと18氏と一緒に出かけた。

構成は委員長、副委員長、委員6名 4名。
それにしても、様々な情報を積極的に手に入れて真剣に考える気がないのか、国が言ってるんだから正しいと単純に思っているだけなのか、何だかな~なのだ。6人中4人が不採択の挙手をしたので、陳情書は採択されなかった。

意見の大半は、テロを防ぐためには必要だ、一日も早くTOC(国際的な組織犯罪の防止に関する)国際連合条約を批准するために必要な法律だ、TOC条約を批准していないのはG7の中で日本だけ・・・・という政府の口から出て大々的に宣伝されている内容。「この法律とTOC条約は関係ないと多くの学者が指摘しているし、世論調査によると懸念する国民の声が半数はある訳で性急に通してしまってはいけない」という委員が一人いたが、それに対する反応は無く、淡々と不採択が決まってしまった。

傍聴の定数が10人でそれを超えると委員長判断で椅子を足すなり部屋を変えるなりするとのことだったが、傍聴希望者が15人集まったので椅子を増やすように委員会外委員の共産党町議が掛け合い、椅子を4脚足して14人が傍聴した。全員が傍聴できるようにと掛け合っていた時、委員の一人 総務課長が「静粛に」と云うので共産党町議が「定刻前です」と抗議。テイクには身近でない、全く知らない委員たち。それぞれの委員の人と為りが近くで見られたし、それはそれなりに興味深かった。

国会で審議中のことなので、国に意見書を提出するようにとの陳情を那須町が受けるには無理があると発言した委員には驚いたな。お上には何も言えない、ってか?
終わってみれば、ま、あんなものだろうという感想だ。
市民ネットは栃木県北の町や市の議会に陳情書を提出しているので、那須町を皮切りにそれぞれの議会を傍聴する予定があるという。大きな歩みにはならないだろうけれど、議会を傍聴するという活動も何らかの力にはなる、かな?




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 那須町のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

腐った政権の汚い手口 :: 2017/06/07(Wed)


2017_june08.jpg


 6月に入って、財務省のコンピューターが全て新しいものに52億円かけて替えられた。これで森友とのやり取りの記録一切が消えてしまった。

 加計学園獣医学部今治市新設問題に関して、加計学園に決まった経緯を明らかにするよう審議会や諮問委員会の議事録の提出を求めても議事要旨で充分だとの回答。野党議員が再三、どの時点で決まったのか、国家戦略特区への参入四条件を加計学園が満たしているという文言はどこにあるのか、との質問に対して政府は筋の通らない馬鹿げた答弁を繰り返すのみ。

 「官邸最高レベル」発言は確認できなかったと閣議決定?!(よく言うよ、全く。ここまで厚顔かと思わず笑ってしまった。)

 「共謀罪」を強行採決で通過させて閉会し、加計学園問題での追及を逃れようと企んでいる、との憶測も生れている。


国連人権委員会委員の提言に言いがかりをつけたり、そそくさと強行採決をして加計問題を国民の目から隠そうと目論む。財務省のコンピューター入れ替えで森友問題にも蓋をしてしまった。ここまで腐っている安倍政権をもう許してはおけない。「アベ政治を許さない」はもう甘っちょろく聞こえる。これからはきっちりと「安倍政権打倒」と言おう。日本国民は馬鹿でもお人好しでもないことを今この時に示さなくてどうする?




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

のりきちさん、来る :: 2017/06/06(Tue)

お天気だといいなと思っていた今日、少しひんやりはしていたけれど爽やかな過ごし易い日で、のりきちさんに楽しんでもらうには絶好の日和になった。いつもブログを拝見したりたまにメールのやり取りしたりしている、長~いお付き合いのインターネットで知り合った友人だ。一回りチョイ年下ののりきちさんと愉快に話せるのが嬉しい。

お茶も出さず一気にお喋りが始まり、じゃお昼ご飯はピザを食べに行こう~と入ったことがないレストランにご案内。大きな窓から緑が一面に見え静かで雰囲気のいい店だった。そこでもまだお喋りは止まらない。食べて喋ってコピスガーデンへ。探鳥が趣味ののりきちさんは車から降りる度に耳を澄まして鳥の鳴き声を聞き姿を探している。名前がわからないとスマートフォンで録音して探鳥会の時に鳥の名前を教わるというのだ。なるほど・・・。

コピスで飽きるほど咲いている薔薇を鑑賞して家に戻り、グリーンサムさんの庭を観に行った。グリーンサムさんは出かけていたけれど、お邪魔しま~す、庭を見せて下さ~いと声をかけてから二人で歩き回って庭鑑賞。いつも綺麗にしているなぁと改めて感心した。

とにかくお喋りとコピスガーデンとグリーンサムさんちの庭鑑賞で二人ともいい気持になったところでお別れだ。2時間程かけてのりきちさんは家に戻る。月に一度のペースで那須に来てはいかがでしょうか?

2017_june07.jpg







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

強風吹き荒れる日々、そして前川インタビュー :: 2017/06/04(Sun)

少なくとも3日、おそらく4日になると思うけど、ここ那須では毎日強風が吹き荒れている。
朝のウォーキングも取りやめにするくらいだ。
庭の植物たちが心配で庭に出て点検するけれど、風に弱いニゲラ(クロだねそう)はもちろん、自立できるオルレアまでが倒れている。もともとしっかりしない昼咲き月見草は見るに見かねて、この辺にたくさん自生している厄介者(?の)篠竹を拝借して支えをしたやった。そうなるとあれもこれも支えてやらなくっちゃと思うものがここにもそこにもあそこにも・・・ああ、もう嫌だうんざりだと思って止めた。何とかならないかこの強風。気温も低い。薔薇の咲き始めが遅い。ノカンゾウの芽吹きが不良。諸々がいつもと違うような気がしている。


獅子丸とまんまりとちはるちゃんと哲学とスカイプ。「あといくつ寝たら日本に来るの?」「え~っとえ~っと6つ!」と獅子丸が答える。もうすぐなんだよね。恐竜に興味があった獅子丸のために恐竜博物館のある福井に成田から直行する計画をたてたのだけれど、なんだか最近昆虫に目が向いてしまっていてがっかりと云うちはるちゃん。スカイプでも、紙を切って自分で作ったというヘラクレスだの何とかカブトムシだのクワガタだの、テイクにはよくわからない名前の虫たちの披露があった。「面白いね、子どもって」と、つくづく思う。いいね、子どもって。

哲学家族が那須に来る前に1825は上田と飯山に小旅行に出かけ、帰ってきたら二人の生活から6人の、それも走り回るちび達のいる生活がしばし続くわけだ。疲れるだろうな~と怖気づきながらも楽しみには違いない。待っているからね、獅子丸もまんまりも。と言いながら顔がゆるんでくる~。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

今月からもう付けない :: 2017/06/03(Sat)


2017_june06.jpg
ソネット (クレマチス)

2012年10月に那須へ引っ越して来たのを契機に付け始めた家計簿を、先月いっぱいで止めることにした。結婚して何度か試みたものの全て3日坊主で終わっていたテイクが5年近く続けたんだからすごい。

収入は年金のみとなり、それに見合った生活をする為には我が家の支出の傾向を掴まなくてはと思って、エクセルで付け始めたのだった。酒代が多すぎるという傾向はすぐにわかったけれど、ま、今さら軌道修正はできないと云うことで意見一致。(年齢と共に酒量が減ってきたから心配する必要もなかったけれど。)

支出の傾向は数カ月もすればだいたいわかってきたし、ただ記録していただけで、予算も立てない大雑把な家計管理だった。収穫は国民健康保険、介護保険、県民税町民税、自動車税、固定資産税などの徴収額が目に見えたこと。これを年金から払う訳でしょ?そりゃもう大変さ。家計簿をつけていなかったら、ただ何となく払うだけで、まとまるとこんな大きな額になるのねと驚くこともなかったかも知れない。

毎月同じような生活をしているのだから家計簿をつければ支出が減るという訳でもなく、よしっ!今月からはもう付けない!と決めて18氏にそう宣言したら、面倒なことをよくやってるよと思ってたと言う。そっか~。小さな蓄えの力を借りて旅行はできるし、今のところ二人とも健康なので医療費の支出もそれほどない。庭仕事をしたりテニスをしたり(年3000円と云う安い会費に大いに助けられている)の日々だから出かける場所も決まっているし、改まった席に顔を出すこともないので被服費は限りなくゼロに近い。

・・・という訳で家計簿から解放された。無駄使いせずにつましく、好きなことをやりながら、美味しく飲んで食べて愉快に暮らしていく。そうしたい。






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

今日もまた反アベで行く :: 2017/06/02(Fri)

毎日毎日、何だけどさ、
この国の在り方については多くが疑問を持っているのではないかと思うので、
今日もまた反アベで行く。

現在、栃木県北市民ネット映画サークル十人十色で取り上げている映画「『知事抹殺』の真実」でも語られているが、権力に抗うとどうなるか。
現職なら引きずりおろされる、
「元」がつく立場になると今頃なんだと無視される。
権力とはいずれ腐るものなのだと誰もが知っていても、現権力には抗えない。
嫌んなっちゃうよ~~だな。

まずは、国会議員が該当する省に資料提出を申請しても、
これもあれもこれもあれも何も返事が返って来ないものがこんなにあるんだよ、と山本太郎議員の追及。
(良い質疑だと思う。相変わらず応答はひどい。))
かなりひどい。応答もかなり酷い!国民には知らせないぞと云う魂胆。
分ってはいたけれど、改めて酷い国だぁね。






そして、今話題の前川喜平氏の報道ステーションのインタビュー。
「面従腹背」が座右の銘とか。



政府の最高責任者の腹心の友に便宜を図る構図をおかしいと思うのが「一般市民」の感覚なのだ。
前川喜平氏を証人喚問に呼ぶと云う提案に何故政府は反対する?






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

大丈夫かい、この国は? :: 2017/06/01(Thu)

薔薇中毒というものがあるのかないのか、恐らくある。
興味のない人にはどってことない季節が
薔薇中毒の患者にとっては
嬉しかったりガッカリしたりあ~ぁとため息が出たり・・・一喜一憂する時季となる。

だけど、

森友だの加計だのデータを消し去るだの調査する気はないだの共謀罪だのレイプ事件のもみ消しだの・・・・
「呆れるほど馬鹿げたアベ独裁政権」に関するニュースに、
毎日「全くもぉ~!」と言うしかない一市民にとっては、
少しは鎮静剤の役目を果たす。
ほらね・・・


2017_june01.jpg

2017_june02.jpg  2017_june03.jpg

2017_june04.jpg  2017_june05.jpg


だけど、

健気な薔薇のことをアベなぞと一緒に書くのは薔薇が気の毒にも思えるしなぁ。
「全くもぉ~!」だ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

よく動いた まずはスタンディングから :: 2017/05/31(Wed)

暑い日だった。那須高原でも29℃。
気温もさることながら湿度がすごい。今年初めて車でエアコンを使った。
周りを見ればみんな窓を閉めて走っているからみんなエアコンなのだろう。

今日はまず、那須インター出口でのスタンディングに参加。
「共謀罪に反対」「森友、加計をうやむやにするな」「守れ九条!改憲反対」
といった横断幕を三叉路に掲げ、1時間立った。参加者13名。
手を振りかえす、クラクションを鳴らす、頭を下げるなどの反応がそれなりにあって、
(割合からすれば三割~四割くらいか?)
スタンディングをしている側からすれば大いに励まされる。
これが選挙結果に表れれば日本も変わるのにね。
一台だけ「森友、加計をうやむやにするな」の横断幕に向かって中指を立てて行った車がいた。
あらま、何を考えてるんだろう。若者だった。
1時間立ちっぱなしと云うのは老年にとってはきつい。
筋肉が固まってしまうからストレッチをしながらのスタンディングだ。いやはや。

帰りに「『知事抹殺』の真実」のチケットを預かっていただいている蔵楽(くらら)さんに寄って、
オリーブオイルと三河のみりんを買いがてら、チラシも置いて、
家に帰って、昼食にたまご丼とトマトのみそ汁を作った。ふ~ぅ。
たまご丼は18氏が作ることになっていたと思っていたけれど、18氏に依ればそうではないらしい。
ま、後片付けはすべて任せられるからそれはそれでいいのだけれど。

昨日、テニスに行った時、映画のチケットがあるけれど・・・と誘ったら、
「佐藤栄佐久?観ない。」と無下に断ってきた仲間に、チラシだけでも見てねと渡しておいたら、
テイクの留守中に「チケットを1枚欲しい」と電話があったという。
何でもいいからとにかく観て、こう言う事実があって、こんな見方もできることを知って、
それから自分なりの判断をして欲しい。

食後お茶を飲んで、またまた花苗を買い足しに行って、
午後はずっと寄せ植えや地植え作業に費やした。ふ~ぅ。
さすがに疲れた。とっても疲れた。
けれど風呂上がりのビールが一段と美味しいのだ。
フィリスバイドがとっても可愛く咲き始めたし、満足!
一日よく動いたね~。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

:: 2017/05/29(Mon)

あの雨続きでどうしようもない状態の庭。
雨が降り始める前に花苗を買いに行って仕入れてきたのがいくつかと、
それよりもっと前にサ〇タに注文してあった苗が届いていて、
もう大変だよ、何処に植えるかを考えるのが!
考えてから買えばいいじゃんと普通のテイクだったら思うところなのだけれど、
それが出来ないのがこの時季特有の熱病なのではないかと思う。

とにかく植えねばならるぬということでビオラが終わっている鉢を空にして、
夏用の寄せ植えを試みたけれど、
もともと苦手な寄せ植えだからふ~~~むこれでいいのか?という出来で仕上がったのが一つ。
残りのいくつかは地植えにして、飽きてきたからこれでお終いにしようと思った頃に、
グリーンサムさんが3時のお茶にしよっと声をかけてくれた。
グリーンサムさんの庭でコーヒーを飲みつつ、庭を眺めつつあれこれ取り留めのない話。
ご主人が入院して久しい。
庭仕事で気分転換が出来るのがいいわ、
主人の世話より庭の世話の方がずっといい、という言葉の意味がよくわかる。
ほんとそうだよね。病院通いだけの生活になったら絶対辛い。テイクもそう思う。
晩ご飯に「なんちゃってマツタケご飯」を作るから夕方持ってくるねと言って別れた。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ