Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




整形外科へ行った :: 2017/09/20(Wed)

1週間ほど前から朝のウォーキング中に左足が痛むのがひどくなって歩くのを止めていた。痛むと近所の接骨院でマッサージをしてもらってその場しのぎをしていたのだけれど、ネットで調べてみたら早いうちに痛み止めを飲み始めれば痛みがひどくなるのを防げるみたいに書いてある。そうねぇ、痛いのを我慢して動いていると他の場所に負担をかけてそこまで痛くなりそうだし、歩くのを止めたら本当に動けなくなってしまうだろう。何よりも好きなことを楽しめなくなるのが嫌だ。

ウォーキングをしなければ痛まないし、日常生活にも支障はない。朝一ストレッチもラジオ体操も問題なく出来る。早いうちに手を打とうと、意を決して総合病院の整形外科へ相談に出かけた。診察室に入るまでに2時間ほどかかって、やっと医師に会えた。仰向けに寝て足を押さえる医師の手に抵抗するのを何種類かやって状態を見る。ほほ~素晴らしいですねと仰る。レントゲンを撮って骨の状態を診断してもらったけれど、骨の潰れも少しあるもののひどくはなく、心配していた股関節も問題ないとのことだ。MRIで神経の具合を調べて今後の治療(と言っても薬で緩和してゆくしか方法はないらしいが)方針を決めましょうと言うことになった。

とにかく痛みの原因を知って治療できればいい。骨が潰れた所は元には戻らないけれど痛みを減らして運動を続けるのが最良の方法なのだろう。「加齢」と言うことさ。でも、今日の医師は「加齢」で片づけなかった。「加齢が原因だから仕方がない」と言う医師が多いのを知っているから(知人もそう言われて落胆していた)、「まだ66才なんだから、頑張りましょう」という言葉が嬉しい。MRIの予約をして軽い痛みどめを処方してもらって、長居した病院を出た。こんなことだけで気持ちが軽くなるんだわねぇ。行って良かった。


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

Irisを真似てみた :: 2017/09/13(Wed)

映画「三度目の殺人」を観に行った。監督は是枝裕和。役者が揃っているし是枝監督にも期待していたけれど、よくわからなかったなぁ。
「法廷は真実を解明する場所ではない」というのが主題のようだけれど、中々それがストレートに伝わってこなくてもどかしい。以前好きじゃなかった福山雅治はしばらく見ていないうちに嫌味がなくなっていい俳優になってるねとは思った。好きな撮り方だし、それぞれの演技もいいからどうなるのかどうなるのかと観ていたけれど終わってみたらう~んと唸ってしまうような映画だ。検事と弁護士と裁判長が裏で話し合っている時に「訴訟経済を考えてもこのまま続けるのがいいでしょう」みたいなことを裁判長が言う。若い弁護士が「訴訟経済?」と呟くのがテイクと同時で印象に残った。どってことない印象だけれどね。何でもかんでも経済性合理性で済ませる社会ってどうなのよっていう意識だ。


上映は12時15分から。映画館の美味しくないホットドッグは食べたくないのでKANEL BREADの隣のカフェ Iris でホットサンドイッチとコーヒーで早めのお昼を済ませて行った。美味しいのよね、これがまた。テイクはキャベツとオリーブとチーズのホットサンドイッチ。18氏はポーチドエッグとアボカド何とかかんとかのオープンサンドイッチを選ぶ。コーヒーはエチオピア何とかかんとかとコスタリカ何とかかんとか。(何とかかんとかが多すぎるけど細かいことは覚えていられない)ここのティラミスも絶品だけれど、時間がないから今日はパスした。
カウンターに様々な秋の花をさりげなく活けたグラスが置いてあって目を引いたので、誰かの庭の花?って訊いたら、青木の道の駅にあったという。一度行って買って来ようと思うほど可憐でさりげなくていい感じだ。
家に帰りそのまま庭を巡ったら、うちにも色々咲いているではないか。最近、伸び放題の草に辟易して徘徊も怠っていたから気がつかないだけで、黄花コスモス、ユーパトリウム、ダリア、ミズヒキ、ゲラニウム、ホトトギス、アキノキリンソウ、アキチョウジなどなど秋の花が咲いている。嬉しい、アリガトねと思いながらグラスに入れてみた。Iris の真似。



2017september_10.jpg







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

大日向マルシェ :: 2017/09/10(Sun)







9月9日(土)のこと・・・
スムージーとコーヒーと新聞で朝の時間を過ごしているとクロネコヤ〇トのトラックが停まるのが見えた。何かアマゾンに注文した?とお互いに訊ねあうも覚えがない。何だろうと玄関に出たら、大きな葡萄の箱を持っていつもの配達のお姉さんが山梨の宮崎さんからです、と告げる。思いがけない贈り物。びっくりで嬉しい。

2017september_08.jpg


手紙には、長い間コンピューターが調子悪くてインターネットと繋がっていなかった、新しいのに変えたけれど慣れるのに時間がかかって、気になっていた「秩父事件・・・」のサイトを見るのにずいぶん時間がかかったのだけれど、先日見てみたら、「テイクさんが丁寧に仕上げていてくれたことがわかって感無量。」と書いてある。テイクが宮崎さんに了解を得て、遅々として進まないながらも時間を見つけては勝手にアップしてきたページだ。まだ「評論」の最後の何ページかが掲載できないままでいるのを気にしながら他のことに追いかけられている状態で後ろめたさも感じていたのだけれど、ご本人に喜んでいただけたことが嬉しく、あのページを作った甲斐があったと改めて思ったのだ。懐かしい山梨の葡萄が美味しい。

大日向マルシェと云う主に農産物を扱う人たちが自分ちの自慢の野菜や加工したものを提供する市場がアワーズダイニングと云うレストランの前広場で開かれている。アーサー・ビナード講演会の実行委員をしていた時に知って色々お世話になり、その時の仲間も店を出しているので何かあれば顔を出したりするいい加減な客だ、テイクは。店を出している人もお客も若い人が多くて好ましい雰囲気で嫌いではない。で、今回は十人十色のメンバーと映画の宣伝に出かけた。宣伝と思いながらもそれぞれの店の若者と話すのが楽しくて、エゴマ油や新鮮な野菜、野菜を作りながら観察して描いた生きもののポストカード、ジャムや煎餅やホタテガイの貝殻を砕いた優れモノの洗濯漕(だけではなく浴槽、シンクの排水溝)クリーナーなどなど惹かれるものが多々あり、あれこれ購入。
2017september_09.jpg

若い人がほとんどだけれど自分の生活や健康のことを考えて有機栽培などに関わっているし、社会のことにもそれなりの関心を寄せている人が多いようで、この映画(「標的の島 風(かじ)かたか)」)を観て是非沖縄の状況や日本が今どこへ進もうとしているのかを知ってい欲しいと言いながらチラシを渡すとそこから話が進んで大いに楽しい。お客さんも若くてチラシを渡して話すとちょっと後ろに引きながらも話は聞いてくれる。観光で来て何となく覗いてみたと言う人も多かった。若い人たちと繋がれればいいなと考えている十人十色にとっては大きな価値のある場所だと思う。老いも若きも日本の将来を一緒に考えて行きたいよね。


沖縄のことと云えば、TBS NEWSのサイトに、ザ・フォーカス「教えてよ亀次郎」という動画があった。ネーネーズのあの歌が耳に残るなぁ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

丸ごとトマトごはん :: 2017/09/08(Fri)

美味しいものを作って食べたい、それが食事の準備をし自分でも食す人間にとって最大のテーマ。たまぁ~に適当に作って食卓に出して自分でも心底美味しいと言えない献立にがっかりして、美味しいのが食べたいなぁ~~と落ち込むことがある。自分で納得できない時の欲求不満。美味しくない料理が倍にも三倍にも美味しくない感じがするものなのだ。

昨日の昼食に作った「夏の疲れにお別れを、にゅうめん」と晩ご飯の「夏野菜だけのカレー」がすごく美味しかったので「余は満足じゃ」気分。一応レシピを見ながらでも美味しく出来れば幸せなのだ作り手としては。カレーにはかなり手間暇かけた。3時間立ちっぱなし、それでも美味しく出来上がれば作る身としても食べる身としても大満足なのよ。幸せ。(暮らしの手帖に掲載されていたレシピだけれど、とても読みにくい。この順序はないだろっ!と適当に順番を変えながら準備。最後に入れるだけのものを最初に茹でるか?というレベル。請う再考。)

で、昨日ハンナ・アーレントのDVDを返しに行った図書館でオレンジページの夏号を借りてきた。何か目新しいものはないかな、頂き物の茄子を使いたいし、やったことのない茄子料理はないかなという日常からの脱却を目指したく選んだ。おお、あったあった色々な献立が。18氏にも挑戦してもらいたいし、バックナンバーでこれを取り寄せてもいいかなと思えるくらいの充実度だ。

テイクがすぐ惹かれたのが「丸ごとトマトごはん」。写真がこんな具合だ。

2017september_05.jpg

誰だって惹かれるではないか!だってトマト丸ごとと梅干一個を入れて炊くんだよ。画期的じゃない?
トマトって生で食べるより熱を加えた方が美味しいのは経験済みで、とまと味噌汁は夏の間にいっぱい食べる。トマトを米と一緒に炊いてしまうというアイディアにはびっくりだし、美味しそうだし、やるしかない!と思って早速今晩炊いてみた。食べた。美味しい!!!

2017september_07.jpg

トマトの好きな皆さまはお試しあれ~。
テイクは塩味をもう少し加えても良かったかなと思った。
18氏はこのくらいでいいんじゃないかと云う。
まぁ味覚はそれぞれなのでお好きな味付けで是非一度お試しを。
米2合、昆布で取っただし汁カップ1杯半、塩二つまみ、トマト丸ごと一個、梅干一個。
炊きあがって蒸し終わったら、トマトの皮と梅干のタネを取り除いて(ある程度適当でいいと思う)、混ぜて、完成!土鍋で炊いたけれど炊飯器でも出来る筈。


美味しいものを美味しいねと言いながら食べられる幸せな日々が続けばいいと思うのよ。子どもたちにまでミサイル除けの避難訓練をさせているニュースを聞くと、判断のできない子どもたちに頭を抱えさせ北朝鮮は敵だ!と思いこませる汚いやり方に怒りを覚える。そうじゃなくてみんなで仲良くやって行くにはどう云う方法があるだろうねって、それぞれの頭で考えさせる教育が必要ではないかい?今、日本が担うべき重要な役割は、武器を調達することじゃなくてさ、みんなで話し合おうよって周囲に呼びかける事なんだよって言える大人になりたいもんだね。少なくとも、今まで平和を享受してきた大人はそうでなきゃいけないと思う。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

あっちへこっちへ :: 2017/09/06(Wed)

映画「ハンナ・アーレント」のDVDを図書館から借りていた。4度目くらいかな。時々彼女の生き方を辿ってみたくなる。見る度に注目する箇所は違っていて今回は特に最後の学生への講義が胸に刺さった。もう一回観ようかと思っても時間が取れずに、今日が返却期限なので返しに行かなくては・・・。

ではではついでに「標的の島 風かたか」のチラシを図書館に置いてもらえるようお願いしよう。その後に日野屋さんに寄って残量僅かな醤油や甘酒を買って来よう。で、町の文化ホールに寄ってチラシをお願いし、そこからぐ~~んと登ってきていつもチケットを預かってくれる蔵楽々(くらら)さんに行って、料理酒と三河みりんを買うついでにチラシとチケットもお願いし、最後に想いを同じくする(と思っている)Cさんちに寄って伊藤真さんの講演会と「標的の島・・・」の宣伝もして来ようと盛り沢山の計画で家を出た。

だがしかし、あらららら、図書館に返すべきDVDと本の入った通い袋を積み忘れたことに、三分の二くらい行ったところで気がついた。戻るのにも中途半端だし、癪なので図書館を抜きにして用を済ませてきた。まったくもう~だけれどテイクらしいと云えばテイクらしい? いやいや誰にだってこんなドジはある筈だ、わよね。

それぞれの立ち寄り先で色々お話が出来て有意義ではあったのだ。図書館には1日遅れで申し訳ないけれど明日返却に行きます、お許しを。次はハンナ・アーレントの「全体主義の起源」を読みたい。那須町の図書館にはないことはわかっているのでリクエストをして他の図書館から取り寄せてもらうか独自に購入してもらうかしなくては。今月の「100分de 名著」という番組で取り上げているらしい。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

草取り三昧(?) :: 2017/09/01(Fri)

「三昧」。草取りにこれ程ふさわしくない言葉はない。でも、こうでも言わなくっちゃやってられないほどの草取りの毎日なのだ。連続5日になる。テニスにも行かず毎日毎日草をとる。一日5時間の日もあった。平均すれば4時間くらい。グリーンサムさんも「また今日もやるの?」と驚いている。テイクだって驚いているんだけれど、裏を返せばそれだけ草天国状態という事。さすがに昨日辺りから疲れを意識するようになった。疲れてんだけれど中毒みたいなもので、よしやるぞと外に出てやり始めると止まらなくなる。4時ごろにもうこれで終わりっ!と立ち上がって今日草を取った一面を見ると気持ちがいい。だから明日に続くのだろう。

最初に手を付けた駐車場から玄関周りの、奥に何気なく咲く鬼薊が周りの草がなくなってとても映えている。一昨年、ウォーキング中に、自分の庭の何処か邪魔にならない片隅に咲かせたくて道端に咲く鬼薊の種を採ってきた。去年は小さかったけれど今年はぐ~んとかぶが大きくなって蕾もたくさんつけている。

あの長雨の後だから昨日今日のカラッと晴れ渡る青い空の何と有難いことか。そして、毎日少しずつ草を取って少しずつさっぱりしていく庭を見ることの喜び。太陽にあてた布団の匂い。パリッと乾いた洗濯物を畳みながら、こうして一日が終わる、こんな小さなことが幸せなのよねとつくづく思った。誰にともなく特別何にと云うこともなく、ありがとう、という気持ちになる。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

サーターアンダギー :: 2017/08/26(Sat)

今朝も降りそうな降るような、でも降らないの?といったはっきりしない天気だし、昨日の暑さに参った体を休める為にウォーキングはパス。今日は草取りをしようかな~と考えていたら突然雨が降り出したりして相変わらず不安定な空模様だ。と思っていたら昼前から青空になり湿度もどんどん下がってきた。風を部屋に入れるととっても気持ちよく抜けていく。その代り日差しが強いからレースのカーテンをしておかないと窓際は暑いのだ。夕方になったら草取りをしようかな、と思いながら、昨日のミーティングでダメ出しのあった箇所を直したり、チケット作りをしたりしてたらそんな気力は失せた。
明日があるから・・・ね。



2017august_16.jpg
チケット表

2017august_17.jpg
チケット裏


昨日のミーティングで沖縄出身のメンバーに教えてもらって、へぇ~~そういう意味なんだぁ、なるほど~と思ったのは、沖縄のお菓子、サーターアンダギー。サーターは砂糖でアンダギーは揚げ物なんだって。(ネットで画像検索してみて下さいませ。)これを前日に作って当日来てくれた方に差し上げる、という計画。50人~60人規模のイベントだから何とかなるでしょうというお気楽さがいい。


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あ~ぁの写真 :: 2017/08/22(Tue)

毎月11日の原発要らないスタンディング。今月は夏休みで高校生も通らないので駅舎前は閑散としている。「山の日」とやらで休日となり、この日からお盆休みも含めて長い人は10日ほどの休暇に入るという日だった。山の日のイベントは毎年持ち回りで行われるらしい。今年の当番は栃木県那須で、アルピニストの野口健氏の講演会が開かれる町の文化ホールまで駅からシャトルバスが出ていた。乗降者が多ければスタンディングの甲斐もあるよねと少し期待していつもの3人で立っていたけれど、シャトルバスを乗り降りする人はなく、町の職員が一人乗って行ったり来たりしているだけだ。あの貸し切りバス代はいくら位なんだろう、私たちの税金を使っているのよね~とかお喋りしながらのスタンディング。


2017august_15.jpg
いつもお綺麗な吉永さん。こういう顔なら朝から落ち込むこともなかろうにねぇ。
そのお喋りの中で、吉永小百合のポスターでよく知っている「大人の休日倶楽部」に入って東京~那須塩原を2回往復すれば年会費のもとは取れるよと云う話が出た。えぇ~そうなの~?知らなかったそんなこと。車を使うことが多いからJR情報には疎い。でも、東京へ年に何回か出かけるのには新幹線を使っている。その運賃が3割引きになるなんて使わない手はないではないか。10月に能登に出かける計画もあるし、早速18氏にこのお得情報を提供した。申込用紙を黒磯駅でもらって来て記入すべきことを記入する。こういう細かい字で難解な説明があれこれ書かれていて、しくじったら書き直しという書類記入はテイクの最も苦手とするところだ。でも、割引の為だ、18氏になんだかんだ言われてもメゲズに記入した。証明写真が1枚必要なのだけど、スタンディング仲間がスナップ写真を切り取って貼ったと言っていたのでそうしよう・・・ ・・・ ・・・

とは言っても最近はほとんど写真を撮らないからスナップも何も手元にない。やっと見つけたのが11月に18氏の同級生が来た時に3人で撮った写真。みんな笑顔だしこれがいいと、コンピューターに取り込んで1825それぞれの顔の部分を切り取って印刷。テイクの顔にはモミジの枝の影がかかっているけれどいいんじゃないかなと進めようとしたら、18氏が影がかかっている写真は止めた方がいいんじゃないのという。そういう感覚が当たり前なんだな、きっと。仕方がないから写真を撮るかぁ、嫌だなぁ、面倒だなぁ、と考えていたら、iPadのカメラを使えばいいんじゃない?というグッドアイディアがひらめいた。二手間ほど省けてこれはラクチンだ。でも問題は、撮って確認して却下、また撮って確認して却下をしなければならない顔。あ~あこんな顔なんだ、いやだねぇと朝から落ち込む。笑顔を作ったって変わらず。カメラ(iPad)の位置を高くしたり横にしたりしても被写体が変わらないから何も変わらないのだ。結局時間切れで何枚目かの写真を採用した。まぁどんな顔でも安く鉄道が使えるんだから文句は言うまい。







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「島あしびフェスタ 2017」 :: 2017/08/21(Mon)



昨日、宇都宮市で開かれた「島あしびフェスタ」に行ってみた。会場は二荒山神社のすぐ下にあるバンバ広場。広場の周りには飲食や物品のブースが出ている。広場の真ん中で8組のグループがそれぞれのエイサーの演舞を披露する催しものだ。ポークの串刺し(スパムという沖縄でよく食べられるランチョンミート)やカーリーポテトをつまみにオリオンビールの生を呑み、沖縄そばも食べて、12時から始まって4時過ぎの大カチャーシーで終わった「島あしびフェスタ」に最後まで居た。楽しかった~~。みんなで真ん中に集まって踊るカチャーシーは昔よく踊った盆踊りのようで我を忘れて夢中になる。沖縄県人も栃木県人も何県人も誰もかれもが沖縄の民謡に合わせて踊る。2年前の辺野古のテントでも歌が始まれば誰かが躍り出していた。テイクも一度踊りたかったんだ。また踊りたい。

この「島あしびフェスタ」を知ったのは8月の始めに行った宇都宮市の沖縄料理店「願寿亭」でのこと。「十人十色」が計画している9月末の沖縄を知ろうという会で何か沖縄のものを・・・と考えていて、沖縄の物品やエイサーなんかはどうかしらね、という事になり、ネットで調べて宇都宮まで見聞に行ったのだ。エイサーのグループ「栃木エイサーシンカ琉和」に連絡したものの、遠い所から15分ほどの演舞のために来てもらうのは申し訳ないとお断りに行くのも目的だった。店を切り盛りしているお母さんも息子さんもとてもいい人で、20日の「島あしびフェスタ」にご都合が良ければ来て下さいねとチラシをもらった。エイサーも生で見てみたかったし、ちょうど東武デパートで沖縄物産展も開かれている期間だし、天気も持ちそうだったので出かけたという訳だ。


2017august_08.jpg

2017august_09.jpg
エイサーにつられておじいが出てきて踊る。
おばあも踊る。
子供たちも真似して踊る。

2017august_13.jpg

2017august_11.jpg

2017august_10.jpg

誰もが躍る。
楽しいね。

2017august_12.jpg

2017august_14.jpg

「イチャリバチョーデー」(一度会えばみな兄弟)の精神をキーワードに活動してきた、という栃木沖縄県人会に、栃木に生まれてそれぞれのきっかけで沖縄に住んでいる人たちの沖縄栃木県人会「栃の葉会」からエールが届いている。栃木と沖縄は遠い。でもこうやって栃木と沖縄をつなごうと近隣県の沖縄県人会にも呼びかけてエーサー演舞を繰り広げながら、どんな人も皆同じ、一緒に踊ろうというのは、「イチャリバチョーデー」精神そのものなのだ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

アンブリッジローズが美しく咲いた :: 2017/08/18(Fri)


何日も何週間も雨続きで、庭にも出られない。家の中で「また雨が降ってる・・・」と言いながらぐちゃぐちゃの庭を見渡して溜め息をつく「あ~あの毎日」だ。
そんなひどい環境の中で、アンブリッジローズ一輪、フランシスデュブリュイの一輪が開いた。部屋から見ていても胸が締め付けられるほど美しい。これは近くでちゃんと見なくてはもったいないし可哀そうだ、と思ってカメラを持って庭に出た。霧雨は止んでいる。


2017august_05.jpg

2017august_06.jpg
・アンブリッジローズ・
色も咲き方も気品のある香りも何とも言えないほど美しい

2017august_07.jpg
・フランシスデュブリュイ・
これぞ薔薇といった強めのいい香り
鼻を近づけて匂いを嗅ぐと離れられなくなる


胸がキュンとなるような素敵な贈り物をありがとう。
今日は私の誕生日よ。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
次のページ