Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




ナンバープレート交換! :: 2012/11/09(Fri)

昨日、那須塩原の警察署で車庫証明をもらって、
今日、宇都宮の陸運局に行ってナンバープレートの交換をしてきました。
山梨ナンバーから那須ナンバーへ。
これで全ての行政に関することが栃木県民へと移行された訳で一段落です。

それにしても陸運局という所は不親切!
18氏が前もってウェブで色々な人の経験談を読んで参考にして出かけたからまだ何とかなったものの、
陸運局のホームページだけでは何の手助けにもなりません。
工具箱を持って行かなければならないとか、後ろのナンバープレートの封印の外し方とか、
それなりにウェブで経験談を読んで勉強して行きましたが、
陸運局に到着したものの、
何処に行って何から始めたらいいのかは何処にも案内はないし、誰も教えてはくれません。

A棟に行ったものの訳がわからないので、仕方がなく代書屋さんがいるD棟へ。
そこで必要書類を提出して、陸運局に提出する書類を作成してもらいました。もちろん有料。
30分ほど待たされてナンバープレートを外してC棟の11番へ行くように言われ、
自分たちの車のナンバープレートを自分たちで外して(やったのは18氏)
(それも封印の外し方を前もってウェブの経験談で勉強してたからできたようなもので)、

november08.jpg
言われたようにC棟の11番へ。


11番に行ったら8番窓口でうんたらかんたらをしてくるように言われて行ったけれど、
大したことをする訳でもなく、「では11番へ」と言われまた11番へ。
何なのいったい君たちの仕事というのは全くもう~~、と内心ブツブツ。

で、やっと11番で山梨のナンバープレートと交換に新しいプレートをもらいました。もちろん有料。
それをまた自分たちで取り付けるのです(18氏がやった)。

november09.jpg


左側のネジの周りに見える輪っかを封印するのだそうで、新しいプレートを付けた車で今度は封印取付所へ。
封印取付所はすぐそこに見えるのだけれど、どうやって行けばいいのか明瞭な案内もなく、
車がいっぱい停まっている敷地内をうろうろ運転してやっと辿り着き、
係りの人が来て金具をポンッと填めて車検証を返してもらって、やっと完了しました。
ふぅ~~~ッ!だよまったく。

ざぁ~っと見回すと、結局はディーラーの人たち(=専門職の人=いつもいつも来ている人たち)がほとんどで、
1825みたいな素人は滅多にいないようなのです。
だから案内板も何も必要ないのでしょう。納得。
でもそういうのっていゃだな~。


嫌なことは早く忘れるべし!
お昼ご飯を食べて宇都宮美術館に寄って企画展「マックス・エルンスト―フィギュア×スケープ」を観ました。
よくわからんが、それなりに面白かった。嫌いじゃないものもいくつかありました。



cookie




  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

家の周りのこと :: 2012/11/05(Mon)

家の中のあちこちに額をかけ、また少しテイクたちの家の雰囲気が帰って来た感じがします。
11時ごろにシャワーの水量調整に業者が来てくれることになっていたので、
お昼まで25は食パンを焼き、18氏はあちこちの細かい調整をし、
昼食はジャコ梅チャーハンを作って食べ、
午後はゴミステーションに引っ越しで出た可燃物不燃物粗大ごみを持ち込みました。

帰ってきてから散歩がてら、T田さんに引っ越しのご挨拶に伺いました。
T田さんは、品川で40年間経営していたレストランを閉じて、去年ここを終の棲家として移ってきたご夫婦で、
家の一部を喫茶店風に作り、コーヒーを淹れてくれてみんなが集まる場所として提供して下さってます。
今年の2月ごろ、お世話になっている不動産屋さんのY村さんにご紹介していただいて、
美味しいコーヒーを飲みながらお喋りをしました。
T田さんご夫婦とその時その場にいたT橋さんご夫婦も気さくで、楽しい時間でした。

今日も「コーヒー飲んで行ってよ」と招じ入れてくださって
4人でお喋りを・・・。
1年が過ぎてやっと生活のペースが出来てきたということです。
あそこにこんな店があるよ、ちょっと遠いけどあっちまで行けばこういう安い店もあるよ、
卵専門農園の卵は小さいけれど、黄身は盛り上がり白身もしっかりしていて美味しいよ・・・・・・・
それはそれはたくさんのいっろんな情報を教えてもらいました。
ああ愉しかった。
これからどんな人たちと出会い知り合えるのか楽しみです。


1825の家があるのは40年程前に開発された別荘地内です
定住世帯は90ほどで別荘として使っている世帯は200ほど。
その他ほとんどは土地のまま地権者が建物を立てずに雑木林として残されています。
観光地なので週末の那須街道はとんでもなく混みますが、
別荘地内はその喧騒とは無縁の世界で静かで穏やか。
四季を楽しみながらのんびりゆったり暮らすことが出来そうです。

2012november04.jpg


flower




  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

生活が落ち着いてきた感じ :: 2012/10/30(Tue)


すんごくいい天気だった昨日。
職人さんが朝早く来て台所の手直しを完了させてくれたので、
ダンボール箱から食器を出して片づけ、やっと落ち着きました。

午後は、山となった引っ越しごみをゴミステーションに運び、
那須町役場に行って転入届を出して、
隣町の那須塩原市の警察署で免許証の住所書き換えをしてもらって、
ぐる~っと遠回りドライブをして帰ってきました。
那須連山を眺め、木々の紅葉を楽しみ、畑や酪農風景の中を走っていると、まるで旅行してるみたい。
お天気も最高。
気持ちいい~。嬉しい~。しあわせ~~。
精神的引っ越し疲れが解消されました。体はまだ疲れたままだけれど・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はカーテン屋さんが料金回収に来たり、
親方の☆さんが奥さんと一緒に来て
工事中に切り詰めた木や枝を撤収がてら、庭の下草を刈ってくれたり、
人の出入りがあったので一日家に居てパンを焼きました。
パンを焼く気になったのは昨日のドライブの効果でしょうかね。




いくつかのリンドウを植えてデッキに置いた鉢。
ベッドルームの中の引っ越し荷物のゴタゴタがガラス越しに見えてしまってます。
13october.jpg
14october.jpg
11october.jpg
名前は知らないけれど、こんな小さくて可憐な花も其処此処に咲いてます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



12october.jpg
引っ越し数日前のカマキリ君。(山梨の我が家にて)
テイクが片づけをしている時に、ガーデニングツールバッグの上をのんびり歩いてました。
なんだか懐かしい。
ボツにするのが忍びなくて遅ればせながら登場させました。



house




  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

那須6日目 :: 2012/10/28(Sun)

予定通り那須へ引っ越してきて後片付けに追われる毎日を過ごしています。
ダンボール箱はずいぶん減ってきましたが、あれやこれやの手違いがあって台所の造作食器棚の修正中。
よって食器類の大半がダンボール箱から出せない状態です。
鍋・釜・包丁・まな板など諸々は収まるべきところに収まっているので食事はちゃんとできますが、
職人さんたちが毎日出入りしているし、台所が片付かないしで生活が落ち着きません。
ま、あと数日で問題は片付きそうなので慌てず騒がず居ることにするか~。

今日は朝から一日中雨。
日曜日なので職人さんたちもお休みで久しぶりに精神的にのんびりできました。
日々進む周りの紅葉を眺めたり、山梨から持ってきた鉢植えの薔薇や植物たちの元気な姿を見たり、
気分は最高。
庭作りはまだまだ先だけれど、それまでじっくり案を練ることにしましょう。

あちこちに野生のリンドウが咲いているので、
踏まれそうな所に咲いていたのを、昨日、少しだけ小さな鉢に植え替えてデッキに置いてみました。
やはり野に置け・・・だとは思うけれど、鉢植えにしても可愛くて中々いいものです。

こんな風に那須での生活が始まりました。
日常生活に入れるまでしばし非日常生活を楽しみます。


house


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

引っ越しまでもう少し~ :: 2012/10/10(Wed)

04october.jpg二週間後に移住を控え、昨日、最期の那須訪問をしてきました。爽やかな秋の空気、真っ青な空!

外壁の塗り作業も終わり足場が外されていたので、すっきり。こじんまりとしたいい家になりました。
これにデッキが付けば外周り完了です。
中はリビングダイニングキッチンのスペースと和室の壁塗りが進行中。漆喰壁になります。2週間あれば乾くでしょう。

カーテンをどうするか・・・カーテン屋さんに来てもらってごたごたしている現場で打ち合わせをしました。専門家の意見を伺いながら自分たちの趣味や予算などを考慮しつつ、ここは25が決めていいよ、じゃこっちは18が決めていいわ、みたいな感じで決めて行きました。納得しつつ妥協しつつ進めたので、思ったほど時間をかけずに打ち合わせが終わりました。「おっ、早く終わったじゃん、すごいよね。」

次回東北道を走ってきたら、もう山梨には帰らないで、ここでの生活が始まります。


今日は昔ご近所さんとH美さんが送別ランチに誘ってくれてイタリアンレストランで食事をしました。
三人とも三十年ほど前にここに家を建て、子供たちの小さい頃からのお付き合い。
その子どもたちもみんな結婚してお父さんやお母さんになってるんだから、歳をとる訳だわ。
さあこれから私たちの最期の季節をどうやって暮らしていこうか・・・。
それぞれにやり方や形は違うけれど、とにかく健康で明るく楽しく暮らしましょう。
長いような短いような山梨での生活でした。


wiii


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

雨の日曜日 那須へ :: 2012/09/23(Sun)

あちらこちらで大雨(洪水)警報・注意報が出ている中、
壁の色や塗り方の打ち合わせや照明器具選びに那須に出かけました。
出来れば週末は避けたかったけれど、左官職人さんの都合がつかないということで日曜日になりました。
でもまあ、警報や注意報が出るような雨降りだし、出かける人は少ないだろうと考えていたんですけれどね。


まずは中央道の上野原~相模湖の間が事故の為通行止め。(上野原に着く頃にちょうど事故処理が終わって、道路公団の車の先導でゆっくり走り始めたところだったので、下に降りることなくそのまま高速道路で行けましたが。)

北関東道の高崎~前橋南は雨の為に通行止め。伊勢崎インターチェンジまで一般道で信号に引っかかりながらえっちらおちら行きました。

雨の日でも出かける人は出かける訳で高速道路も混んでいるし、那須街道も渋滞。
街道沿いにある店の駐車場ははどこも満車状態です。すごいなあ。
それを横目に現場(=工事中の我が家)に立ち寄り壁の打ち合わせ、
建築事務所に移って照明器具選びで頭を悩ませました。

(那須高原は9月に入ってから毎日のように雨が降っているので、壁塗りが遅れに遅れています。他所のお宅の壁塗りが終わらないことにはテイクんちに順番が回って来ません。天気相手じゃ仕方がありませんけど、家の完成予定日もかなり延びてしまいました。)



那須を出たのが3時過ぎ。
北関東道の通行止めがまだ解除されていなかったので、仕方なく首都高経由で帰ることにしました。
大混雑の上り線を18氏運転25こっくりで疲れ果てて帰って来たのです。(一応テイクも疲れましたの。)


house


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どこにしようかな・・・ :: 2012/09/21(Fri)

ぼちぼち箱詰めとか不用品整理とかをしなくては・・・と、引っ越し業者に見積もりをインターネットで依頼。

数社のフォーマットに運ぶものがどんなものがどのくらいあるかを結構細かく入力して、
こちらの住所、電話番号、メールアドレスなどの情報も打ち込んで送信しました。(18氏が)

てっきりだいたいの見積り金額をメールで知らせてくるのかと思っていたら、
すぐにそれぞれの業者から電話がかかって来て、実際に見てみないと見積金額は出せないと言います。
え~~っ、じゃああの情報入力は何だったの?
最初から電話でいついつに見積もりに来てくださいと言えば良かったんじゃないのかい?
ちょっと不信感が。

結局、そのいくつかの業者の電話対応がイマイチだったので、
業界では大手っぽい二社と名前が割と知られている中堅一社に電話して見積もりに来てもらいました。

見積もり担当者は中堅どころが一番感じよく、てきぱきと計算してその場でこの金額でという提示があり、
不用品の取り扱いについても納得できる説明をしてくれました。

翌日に来た大手二社の対応は悪くないんだけれど、
ピアノに関しては専門業者に訊いてみないとわからないし、
全体の見積額も社に帰って計算してから届けますということ。

不用品は基本的には関わらない。どうしてもという場合は、廃棄業者を紹介するという形をとっている。
リサイクルはしないのかぁ。フムフム・・・。

大手がいいのか中堅どころがいいのか。何が違うのかな?
迷いましたが、最大手と中堅どころで5万円の開きがあり(これは結構大きい)、
こちらの要望に対しても大手の方が融通がきかない感じがしたので、中堅どころに決めました。

ピアノにかかる費用を、大手二社は専門業者に訊いてみなければわからないと言ったところを、
その中堅どころの営業マンは、専門業者を使って運び出しの曜日は日火木に限られますが・・とか、
金額はいくらいくらですとか、
社に帰らなくても提示できたことは中々のものじゃないかなと思います。


引っ越し作業が本格的に始まります。気持ちがワサワサしてきたぞい。



house


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

売り物件 :: 2012/08/28(Tue)

まあいいや、今日も暑かったと書かなくても・・・と思いながら書いてる。

この先も一緒にやって行こうと決めたRAV4の板金塗装が完了したので今朝引き取ってきました。
わぁ~お、綺麗になったねぇ。何年がかりかで付けた大小の傷が消えていました。
あの左後ろのドア付近の大きな凹みと大々的な傷も、前のバンパーの凹みも、
直さなくてもいいかと思っていた後ろのドアのタイヤカバーの凹みもなくなり、我がRAV4とは思えないくらい。
とっても嬉しく、気分も軽く運転が出来そうです。
これから先長い付き合いをしようと思っているので、大事に乗らなくっちゃ。

帰ってきたらこの家を売るにあたってお世話になる不動産屋さんのwさんが、
「売り物件」という大きな看板をフェンスに取り付けているところでした。
ああ、いい人がこの家を買ってくれるといいな。庭もこのまま育ててくれる人だったらいいな。
ただそれだけです。

暑いから中々引っ越しへの作業に取り掛かることは出来てませんが、
9月になったら否が応でも始めなくてはいけなくなるでしょう。
面倒だね、なんて言ってる場合じゃないんだなあ~。





wreath


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

テレビは観ないけれど・・・ :: 2012/08/15(Wed)

那須への移住を機に、買い替えたり新調しようと思っているものがいくつかあります。
ず~っと調子のよくなかった洗濯機をこれを機会に昔ながらの二層式に。
クイーンサイズのベッドをシングル二つに。
毎朝、果物と野菜のミックスジュースを飲むためにミキサーを。
そして、テレビは観ないけれどテレビも候補に上っています。

今までの古いテレビでDVDやビデオを観ればいいと思っていたけれど、
18氏がいろいろ考えているようです。
25の理解では、多分、全てをテレビを通してスピーカーから音を出そうということらしい・・・。

インターネットに繋がり、YOUTUBEもSKYPEもできるテレビが出ているからそれを買おうか、
う~ん、どうしようかと朝から迷っていました。
テレビで全部できるの?いいかも。獅子丸たちとのSKYPEで画面いっぱいに姿が映るんだ、フムフム。
アンプを繋げば動画の音もDVDの音声も今使っているスピーカーで聴けるし、いいねいいね。

・・・で午後はコジマへ。
うちは32インチでいいね。
Wi-Fi内臓のタイプだと32インチと40インチの価格の差は1万円もありません。どうして?
でも40インチは必要ないし、どうしようと迷いながらもう少し考えることにしました。

帰ってきてカタログを見比べて迷う18氏、またまたAmazonを覗いたらWi-Fi内臓タイプの32インチが
コジマよりぐっと安いと言います。しかも送料無料。オプションのカメラもコジマより安いと。
え~い買っちゃうよと決断した18氏。いいんじゃないのと横でグールドのラジオ番組を聴きながら25が同意。


という訳で、週末には届くらしいテレビ。18氏の描いていた通りのことが色々と楽しめますように。




house


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今日を入れて  あと4日! :: 2012/08/06(Mon)

暑い日が続いています。
それもただ暑いというのではなく、「猛暑」です。
先週は甲府盆地は38.8度の日もあり、もう息もできない暑苦しさでした。
昼間が猛暑日で寝入る頃は熱帯夜。
クーラーや扇風機がないとやって行けない夏です。
節電すべきところは節電するけれど、無理や我慢はしません。
社会がエネルギーの無駄使いを改めれば、原発がなくても生活することができるのですから。



昨日、ほとんど一か月ぶりで工事の進み具合を見に那須に出かけました。
日曜日は工事をしていけないという規則があって、工事はお休みで大工さんたちは居ません。
案内してくれた設計士さんが窓を全部開けたら、涼しい風が家の中を心地よく通り抜けていきます。
気持ちいい!! もうそれだけで嬉しくなりました。

壁が作られ、床板が張られ、サッシが取り付けられ、屋根葺きも完了していて
当然のことながら益々家らしくなっていました。
毎週でも行きたいと思いますが、一週間では目に見えての大きな変化はそれほどないみたいだし、
夏休み、お盆休みで高速道路も那須町の中も混雑するので避けた方が良さそう。
昨日も高速道路の事故渋滞や那須街道の渋滞に余計な時間がとられてもったいなかったです。
うんざり。3週間ほど我慢しましょ。


18氏の定年退職日がいよいよ迫って来ています。
正式には9月末日が最終日ですが、有給休暇の消化を計算すると今週の木曜日まで出勤すればOK。
今日を入れてあと4日!と指折り数えて待ってます。
二人ともウキウキワクワクしています。
毎月の収入は少額の年金だけなので不安ではあるけれど、
仲良く元気で「毎日二人」の生活を楽しみたいです。
まずは引っ越しの準備から、だわ。





house


  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
次のページ