Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




最高裁判所裁判官をきっちり審査しましょう~ :: 2014/12/05(Fri)

ひさごんさんのサイトで紹介されていた「一人一票実現国民会議」
一票の格差が歴然としている現在の選挙制度で政権を握った党が、
徹底的な改革もせずに解散総選挙に踏み切りました。
一票が一票にならない地域があるままの状態で行う選挙って法律的に成り立つのか~~?って疑問を持ちましょう。

「あなたの一票はほんとうは何票でしょう」で自分の住む地域の票の実質的な価値を量れます。
ちなみにテイクの住んでいる地域の票の価値は、
衆議院議員選挙=0.95票、参議院議員選挙=0.29票 でした。

今回の選挙では最高裁判所の裁判官審査も行われます。
票の格差を問題ありとせず、
「一人一票」という当然の権利を国民に持たせないままにする最高裁裁判官にははっきり「No」と言いましょう。

2014december_01.jpg







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。




  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

落そう!原発大好きイレブン(+1) :: 2014/12/01(Mon)

緑茶会(という名づけ方があまり好きではないけれど、ま、そんなことはどうでも良し)が、
「落そう!原発大好きイレブン(+1)」キャンペーンをやっています。
原発大好きイレブンとは、安倍晋三氏、石破茂氏を始めとする自民党議員です。
詳しくはこちら→「落そう!原発大好きイレブン(+1)」

どうやって落とすか。
「戦略的投票」という手法を使おうというものです。


戦略的投票とは?
かつてイギリスでは、自分の好きな政党に投票するのではなく、「自分が最もきらいな政党が敗北するように投票する」という投票行動をすることによって、圧倒的多数を占めていた保守党が大敗北し、労働党政権が誕生したことがあります。これが戦略的投票行動の結果です。

たとえば、前回の衆議院選挙で、神奈川 13 区の原発大好きイレブンの第一位・甘利明氏の得票111,733 でした。
一方で、野党の得票数合計は 148,348 票と、甘利氏の得票を大きく上回っているのです。
原発大好きイレブンの第一位・甘利明氏を落選させることは夢物語ではないのです。


ちょっとしたジレンマも感じるけれど、原発大好き議員を落とすにはこれしかないかも知れません。
とにかく自民党政権に冷や水を浴びせたい。



「とりあえず自民以外で」








icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。




  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

最大の争点 :: 2014/11/30(Sun)

消費税を10%に上げるのを先延ばしにするので、国民にそれでいいかどうか訊いてみる・・・?
一応延ばすけれど、1年半後にはどんなに景気が悪くても絶対に増税を実行する・・・?

「解散」なんて考えていない、「解散する」とは一度も言っていない、な~んて言いながら、
ちゃっかり「アベノミクス解散」しちゃうんだから。
テレビの報道番組では、経済政策について市民にインタビューした映像を見て、
「選んでるんでしょう」と嫌らしい笑みを浮かべて言う始末。みっともない。
国民の声を聞こうという気がまるでない様です。

最高裁判所は一票の格差が是正されておらず、参議院も衆議院も違法状態だという判決を出しています。
(「違法状態」という言い方はおかしいと思うけど。違法なんだから。)
そんな民主主義に反する選挙制度をきっちりと改革もせず解散してしまうなんて、やりたい放題っていう感じ。
「違法状態」の選挙制度のもとで権力を握って、有頂天になって2年間、何をしてきましたか?
東京電力福島第一原発事故の収拾、基地問題、平和、労働問題、市民の生活や福祉や教育や経済・・・・・ 
日本が良い方向に進んでいるとはこれっぽっちも思えません。


東京新聞「本音のコラム」で山口一郎法政大学教授が書いている通り、
「こんな連中が権力を持ち続けていいのかが、総選挙の最大の争点」だよね。
いい加減に目覚めなければ・・・。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。



  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

覚えておこう、2012年12月16日 :: 2012/12/17(Mon)

朝から気分が悪い。
投票結果がほぼ出揃い、自民党政権誕生。
この国はどうなっていくの?
「戦後史の正体」の著者・孫埼享氏と同感だ。

孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
原発:申し訳ないが日本国民、馬鹿な選択をしたもんだ。福島原発の経験すら生かせない国。操られる国。それだけの国に成り下がったと一人で怒っててもしょうがないか。どうなってるんだ、どうなってるんだと連呼したい気持ち。17日朝日「原発ゼロ見直し確実 安倍新政権」



孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru
TPP:16日読売「 米政府、TPP参加に向けた軌道修正に期待。」勝手に選挙の争点にしないと大手マスコミに誘導されても、米国はこれ幸いと攻め立ててくる。安倍政権ははいはい。その内、国民健康保険が実質機能しなくなって、「貧乏人は早く死んでいい」(注・米国社会がそう)時代が来る。




日本国民が、これから進む道を間違って選択した2012年12月16日を忘れない。



  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

同日選挙 :: 2012/12/14(Fri)

図書館に行きました。町役場に隣接しています。
駐車場がいっぱい。道の反対側では選挙カーが停まり、選挙演説が行われています。
聴衆が結構いました。

ああ、自民党を飛び出して一時無所属となり、その後、新しい党を作って党首となったあの世襲議員か。
原発事故で那須町でも放射線量が高くて除染が必要だとか、それによって観光客の足が遠のいたとか、
農産物や乳製品などにも影響が出たとか、色々な被害をこうむったのに、
あれはあれこれはこれで、ああいう原発推進派議員を選んじゃうんだろうなあ。
大臣経験のある栃木県を代表する国会議員ということで、落とすわけにはいかないという気持ちが働くのかな。


1825は甲府盆地から引っ越して3か月経たないということで、この地域の代表を選ぶことは出来ないので、
先日、那須町役場で元の居住地で立候補している人の中から選んで不在者投票をしてきました。
大事な選挙だからきちんと一票を投じたいと思ったのです。

投票率が低そうだとマスコミが言っています。
自民党が圧勝ともマスコミが言っています。

投票に行かないのも意思表示だという人も大勢いますが、
投票に行かないということは選挙後に成立する政府を選ぶということです。
「どうせ変わらないんだから棄権する」なんて言わないで、絶対に投票に行って欲しい。
日本をどういう国にしたいのかをよく考えて賢い選挙民としてとにかく投票に行って欲しい。


16日は衆議院議員選挙と同時に東京都知事選挙の投票日でもあります。
前回、都民が選んだ人は任期途中で知事を辞め、
「核武装をすべきだ」「憲法を変えるなら自民党と一緒にやってもいい」と言い放っています。
今度こそ、都民には賢い選択をして欲しい、東京を変えて欲しいと思います。
地方も東京も変わって「日本」を変えたいものです。
希望都市、東京へ


bird




  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気持ち悪い空気、気分が悪くなる朝刊 :: 2012/12/06(Thu)

2012december04.jpg
←クリックして拡大画像

金野泰晴さん(甲府でもやるじゃんネットのメンバー)が
地方紙と全国紙の今日の朝刊の一面をまとめてfacebookに掲載した写真です。

「同じ日に同じ内容を各紙が一斉にトップ記事にする」
とても気持ちの悪い現象ではないでしょうか。
「自民が勝つよ」という雰囲気作りに大手新聞社が一役買っている訳です。

ムードに弱い、そして右にならえ精神が強い日本人は、
この雰囲気に流されてしまうのではないかととても心配です。
(小泉選挙の時のように)
この先の日本がどう進むのかを決める重要な今回の選挙では、そうはならないようにと祈るばかりです。

処分することもできない危険なごみを出し続ける原発をなくさなくていいの?
自衛隊を国防軍にして、アメリカの世界戦略に組み込まれてしまってもいいの?
子どもたちが戦争に駆り出される時代が来ても構わないの?
憲法第九条を守って外交で世界平和を進める道を選ばなくていいの?
・・・・・ちゃんと考えなくてはならない問題がたくさんあります。

本当に気分が悪くなる(=怖くなるような)2012年12月6日の各紙の朝刊の第一面です。





bird


  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「おばちゃんはっさく」と「戦争のつくりかた」 :: 2012/12/05(Wed)


全日本おばちゃん党
という「新党」(?)ができました。
1000人を超える党員、候補者は出していないけれど、
発表された「おばちゃんはっさく」は、素晴らしい。その通り!拍手~~!
維新の会の「維新八作」なんか何じゃらほいと思えるほど優れています。

2012december03.jpgクリックして画像を拡大



「おばちゃんはっさく」の一番目で宣言している「うちの子もよその子も戦争には出さん!」

うかうかしていると本当に子どもたちを戦争に出さなければならない方向に進んでしまいそうです。
「国防軍」だの「九条を書き変える」だの「核武装」だのと堂々と言い始めている政治家たちがいます。
選挙の結果によっては、日本は私たちが望まない方向に進むことになります。
彼らの主張は何としても受け入れられません。

「戦争のつくりかた」  という絵本があります。
以前にも読んだことがありますが、今、改めて読み返すと
この絵本に書かれているとおりの進み方がどんどん加速されていると感じます。
私たちが今しっかりしないと・・・。
表紙をクリックして是非読んでみてください。




xmas_tree


  1. 総選挙
  2. | trackback:0
  3. | comment:0