Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




まんまりの「おとぼけ人形」 :: 2017/09/18(Mon)

2017september_12.jpg

誕生日プレゼントのアンパンマンシールブックと一緒に、手作りのものを何かと思って作り始めたまんまりの「おとぼけ人形」をやっと仕上げた。なかなか進まなかったからシールブックとバースデーカードは誕生日に間に合うように先に送っておいたけれど、もうすでに誕生日から1週間が過ぎている。胴体を作ったきり顔が出来ずじまいで2週間くらい放り出してあった。草取りだの何だのとやるべきことがごちゃごちゃあって落ち着いて針を持つ時間がなかったのよね。昨日今日の台風天気で家でじっとしている間にやっと作り上げた。仕上がってみればナンジャラホイの丁稚どんだ。まあ、名前からして「おとぼけ人形」なのだからこれで良い事にしよう。

             2017september_13.jpg

髪の毛は三つ編みに結ってあるし、赤い帯も結んであるから後ろ姿は女の子だ。いんでないかい。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

鼻メガネ人形 :: 2017/09/02(Sat)

9月はまんまりの誕生月。3歳になる。この間のスカイプでも三才とか三つとかは言えてなかったけれど指で三才と言っていたっけね。まんまりのお母さんに何をプレゼントしたらいいかと訊ねたところ、アンパンマンでもキティ―ちゃんでもミッフィーでもミニーでも、そういうキャラクターの何かだと喜ぶと思うという。6月に来た時にシールに夢中になっていたのを思い出したから、ジジババはアンパンマンのシールブックを2冊贈ることにした。大した値段じゃないけれど調べたら送料はその倍かかる。広げると立体のバースデーケーキになって歌とお話付きの少し豪華なバースデーカードはシールブック2冊分+αの値段だった。いやはや。

朝から雨が降っていたので草取りは休み。疲れていたし良い休養日だ。今日は18氏が入っているギターサークルが町内の老人ホームを慰問する日で午後から出かけることになっている。テイクはまるっきりフリーだ。(18氏がいてもいなくても自由気ままに動いているからほとんど関係ないけれどね。)
何をするかなぁ~~~~

まんまりの誕生日プレゼントに手作りの物も入れてあげようと思い立ち、一日たっぷり時間があるので手仕事を始めた。人形はどうよ。毎年暮れに獅子丸とまんまりの前年の写真を組み合わせて作ったカレンダーが哲学一家から届くのだけれど、9月はまんまりの誕生月と云うことでまんまりだらけだ。その中の一枚に鼻メガネをかけたとぼけた写真がある。他のもいいけれど中でも一番目を引く写真だ。これをモデルにとぼけた鼻メガネ人形を作ろう。



2017september_01.jpg



2017september_03.jpg

思いつきは良かったけれど、なかなか難しい。難しい上に大雑把人間だから適当に切って適当に縫って甚平さんの上着が不格好になった。やり直そうと解いたけれど疲れて気力がなかったので続きは後日。それぞれの部位の周りを縫って綿を詰めて一体化する。頭の部分に髪の毛をつければ何とかなりそうではないか、な?そりゃやってみなければわからん。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

籠る :: 2017/07/31(Mon)

雨続きで庭いじりが出来ない。テニスもできないし、買い物さえ億劫になるから出かけない。籠るしかない。籠って出来る事があるという幸せ・・。これが駄目ならあれ。あれが駄目ならこれもある、っていう具合だ。(=気が多すぎるという事)

2017_july012.jpg
この間の大失敗パンツを廃棄した後、何だかなぁ気分でネット散歩をしてて洋裁も何も色々出来る方のブログを何日分かまとめ読みしていたら、「洋裁は立て続けに失敗続き・・・」という文と写真に出会った。テイクなんかよりずっと専門的知識があるに違いないと思うけれど、それでも、小さ過ぎた、無理して穿けば穿けるけど窮屈なのはイヤだなんてのを読むと大いに励まされる。気を取り直して何日か前に裁断したブラウスを縫うことにした。丁寧に作業を進めて、(アベの云う「丁寧」とは質が違う)完成させた。
グリーンサムさんも、庭に出られないしぼ~ぅっとしてるのも気に入らないから洋裁してるのよって云う。同じ同じ私もよ。この天気にうんざりしているのはテイクだけじゃぁないのよね。

今日も同じような日和なので庭の管理を少しだけやったあとは簡単ブラウスと簡単パンツの裁断を。18氏が怪しい天気の中をテニスに出かけていった間にその先のミシンがけに夢中になっていた。雨が降ってきたからと早く帰って来て早めの入浴を済ませた18氏の「歯医者の時間じゃないの?」という言葉に跳び上がった。「あっ、また忘れてた!覚えていてくれてありがとう!」

先週の月曜日、歯医者さんからの「5時からの予約なんですけど」と云う5時10分にあった電話で慌てて飛び出すという不祥事をしでかしたので、今週は忘れまい!と思っていたのに・・・。トホホだ全く。来週は4時。もちろんカレンダーに書き込んだけれど、「忘れていたらまた教えてね」って18氏にお願いしたら「覚えておけよ、自分のことなんだから」と言われた。そりゃそうだわね。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。




  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

パジャマの型紙でパンツを作った :: 2017/07/05(Wed)


久しぶりの青空で気分が晴れる。
昨日までの雨でもっと湿気が多いかと思っていたけれど、そうでもなく爽やかな風が部屋に入って来てありがたい。長袖ブラウスの袖をまくって暮らしていたが、いよいよ半袖に・・・。
お腹とねお尻がね出て来てるからね薄着の季節はつらいのよ。
短めの丈の方が大きなお尻やお腹体型をカバーできると何処かに書いてあったっけね。
じゃあその短めのブラウスに合うパンツを作っておこう、もちろんウエストはゴムの。

生地は随分昔に買ってあったのがあるし・・・とお昼前に裁断しといて、お昼ご飯を食べて、縫ってゴムを通して試着して写真を撮って一日を終えた。パジャマの型紙に少し手を加えたダブダブパンツ。モンペもこの型紙+αで作ったし、重宝する。今のテイクの体型を考えると、もうこの型紙ひとつで行くしかない。


履き心地はいいし、パジャマの型紙と言わなければパジャマには見えぬし(と、本人は思っているが)、いいんでない?



2017_july07.jpg
ブラウスの裾が上がっているのはカメラを持っているせい。
8年ほど前に作ったこのブラウスは結構気に入ってるんだ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



>>続きを読む

  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

手織りと一閑張 :: 2017/01/28(Sat)

またしても手を出した事がひとつ。
手織りだ。
昨年の4月ごろ、織物のことが書いてある本を読んだことがきっかけ。
やってみたいけど手がかりが何もない。
手芸店で売っている卓上織り機でやってみようか・・・

そう言えばグリーンサムさんが裂き織りでベストを作って着ていたっけ。
自分で織ったマフラーもしてたわねぇ。
そう思ってグリーンサムさんに聞いたら、面白いわよ~教えてあげるからやってみたら?

それから早8か月9か月経ち、今回いよいよ実現した。
蜜柑桃さんもやりたいというので、グリーンサム先生に講習会を開いてもらった。
卓上型の手織り機を買おうかと思ったけれど、
木の枠を作って釘を打ちつけたもので出来るという。
蜜柑桃さんのご主人にお願いして、
簡易織り機とモンペの手作り物々交換ということでテイクのも作ってもらった。

それがこれ。
january_12.jpg
縦1メートル、横50センチほどの大きさの木の枠に、釘が50本ずつ上下に0.8㎜間隔で打ちつけてあって、
(すごい手間だ。蜜柑桃さんのご主人アリガト~。)
縦糸を最多で100本張ることができる。
簡易とは言っても縦糸に横糸を通していくというのができれば立派な織り機だ。
イラン西部の遊牧民もこんな感じの織り機で絨緞を織っているみたいだし・・・。
(もちろんもっともっと大きくて、地面に置いて織っている写真を本で見た。)

january_13.jpg
着古したパジャマをひも状に切って
手始めに、椅子の上に敷くマットを織ることにした。
なんせ初めてのことだから、時間はかかるしあちこちに力が入って体が痛くなるしで、前途多難。



この冬は一閑張と手織りに新しく手を出した。
グリーンサムさんが図書館で借りたウイリアム・モリスの本を貸してくれた。
綺麗な写真や本文が好奇心を刺激する。
彼が織ったラグもあった。恐らく結び織りというものだ。
こういうのも織ってみよう。愉しそう~広がる夢~
january_11.jpg


一閑張も、ああやってみたらどうかとか、こういうのも有りかもとか、実験しながら楽しんでいる。
四作目
january_14.jpg

五作目
january_15.jpg

二つとも紙の箱だ。
籠とはまた違う風合いでこれはこれでいいと思う。
植物画を全面に貼った蓋付きの小さな箱は、柿渋を塗ったらちょっと汚くなった。
アンティークぽくなったとも言えるけど、もう一度塗り重ねるかどうか迷ってる。
次なる実験は・・・・・うふふふふ。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

練習中 :: 2016/07/29(Fri)

先月の手仕事倶楽部以来ずっと刺繍に夢中です。
自分には絶対合っていないと自覚していて、この年になるまでちゃんとやったこともないのに、
うまく行かなくて何度もやり直したりしているうちに、もっともっとという気持ちになってきました。

刺子と違って布巾に使えるわけでもなく、装飾的なだけで魅力はないな。
一つ二つ何か作ればそれでいいよね、と心のどこかにあるのですが、
一つ二つの作品を完成させる為にもきちんと綺麗にステッチが出来なければ・・・・・と思った次第。

図書館で青木和子さんや大塚あや子さんの本を借りてきて、見よう見まねで練習しています。
スプリットステッチ?コーチングステッチ?
聞いたことも見たこともない刺し方が出てきます。
やるしかないよね。
アウトラインで面を埋める。チェーンステッチでも埋める。
サテンステッチはやはり最も難しいけれど、
アウトラインやチェーンステッチやスプリットステッチで埋めるのもテイクにとっては難しい~~。

毎日毎日時間を見つけてはチクチク刺繍。(刺子と同じ表現でいいのか?)
専用ノートに練習で刺したものを貼って反省しながら次へ・・・

july_05.jpg
最初に仕上がったものは何だか嬉しくてノートに貼る前に玄関に飾ってみました!

july_06.jpg
練習用の生地は端切れや廃棄予定のブラウスなどです。

july_07.jpg
反省文も書いたりしていかにもそれっぽい練習帳。

july_08.jpg
大塚あや子さんの野菜シリーズで、
サテンステッチはもちろん、アウトラインステッチやチェーンステッチで面を埋める練習をしました。
下描き通りの形にならなく落ち込む落ち込む。

手仕事倶楽部でも刺繍ブームになりそうで、
今年の文化祭には刺繍作品を出展!とういう雰囲気が出始めています。
どうなるかわかんないけれど・・・。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

え~~っ!? :: 2016/05/07(Sat)

そりゃないでしょう、と思わず言いたくなるような・・・。

のりきちさんち
にお邪魔して知ったのですが(ネット散歩で立ち寄らせていただいたのですけどね)、
「嫁入り道具の花ふきん教室」という本が出版されていたんです。
思わず「え~~っ、そうなの~?」って心の中で叫びましたわよ。

だって、暮らしの手帖で例の花ふきんが特集されて、二つ三つの伝統柄の刺し方など掲載された後、
「嫁入り道具の花ふきん」というのにまとめられて出版されたものを、テイクみたいなのが思わず買ってしまった訳です。
で、開いてみれば刺し子布巾の写真はあるものの、それをどう刺すのかと云うことには触れずじまいで、
購入者の評価もあまり芳しくはありませんでした。

のりきちさんが刺し子を始めた模様で図書館で借りてきたという本が上記の「嫁入り道具の花ふきん教室」なのです。
のりきちさんが刺し子を始めてくれなければ恐らくテイクは「教室」本のことは知らずじまいだったでしょう。
そんな本が出ていたことを知ったのはラッキーと云えばラッキー。

早速、その本を買って中身を見たらば、地刺し(花刺し、親亀子亀、六文銭…等々)は運針が基本とのこと。
そうだよね~昔々生活に必要で生まれた刺子は、
いちいち線を引いてああだこうだなんてやってる訳はないと知っていましたが、
いざ4㎜の針目の運針の組み合わせでと言われると、ちょっと怖気づきそうです。
でも、5㎜方眼をチャコペンで晒に書いていた今までの大変さを考えれば、
4㎜運針が合理的かなとも思えます。ま、一度は挑戦してみなくっちゃね。


may_08.jpg


冬の間ご無沙汰だった刺し子を再開するかな。
・・・というか、本を見たらあれこれ夢は膨らむ~状態です。
地刺し以外の伝統的刺子の図柄も取り扱っているので色々やってみる価値あり。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

口だけ参加、手仕事倶楽部 :: 2015/03/13(Fri)

手が使えないから今日の手仕事倶楽部は口だけ参加。
みんなそれぞれのものを編みながら、すんごく賑やか。
口しか使えないテイクが負けそうなくらい喋る。
1時から4時過ぎまで大笑いの連続でした。
なんであんなに愉しい人ばかりなんだろう、と思うくらいです

テイクの骨折のことを話しながら「私も手首やったのよ」と言う人が他に3人もいてびっくり。
ここまで生きてくると怪我をしたり大病したりするもんなんですね。

グリーンサムTさんが完成させたオパール毛糸のベストが素敵でした。
テイクも手首が快復したらあれを編みたい。
ティーダさんのマフラーが完成しました。これもオパール毛糸で綺麗な色合いです。
この色でセーターを編むと良さそうね~とみんなの評価。
S美さんは腹巻帽子をラメ入りの毛糸で編んでいます。
検査結果は転移なし、という嬉しいニュースを持ってきてくれました。あ~良かった!
T沢さんはもうサマーニットに手を出してます。透かし編みの長めのセーター。
素敵な色の糸を用意してました。
Iさんは太めの毛糸を輪針で編んでいます。
所々に面白い感じの糸でアクセントを入れたオシャレなベスト。
Hさんはベストを編み始めると云うことでみんなの様子を見に来ました。来月から参加するそうです。

とにかく楽しかった。特に今日はそんな感じです。春が近いから?




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。



  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

大チョンボ :: 2015/03/02(Mon)

腹巻帽子を編み終えて、今度は襟付きカーディガンを編み始めました。
オパール毛糸に比べたらかなり太い糸なので、効率よく編み進みます。
編物にどっぷり浸かっているから手も速く動くようになっているし、
ずんずん調子よく後ろ見頃の袖下まで、68段のメリヤス編み完了!
で、次は6メ伏せ目でうんたらかんたらだったわよねえ・・・と思いながら、
先日Tさんに書いてもらっただいたいの編み図を見てみましたらば、ぎょっ!

なんと減らし目しながら台形に編まなければならなかったのです。テイクはまっすぐ上に向かって編んだだけ。
そっか、思い出したぞ。
「この減らし方はベストでもやったからもう大丈夫でしょ?」な~んてTさんに言われましたっけね。
そうだそうだそうだった。

全くもう~何たるおっちょこちょいの大チョンボだ。
がっくりしてても仕方がない。
どうしようもないので潔くメリヤス編みの8段目までざぁ~っと解いて、編み直し始めました。
アッという間に袖下まで編んでやるぅ!ってな気持ち。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。



  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

届いた! :: 2015/02/27(Fri)

日曜日に注文しておいたオパール毛糸「浜辺の宝物」と云うシリーズの8個セットが届きました。
早い!どうしてこんなに早く届くんだろう・・・・。

8個とも全部違う色です。
見ているだけで楽しくなってきます。


2015feb_08.jpg
2015feb_09.jpg


これを深く考えずに適当な所で色を変えながら編んで、まずはベストをつくります。
ゆくゆくはカーディガンを編みたいんですけどね。このページにある写真のような。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。



  1. 手仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ