Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




鯖カレー :: 2018/02/12(Mon)

どこかで見かけた鯖カレーを作ってみたくてずっとレシピは確保してあったけれど今まで出番がなかった。

18氏が参加しているギターサークル練習日が今週は月曜日に変更された。6時ごろ出て行くので、ささっと一人で先に食べてもらえるものを・・・と考えるとカレーが手っ取り早い。ジャワカレーじゃなく、チキンカレーでもなく、今日は鯖カレーなのだ。

クミンシードを焦がさないようにじっくり炒めるところから始まり、玉ねぎ3個の薄切りを20分ほどきつね色になるまで炒める。その後も手もかかり時間もかかる手順を経て出来上がったのだけれど・・・・・

う~~ん悪くはないけど、手間をかけただけの手応えがなく残念な味と云った感じ。同じ手間をかけるならいつものチキンカレーの方が断然おいしいねと意見が一致して、鯖カレーは今後テイク家の食卓には上らないこととなった。

2018february_14.jpg


玉ねぎ、にんにく、生姜、トマトピューレ、トマト缶、鯖の水煮缶、ほうれん草、チャツネの代りのアプリコットジャム、そして香辛料各種が入っている。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

粕汁 :: 2018/01/24(Wed)

自然食品を扱う店「蔵楽(くらら)」で先日いただいた酒粕があったので昨晩は粕汁を作った。蔵楽は本来は手作り味噌の店だけれど栃木のお酒も売っているし、自然食品も色々扱っている。わが家は味噌は日野屋さんのものを使っているし、お酒は湯本の月井商店で仕入れるので、蔵楽では三州三河味醂や料理酒、オーガニックのオリーブオイルを買う。

月井商店で買った鳳凰美田の酒粕でゼリーを作ったら美味しかったので、これも酒粕ゼリーにしようかなと云ったら、う~ん鳳凰美田のより落ちるので粕汁なんかがいいと思いますよと勧められた。で、昨晩作ってみたらば手前味噌ながらと~~っても美味しい。恥ずかしながらこの歳になるまで自分で粕汁を作ったことがなかったのでちゃんとした(?)作り方がわからない。

そこで、美味しい作り方を時々教えてもらう白ごはんドットコムで教えてもらったらば、本当に美味しいのだ。この大那の酒粕も風味豊かで美味しいということなんだなぁ。香りがいい。昆布と椎茸の出汁もちゃんと役割を果たしている。鮭とたっぷりの野菜の御馳走が出来上がった。我が家の冬の食卓には鍋物と具だくさんの汁が入れ代わり立ち代わり頻繁に登場する。寒さにはぴったりの料理だもん。美味しいよ、美味しいねと言いながら食べられるのは幸せなことだ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ヤーコン :: 2017/12/28(Thu)





2017_december12.jpg


食べたことも食べようと思ったこともなかったけれど、名前は聞いたことがあった。芋の種類だと思っていたけれどキク科の植物の根っこらしい。一昨日、日野屋さんで頂いて来た。しゃきしゃきしてるから生でサラダで食べてみてとのこと。どう取り扱っていいのか不明なのでクックパッドで教えてもらったら、皮をむいて薄く切って酢水に晒して、サラダに、人参ときんぴらに、天ぷらに、など料理方法が出てきたのでとりあえずサラダで食べてみた。確かに甘くてしゃきしゃきしている。不思議な植物であり食材だ。昨晩は薄く切って衣をつけて揚げてみた。しゃきしゃき食感も甘みも残っていて、塩を振って食べたら美味しかった。3日目の今日はエスニックサラダにしてみよう。ヤーコンと胡瓜の千切り、茹でた海老と春雨をナンプラーとレモン汁、ニンニク、玉ねぎと和えてみる。もちろんパクチーも忘れずに。期待は高まる・・・・・

2017_december13.jpg
ムフフ 美味だ
パパイアサラダの代用にもなりそうな食感

2017_december14.jpg
主菜はガパオライス~~
テイクの好みの味で美味しい
明日の晩ご飯も今日と同じと言われても平気

まだまだたくさん残っているヤーコン。正直言うと食べている間に飽きてくるので作るならちょこっとでいい、というのが昨日までの感想。でもエスニックサラダにするとどんどん食べられる。と言っても連日ヤーコン料理というのはきつい。秋から冬が食べごろと云うからまた来年、日野屋さん経由で少しいただければ万々歳!



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

玄米スープ、玄米おじや、ガパオライス :: 2017/11/11(Sat)

昨日、初めてガパオライスなるものを作った。聞いたこともない名前の料理が、パクチーとナンプラーでレシピ検索したら出て来た。そう、パクチーとナンプラーで何か食べたいと思ったのだ。手元には春雨サラダのレシピがあるけど、それ以外の何かがないかと探したらタイ料理のガパオライスに出会った。もちろんナンプラーとパクチーはあるし、レシピで必要なパプリカもピーマンも鶏ひき肉も冷蔵庫にあったので、早速挑戦してみた。美味美味。テイク好みの味だ。パクチーが苦手の18氏はどうかなと思ったけれどこれくらいなら大丈夫らしく、美味しいと言ってくれた。ナンプラーとパクチーとレモン(レシピにはライムと書いてあったけどライムは手に入らない)の組み合わせがいいんだな。我が家のエスニックの定番にしよう。(18氏はしょっちゅうは嫌だと云ったけれど・・・)ムフムフワクワク嬉しいな。

もう一つ、これはここのところ何回か作っている料理(と云えるほどではないが時間はかかっている)の玄米スープと玄米おじや。かの「いのちのスープ」総本家(?)の辰巳芳子さんのレシピで作ってみたらば、これが何とも言えず滋養に満ち満ちていると、舌と体と心で感じることができるスープとおじやだったのだ。香ばしくってす~っとした淡いうまみ、淡いけれど深い美味しさ。材料は玄米と梅干と昆布だけなのだけれど、それで美味しい。スープをとった後に残った玄米でおじやを作る。出汁で煮て少し塩を入れる。それに温泉卵を添えて葱を散らして食べるお勧めの一品だ。干しシイタケのスープも作ってみようか。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

嗚呼 パクチーにナンプラー :: 2017/07/04(Tue)

年中あるといえばあるけれど、この季節になると自分ちで栽培もできるパクチー。
シアントロとかコリアンダーとかシャンツァイとか色々呼び名がある。
エスニック料理が日本でよく食べられるようになってパクチーという呼び名が多く聞かれるようになった。

去年は種まきが遅すぎてちゃんと育たなかったし、今年は種まきそのものを忘れてしまった。
でも大丈夫。
近くのスーパーの「私が育てました」コーナーにも出ているから手軽に手に入って便利な世の中だ。
だぁ~~い好き。

一昨日の東京新聞日曜版の料理の紙面に、「ピリ辛春雨サラダ」の作り方が載っていた。
味付けはナンプラーとレモンで美味しそうだし、おまけにパクチーもたっぷり使う。
春雨やネギ、ニンニク、ショウガ、唐辛子は家にある。
ナンプラーとパクチーと鶏挽きを買ってきて昨夜、早速作って食べた!
美味しい~~。
茹でた春雨は水にさらさないでザルにとってそのまま冷ましておく、というレシピだ。
そんなの初めてだけれどやってみたらば、確かに食感が全く違ってこれはこれでいいなぁ。
サラッとしてなくてモチッとしている。

パクチーは嫌い、ナンプラーも出来れば避けたい・・・という嗜好の18氏も何とか口に入れていた。
ナンプラーの臭さを軽減するために少しだけパクチーを乗っけるのがいいなぁ、だって。
お互いのクセの強さを相殺するんだそうだ。

夏の間は少なくとも週に1度はパクチーとナンプラーを使うからねとレシピを検索していくつか手に入れた。
次回は海老を使おう、ミントも合うよねと出来上がりを空想する。
ああ嬉し。週二でもいいか。






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

白いカツ丼 :: 2017/02/01(Wed)

february01.jpg
金曜日の東京新聞30面に「ジモトのFood」という囲み記事が掲載される。

1月の最終金曜日は豊島区西池袋にある「セントポールの隣り」というレストランの「白いカツ丼」が紹介されていた。普段はそんなに読まないけれど「白いカツ丼」って何?と興味を引かれて読んだらば、鶏むねのチキンカツ、山芋のとろろ、温泉卵、キムチ、きざみ海苔をご飯に乗っけて、葱、胡麻、特製の甘辛たれをかける・・・とある。ほっほぉ~~面白い。美味しそうぉ。作らない手はない。

美味しいキムチを売っている業者用のマーケットに20分かけて行って仕入れてきた。他の具材は冷凍庫と冷蔵庫にあったので、一昨昨日の晩ご飯に作ってみた。特製のたれがどんなものかわからないけれど少し薄めのカツ丼のたれを作ってそれをかけながら食す。予想通り美味しい!キムチと山芋と温泉卵と海苔とネギと胡麻の兼ね合いがとても良い。チキンカツは無くてもいいよねと25は思ったけれど、18氏はそりゃ鶏むねといえど肉があった方がいいという意見だった。肉がないと物足りない気がしないでもないし、カツがないとカツ丼にならないから、まいっか。

立教大学の隣にあって立大卒のオーナーが経営し、アルバイトも立教の学生ならお客も8割が学生という手頃なレストラン。「白いカツ丼」は実は夏場に食欲をなくしたアルバイト学生のために作った賄い料理だったそうだ。それが美味しいと評判になりメニューに加わったという訳なんだけど、賄い料理ってどこでも結構おいしいのよね。

テイク家のレシピがまた一つ増えた。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

土井善晴さんのレシピ :: 2016/12/05(Mon)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写りも色も綺麗ではないけれど
これは料理研究家・土井善晴さんのレシピで
テイクが作った「ほたて豆」
新聞の写真はもっと薄い色で美味しそうなんだけどね
家にあった小さ目のボイルホタテの数がレシピの五分の三だったので
大豆も調味料も五分の三にした(つもり)
きっと計算間違いをしたのだろう
確かに濃い味だったけれど 美味しかったから良し

作り方がおもしろい
豆料理って豆を一晩水につけておく所から始まるのだが
これはハナっから煮汁(水・砂糖・醤油)につけて一晩おくのだ
で 次の日にそのまま火にかけて静かに弱火で煮る
1時間煮たらほたてをいれてまた1時間ほど煮る
そのまま自然に冷めるのを待たなければならない
(味を染ませておいしく食べる為に ね)
だから時間はかかる けれど美味しい


december_06.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜版に毎週掲載される「土井善晴の料理は楽し」のファンだ
今年の夏の冷やし中華は土井善晴レシピで何度も作った
土井流「冷やし中華スープ」からもう逃れられない
夏野菜たっぷりの「にゅうめん」も美味しかった

テニス仲間の一人も日曜版の料理を時々作ってるみたい
あれを作った これも作ったと彼と情報を交換し合う

「海老チリ」は海老の殻がパリパリにならなかった
強火で焼きつけるのがポイントと書いてあったのに
充分に焼きつけなかったのが原因だわね
「牛蒡入りミンチカツ」も美味しい
テニス仲間が二回も作ったという「焼き飯」を今度作ってみよう
最後に熱湯を少し振り入れてふんわり仕上げると書いてある

我が家の定番になりそうな料理満載で土井善晴先生さまさまだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

新玉ねぎ :: 2013/03/22(Fri)

先日、中瀬女子会で大笑いして過ごした叔母から一昨日新玉ねぎが届きました。
浜名湖に近いあの辺りは玉ねぎに向いている土地なんだそうで、叔母の家も何代も続く玉ねぎ農家です。

まずはやっぱりオニオンスライス。
甘くて美味しい春の味を堪能できます。しばらく続きそう~。
そして昨年も作った新玉ねぎの「ぽったら煮」。6個まとめて作りました。
今年は二回目なので出来は上々です。
鶏がらで出汁をとり昆布と梅干の種と粒白コショウと一緒にコトコト煮るだけなんだけど、
滋養に溢れているという感じで年に一度、この時季の楽しみになりました。


march05.jpg
 



cookingまた作ろう・・・






  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

台所で・・・ :: 2013/02/17(Sun)

昨日だらだらしたのが良かったのか、今日はすいすい気持ちよく体が動きました。

朝ご飯の後、ヨーグルト用密閉容器の煮沸消毒と昼食の味噌汁の出汁とり準備。
昼の味噌汁はだいたいが煮干しです。

お昼ご飯の後、カスピ海ヨーグルトの新しい菌と牛乳を混ぜて何枚かに折った布巾で包んで陽のあたる場所へ。
ヨーグルトの種と牛乳を混ぜて作りますが、3か月を目途に新しい菌で作り直すことになっているので、
ボチボチ作り直すか~と今日更新(?)しました。

何度かやっているうちに金柑のシロップ煮のパウンドケーキが美味しく作れるようになったので、
この間使い切ったシロップ煮もまた作りおきして、
ついでだから18氏がほとんど食べてしまうジンジャークッキーも焼いて補充。


今日はほとんど台所にいました。
18氏がまたオニオンスープを作ってくれることになり、今はあちらが台所にいます。
チーズが切れているから今日はただのオニオンスープ。
テイクはベーコンと春菊のパスタとニンジンサラダを作ります。



cooking
今晩は当然ワイン・・・






  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

夏野菜カレー~~ :: 2012/06/17(Sun)



晩ご飯は今年初の夏野菜カレーです。
去年までは畑でとれる野菜を使っていたけれど、
今年はこの先の引っ越しを考えて
借りていた畑を返上したので
自家製野菜ではありません。

せっせと料理しているのは18氏です。
このカレーはテイクは作らずいつも18氏任せ。
さてと、出来具合はいかがでしょうか~。


2012june09.jpg




cooking



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ