Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




嗚呼 パクチーにナンプラー :: 2017/07/04(Tue)

年中あるといえばあるけれど、この季節になると自分ちで栽培もできるパクチー。
シアントロとかコリアンダーとかシャンツァイとか色々呼び名がある。
エスニック料理が日本でよく食べられるようになってパクチーという呼び名が多く聞かれるようになった。

去年は種まきが遅すぎてちゃんと育たなかったし、今年は種まきそのものを忘れてしまった。
でも大丈夫。
近くのスーパーの「私が育てました」コーナーにも出ているから手軽に手に入って便利な世の中だ。
だぁ~~い好き。

一昨日の東京新聞日曜版の料理の紙面に、「ピリ辛春雨サラダ」の作り方が載っていた。
味付けはナンプラーとレモンで美味しそうだし、おまけにパクチーもたっぷり使う。
春雨やネギ、ニンニク、ショウガ、唐辛子は家にある。
ナンプラーとパクチーと鶏挽きを買ってきて昨夜、早速作って食べた!
美味しい~~。
茹でた春雨は水にさらさないでザルにとってそのまま冷ましておく、というレシピだ。
そんなの初めてだけれどやってみたらば、確かに食感が全く違ってこれはこれでいいなぁ。
サラッとしてなくてモチッとしている。

パクチーは嫌い、ナンプラーも出来れば避けたい・・・という嗜好の18氏も何とか口に入れていた。
ナンプラーの臭さを軽減するために少しだけパクチーを乗っけるのがいいなぁ、だって。
お互いのクセの強さを相殺するんだそうだ。

夏の間は少なくとも週に1度はパクチーとナンプラーを使うからねとレシピを検索していくつか手に入れた。
次回は海老を使おう、ミントも合うよねと出来上がりを空想する。
ああ嬉し。週二でもいいか。






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

白いカツ丼 :: 2017/02/01(Wed)

february01.jpg
金曜日の東京新聞30面に「ジモトのFood」という囲み記事が掲載される。

1月の最終金曜日は豊島区西池袋にある「セントポールの隣り」というレストランの「白いカツ丼」が紹介されていた。普段はそんなに読まないけれど「白いカツ丼」って何?と興味を引かれて読んだらば、鶏むねのチキンカツ、山芋のとろろ、温泉卵、キムチ、きざみ海苔をご飯に乗っけて、葱、胡麻、特製の甘辛たれをかける・・・とある。ほっほぉ~~面白い。美味しそうぉ。作らない手はない。

美味しいキムチを売っている業者用のマーケットに20分かけて行って仕入れてきた。他の具材は冷凍庫と冷蔵庫にあったので、一昨昨日の晩ご飯に作ってみた。特製のたれがどんなものかわからないけれど少し薄めのカツ丼のたれを作ってそれをかけながら食す。予想通り美味しい!キムチと山芋と温泉卵と海苔とネギと胡麻の兼ね合いがとても良い。チキンカツは無くてもいいよねと25は思ったけれど、18氏はそりゃ鶏むねといえど肉があった方がいいという意見だった。肉がないと物足りない気がしないでもないし、カツがないとカツ丼にならないから、まいっか。

立教大学の隣にあって立大卒のオーナーが経営し、アルバイトも立教の学生ならお客も8割が学生という手頃なレストラン。「白いカツ丼」は実は夏場に食欲をなくしたアルバイト学生のために作った賄い料理だったそうだ。それが美味しいと評判になりメニューに加わったという訳なんだけど、賄い料理ってどこでも結構おいしいのよね。

テイク家のレシピがまた一つ増えた。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

土井善晴さんのレシピ :: 2016/12/05(Mon)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写りも色も綺麗ではないけれど
これは料理研究家・土井善晴さんのレシピで
テイクが作った「ほたて豆」
新聞の写真はもっと薄い色で美味しそうなんだけどね
家にあった小さ目のボイルホタテの数がレシピの五分の三だったので
大豆も調味料も五分の三にした(つもり)
きっと計算間違いをしたのだろう
確かに濃い味だったけれど 美味しかったから良し

作り方がおもしろい
豆料理って豆を一晩水につけておく所から始まるのだが
これはハナっから煮汁(水・砂糖・醤油)につけて一晩おくのだ
で 次の日にそのまま火にかけて静かに弱火で煮る
1時間煮たらほたてをいれてまた1時間ほど煮る
そのまま自然に冷めるのを待たなければならない
(味を染ませておいしく食べる為に ね)
だから時間はかかる けれど美味しい


december_06.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜版に毎週掲載される「土井善晴の料理は楽し」のファンだ
今年の夏の冷やし中華は土井善晴レシピで何度も作った
土井流「冷やし中華スープ」からもう逃れられない
夏野菜たっぷりの「にゅうめん」も美味しかった

テニス仲間の一人も日曜版の料理を時々作ってるみたい
あれを作った これも作ったと彼と情報を交換し合う

「海老チリ」は海老の殻がパリパリにならなかった
強火で焼きつけるのがポイントと書いてあったのに
充分に焼きつけなかったのが原因だわね
「牛蒡入りミンチカツ」も美味しい
テニス仲間が二回も作ったという「焼き飯」を今度作ってみよう
最後に熱湯を少し振り入れてふんわり仕上げると書いてある

我が家の定番になりそうな料理満載で土井善晴先生さまさまだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

新玉ねぎ :: 2013/03/22(Fri)

先日、中瀬女子会で大笑いして過ごした叔母から一昨日新玉ねぎが届きました。
浜名湖に近いあの辺りは玉ねぎに向いている土地なんだそうで、叔母の家も何代も続く玉ねぎ農家です。

まずはやっぱりオニオンスライス。
甘くて美味しい春の味を堪能できます。しばらく続きそう~。
そして昨年も作った新玉ねぎの「ぽったら煮」。6個まとめて作りました。
今年は二回目なので出来は上々です。
鶏がらで出汁をとり昆布と梅干の種と粒白コショウと一緒にコトコト煮るだけなんだけど、
滋養に溢れているという感じで年に一度、この時季の楽しみになりました。


march05.jpg
 



cookingまた作ろう・・・






  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

台所で・・・ :: 2013/02/17(Sun)

昨日だらだらしたのが良かったのか、今日はすいすい気持ちよく体が動きました。

朝ご飯の後、ヨーグルト用密閉容器の煮沸消毒と昼食の味噌汁の出汁とり準備。
昼の味噌汁はだいたいが煮干しです。

お昼ご飯の後、カスピ海ヨーグルトの新しい菌と牛乳を混ぜて何枚かに折った布巾で包んで陽のあたる場所へ。
ヨーグルトの種と牛乳を混ぜて作りますが、3か月を目途に新しい菌で作り直すことになっているので、
ボチボチ作り直すか~と今日更新(?)しました。

何度かやっているうちに金柑のシロップ煮のパウンドケーキが美味しく作れるようになったので、
この間使い切ったシロップ煮もまた作りおきして、
ついでだから18氏がほとんど食べてしまうジンジャークッキーも焼いて補充。


今日はほとんど台所にいました。
18氏がまたオニオンスープを作ってくれることになり、今はあちらが台所にいます。
チーズが切れているから今日はただのオニオンスープ。
テイクはベーコンと春菊のパスタとニンジンサラダを作ります。



cooking
今晩は当然ワイン・・・






  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

夏野菜カレー~~ :: 2012/06/17(Sun)



晩ご飯は今年初の夏野菜カレーです。
去年までは畑でとれる野菜を使っていたけれど、
今年はこの先の引っ越しを考えて
借りていた畑を返上したので
自家製野菜ではありません。

せっせと料理しているのは18氏です。
このカレーはテイクは作らずいつも18氏任せ。
さてと、出来具合はいかがでしょうか~。


2012june09.jpg




cooking



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

おだんご :: 2012/05/25(Fri)

とっても簡単なおだんごを作りました。

may25.jpg

ほぼ日で進行中の 「なかしましほさんの『小さなレシピを1ダース』」 の第三弾です。

白玉粉と木綿豆腐を練って茹でてたれをつけるだけ・・・。
何と簡単でテイク向きのレシピでしょ。
お豆腐の味のするみたらし団子ってちょっと不思議ですけど、ね。


cooking



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

子大豆もやしの炊き込みご飯 そして・・・ :: 2012/05/22(Tue)

3月下旬の気温だとか。ほんとに寒かった~。タイツを穿いてしまった。袢纏を出したくなったけど我慢して重ね着に重ね着をした。最後にはストーブも点けた。明日の予想最高気温は28度。何という・・・・・




生活クラブの配達日。特に意識せず注文したもやしがいつものとは違います。
長野県産。紙の袋に入ってる・・・。
でもって、その袋には「子大豆もやしの炊き込みご飯」のレシピも載っています。
これは作るしかない!ではあ~りませんか。

17may.jpg18may.jpg


ごま油とかコチュジャンとかニンニクのすりおろしとかを使うので、韓国風か?
和風じゃないことは確か。ま、とにかく作ってみました。
味付けの、醤油、ごま油、ニンニクのすりおろし、コチュジャン、一味唐辛子、全てが「適量」と書いてあるのです。
何といい加減な!



19may.jpg

だからテイク加減で味を付けましたけど、
18氏曰く「もうちょいピリッとしてる方が良い」
テイクが思うに「もっとニンニク入れれば良かったな」

もやしのシャキッとした食感が物足りない味付けをカバーしてくれて、
それなりに美味しゅうございました。



晩ご飯の用意をする直前に、またまたハニージンジャークッキーを焼いてしまいました。
只今この味に首ったけ。
この2週間、何度も焼いたのでさすがに腕は上がっているなと、我ながら思える味と焼き加減です。

20may.jpg



cooking



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

毎日食べたい「ごはんのような」クッキー :: 2012/05/08(Tue)

「今日は落ち着いた一日になるでしょう。洗濯日和です。」と予報士さんが仰ってました。
生活クラブの注文をギリギリで書き込み、配達があるまでチクチク刺し子。
あれをやったりこれをやったりしながらのチクチクだから捗らないことと言ったらありません。
もう何日も前身頃に費やしていて、いつになったら仕上がるんだか・・・。






07may.jpg

「外に出たくない病」発症。
「晩ご飯作りたくないなあ病」も時々ありますし、「買い物に行くのが面倒病」にも時々かかります。
単なる怠け病。

後回しにすると追いつめられるだけだから、
エイヤッと掛け声をかけて自動車税の振り込みをする為に出かけました。
ついでにお米を買って
畑に残っているニンニクの様子を見に行って
図書館で予約してあった本を借りて・・・。
ちゃんと全部の用事を済ませて帰ってきました。

借りてきた本は
「まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本」
材料が全部うちにあったので「基本のクッキー」というのを焼いてみました。
簡単。
甘さ控えめでサクサクしていて、クセになるかも知れない味です。




wreath


  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

初めてのケーク・サレ :: 2012/05/02(Wed)

03may.jpg 生活クラブの月刊書籍紹介紙「本の花束」で見かけた本を図書館で借りました。中身を見て、美味しそうだなあ~と思ったまま1週間以上放置。
借りてきたんだから一度は挑戦してみなくっちゃと思ってはいたのですが・・・。

今日、18氏が連休の初日を迎えたので気分的にのんびりしたのもあって、作る気になりました。初めての物って手順がよくわかっていないから中々ササッと行かないのですが、このケーク・サレ、考えていた以上に簡単でした。手抜き好きのテイクにはいいかも知れません。

ケーク・サレとはフランスのお惣菜ケーキと云うものらしく、休日のブランチなんかに重宝するみたいですよ。我が家では晩ご飯のワインの為に作ったんですけど、確かにブランチの方がいいかな。思い込みの強い18氏はケーク何とかと聞いただけでお菓子みたいなものというのが頭にこびりついてしまったようで、余り印象はよろしくなかったようです。



今日作ったのはシーフードミックスとマッシュルームとチェダーチーズのコンビネーション。本ではココット容器を使っていますが我が家にはないのでパイ皿で焼きました。パウンド型で作ったりマフィン型で作ったり、中身は変わらないのだから何でもいいんです。

チーズたっぷり。生クリームやバターや牛乳にサラダ油といった脂肪のオンパレードでかなりカロリーが高い一品だと思います。美味しかったけれど胃に重い・・・。

「お昼ご飯、何にしようか?」という時に、たま~に作ってみてもいいかな。
04may.jpg




cooking



  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | comment:0