Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




「一人でもデモ」 :: 2012/03/30(Fri)

ドイツ在住の方のサイト「ほぼ毎日ドイツ」でアイディアをいただいて、24日の「さようなら原発1000万人アクション~再稼働を許さない」に参加する為に作ったミニプラカードを、玄関ポーチに置いてある植木鉢に立ててみました。
道行く人の目に留まればいいなあ。
1人でもできるデモです。

これが私のできること。

hitoridemodemo01.jpg


hitoridemodemo02.jpg



これも集会に参加する為に作ったぶら下げ型意思表示グッズ。
持ち歩くバッグにぶら下げておけば「一人でもデモ」ができます。






  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

かつて原発推進派だったメルケル氏、その考えを脱原発に決意させた背景 :: 2012/03/29(Thu)



ドイツで長年にわたって続けられてきた国民的な反原発運動が、福島の事故を契機に大きく前進し、
それによって原子力物理学者で原発推進派のメルケル首相は潔く自分の立場を推進から脱原発へと変えました。

私たちにもできるはずです。
合言葉は「とにかく諦めない。」


放射能おことわり


  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アコースティックコンサート@山梨市根津記念館 :: 2012/03/28(Wed)

山梨県の山梨市正徳寺という所に「根津記念館」があります。鉄道王の異名を持つ根津嘉一郎の生家(大邸宅)です。(根津記念館

「社会から得た利益は社会に還元する義務がある」という信念のもと、特に教育文化振興に寄与しました。この信念は素晴らしいですね。昔の実業家は単に利潤を追求するのではなく、得たものを社会の為に使うという姿勢が強かったように思います。現在の大企業には爪の垢を煎じて飲んで欲しいものです。大事故を起こしながら何ら責任を取ろうとしないひどい企業は特に。


totoro.jpg


で、この写真は何かと申しますと、3月25日に根津記念館の庭で開かれたアコースティックコンサートの一場面です。オカリナが演奏する「となりのととろの『さんぽ』」に合わせて歩く楽しい4人組。一番後ろに居るのは山口進さんという若い歌手で、5人の出演者の中で一番良かったです。


flowers



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

さようなら原発1000万人アクション :: 2012/03/25(Sun)

写真00276


昨日、日比谷野外音楽堂で開かれた「さようなら原発1000万人アクション~再稼働を許さない」集会と行進に参加。
雨の中6000人が集まりました。
山梨を出ていく時には快晴で気温も高く着ているものを一枚脱いで行ったのに、
なんと東京は氷雨が降っていてびっくりしました。
もちろん傘も持っていないので500円のビニールカッパを買って震えながらスピーチを聴きました。

澤地久枝さんが9月の集会の時よりお元気そうに現れて、力強いスピーチをされました。
「相手は何が何でも再稼働をしようとしているけど、原発が日本から、世界から無くなる最後の最後まで私たちは諦めないで進みましょう。」と。
寒かったけれど澤地さんの声が聴けて嬉しかったです。

新潟で柏崎刈羽原発廃炉運動をしている方は、
「柏崎刈羽が全て停止されたら、もう再稼働は絶対させないと、今この時、柏崎では500人規模の集会を開いています。100%集めたと、この場で報告できないのは残念だけれど、目標としていた署名の95%が集まりました。」と挨拶。

島の人口の10分の1の署名を集めようと署名活動を始めた屋久島では、目標の2倍の署名が集まったそうです。
日本各地、世界各国から多くの署名が寄せられていますが、1000万人には及ばず現在550万筆。
もっと頑張らなくちゃいけないのですね。


bird



  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

武藤類子さんを囲む会 in 北杜市 :: 2012/03/20(Tue)

>

1月28日に山梨県北杜市で開かれた 武藤類子さんを囲む会の模様がYou Tubeにアップされました。

2011年3月11日の地震、原発事故、避難などのお話や、福島県三春町に住む武藤さんの、チェルノブイリ事故後に反原発運動に関わるようになってからの経験談をお聴きすることが出来ました。

イギリスの女性たちが始めた「非暴力直接行動」のこと。高い壁となって立ちはだかる相手に対して同じような壁を作って闘っても仕方がない。縦に対して私たちは横に広がってその壁を取り囲めばいいと思う。・・・など、これからどのように進んだらいいのだろうと思っていた私は大いに励まされて帰ってきました。素敵な女性です。

flower



  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

3月11日のこと :: 2012/03/14(Wed)

3月11日、あの震災から1年経った日、私は小学6年生の関根悠一郎君の個展に行って、大いに楽しみ、その後通った駅前で新婦人の会の反原子力を訴える署名用紙に署名して、2時からラグビーの日本選手権準決勝を観て、2時46分にその時刻を告げるサイレンを聞いて、ラグビー中継を観終って、自分のスケッチブックを取り出して関根悠一郎君の真似をして万年筆で色々描きました。

行進にも集会にも参加しなかったけれど、2時46分のサイレンに合わせて黙祷もしなかったけれど、この一年想い続けてきた気持ちはこの日も変わらずにありました。

特別番組一色だったテレビもラジオも視聴せず、いつもと変わらず、でも知らず知らずこの一年を振り返り、静かな、でも決して穏やかではない気持ちで過ごした私の3月11日でした。

ajisai


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

小学生って面白い・愉しい・素晴らしい :: 2012/03/13(Tue)


関根悠一郎ペン画
甲府市の元麻布ギャラリーで開かれていた小学6年生の関根悠一郎くんが今までに描いたり作ったりした絵やオブジェ、その他諸々の展覧会に行って来ました。
この絵は直径10cm位の縁の中に細かい線や丸三角四角や何とも言えないものがたくさん詰まっているペン画を白黒反転させて印刷したもの。10分くらいで描き上げたんですって。


>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「偏愛ムラタ美術館」 :: 2012/03/09(Fri)

muratabijutukan

村田喜代子「偏愛ムラタ美術館」(平凡社)を読みました。面白い!

>>続きを読む

  1. | trackback:0
  2. | comment:0

あさこはうすへ手紙を出そう~ :: 2012/03/07(Wed)


あさこはうす
青森県大間と言ったらマグロを思い出す人が多いのでしょうが、35年前から原発建設計画が進んできた地でもあります。当初は建設に反対して土地を売らなかった人々も、歯が欠けるようにして土地を手放していきました。そんな中で一人、原発建設に反対し土地を売らなかった熊谷あさ子さんがいました。畑のあったその土地にログハウスを建てて住み始めたのですがあさ子さんが亡くなった後、遺志を継いで娘の小笠原厚子さんがその土地を守っています。

>>続きを読む

  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

石巻・鮎川浜で・・・ :: 2012/03/02(Fri)


wanage.jpg

写真は先日も書いた石巻でのイベントでの、輪投げコーナーの様子です。
地元の人と宮城県外のあちこちから出かけて行った人が一緒に楽しみました。




>>続きを読む

  1. 支援
  2. | trackback:0
  3. | comment:0