Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




二槽式洗濯機生活 :: 2012/11/30(Fri)

那須に引っ越すと同時に全自動洗濯・乾燥機から二槽式洗濯機に変えました。
7~8年使っていた全自動洗濯・乾燥機の調子が最初からず~~と良くなかったことと、
使い手の思うように使えない不便さが嫌でした。

「あ、入れ忘れた!」と思ってもすぐに蓋は開かないし、
洗濯が終わるまで時間はかかるし、
マット類やシーツ類などは一枚では偏ってしまって洗えないし・・・
不便と言ったらありませんでした。

やっぱり単純簡潔なのが一番。
それほど必要としない色々な機能なんて、なくても全然問題はないのです。
退職後、家電量販店で週二日ほどアルバイトをしている18氏の元同僚は、
「二槽式洗濯機は中々の人気なんだよ。」と仰っていたそうです


確かにいちいち洗いやすすぎが終わる度に洗濯機まで行って
脱水槽に移す手間はありますが、そんな手間は全然苦になりません。
二回くらいは同じ水で洗えるし、洗濯にかかる全体の時間がすごく短くなりました。
替えて良かった。二槽式洗濯機生活万々歳です。




nonbiri





  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

小出さんのメッセージとビナードさんの講演会 :: 2012/11/28(Wed)


november25.jpg
(画像をクリック)

「政治は嫌い」といつも言っている京都大学原子炉実験所の助教、小出裕章さんのメッセージ。

国の行く先を決める重大な意味を持つ総選挙を控えた今、
投票権を持つ私たちはもう一度じっくり考えなくてはいけないということです。


東京電力福島第一原子力発電所の事故で原発の危険性とその実態を知った国民の8割は
もう原発は要らないと思っています。
それにも関わらず、脱原発をはっきりと表明している政治家はほんの少し。
政治家たちは国民の代表だという意識が欠如した輩だということが良く解ります。
私たちの抗議の声を「大きな音」としか思わない総理大臣。
「原発なんて些細な問題」と言って憚らない元都知事。
マスメディアが作る雰囲気に飲まれ、何も考えずに投票したらどういうことになるか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

去年の11月(あ、もう一年以上が過ぎてしまったんだ。)の経産省前の「福島の女たちに続け!全国の女たちの座り込み」で知り合って以来、時々貴重な情報をいただいたりしている 「生活クラブ浦和HP☆管理人2号」のひさごんさんのブログ で、先日、蕨市で開かれたアーサー・ビナードさんの講演会のことが取り上げられています。

アーサー・ビナードさんは、1967年米国ミシガン州に生まれ、
ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日して以来、
日本で詩作活動を続けています。
中原中也賞、講談社エッセイ賞、日本絵本賞ほかを受賞。
全国各地で講演をして「核の危険性」について訴え続けている詩人です。

動画(これもその一つ)で彼の講演会を観たり、詩集を読んだりする度に、
日本語に対する深い理解と解釈に驚かされます。
核の歴史や核を原子力と言い換え誤魔化しながら私たちを騙している現実、
原発の究極の目的は電気を作ることではなく核兵器を作ること・・・など多くのことを
毎回、色々な日本語の言い回しを面白おかしく引用しながらわかり易く説明してくれます。

蕨での講演会では、落語「猫の皿」に出てくる「鼻歌三丁矢筈斬り(はなうたさんちょうやはずぎり)」(意味はひさごんさんのブログにてご確認を)を引用して、低線量被曝とはこういうことだと説明したそうです。
何とわかり易い。

・・・・・・・・・・・・・・・・

また、参加するつもりでいたけれど引っ越しのゴタゴタで残念ながら行けなかった、10月27日に「銀行9条の会」主催で開かれたビナードさんの講演会では「蛍の光」が引用されていました。M保さんが送ってくれた参加者のレポートからその部分をご紹介します。少し長めですが・・・。

♦♦22年間、日本に住んで、この間に、日本語が変わって来た。
学んできた、使ってきた日本語、感覚が変わって来た。日本の歌には、いいものがあるが、がっかりしたものもある。
そのひとつがスコットランド民謡の“蛍の光”。元歌はアイルランド語で「AULD LANG SYNE」、英語ではOLD LONG SINCE。過ぎ去った昔の時間、昔の良き時代、過ぎ去って忘れてしまってよいものか、昔の友情を温め、絆を深めようと歌う。
我が家では、OLD LONG SINCEは、恒例で年末に歌ったものだった。

♦日本では、スーパー、デパートが閉店の知らせに“蛍の光“の曲を流す。
日本に来た最初の頃は驚いた。毎日毎日が年末、大みそかの気分になる。
ある時、飲み屋が看板ですよと“蛍の光“の曲を流していた。昆虫少年の僕は期待して、日本語の歌詞を調べてみた。ただ、出だしに“蛍”が出て来るだけで、勉強せよ!勉強に励め!“蛍”はタイトルに利用されただけと分かった。
諺、中国の昔話「啓蟄」を盗作しただけではないか。
それで、帝戦(帝国主義戦争)、侵略のため勉強せよ!と。

♦英語なら、もっと飲みたくなる台詞である。日本語の“蛍の光“は、人を馬鹿にしている替え歌みたいと、この20年位、僕は無視し、体内カラオケで歌ってきた。ところが、2011年の集会で、美しい女性が、“蛍の光”を歌うのを久しぶりに聞いて、何年も耳にせずにいた台詞が新鮮に響き、本質がわかった。
ガリ勉の対極、エネルギーの正しい使い方を教えている。
浪費する生活が、今の生活に組み込まれている。自販機に、「つめたい」「あったかい」とランプが煌々と点いている。この会場も、照明は半分でも十分ではないか。その点、蛍の光には有害物質もない、窓の雪を廃棄物と聞いたことはない、「啓蟄」利権などとも聞いたことはない。
それが、20年経って、ふと飛び込んできた。蛍の光も、窓の雪も、人が生きるための道、「啓蟄」エネルギー、地熱であり、風力であり、ソーラーであり、自然エネルギーではないかと、歌の向こうに透けて見える。放射能地獄から抜け出すためにも。

♦ペテン・エネルギー、原発の別れの歌、“蛍の光“を良いお別れの歌にしたい。古い歌から、新しい現象を見るレンズを使うことが必要である。
憲法が、そのひとつである。



レポートを書いた人の知り合いがビナードさんに、「小出裕章さんと対談する企画(案)はどうですかと 尋ねると、小出さんは超多忙の方、健康と身の安全が心配、小出さんさえ良ければ、私の方は喜んでとの回答があった。」そうです。実現したらいいな。



ajisai






  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雪、舞う :: 2012/11/27(Tue)

ウォーキングに出ようと玄関を出たら雪片が舞っています。
わ~お雪だ!

ちょっと足を伸ばしてポストのあるコンビニエンスストアまで歩いて、八千何歩。
少し歩き過ぎたと足が言ってる。家が近くなった頃から腿が重くなって来ました。
テイクたちには六千歩代がちょうどいいのではないかと思います。

時々ひどくなったり弱くなったりしながら結局一日中雪が舞っていました。
降っているんじゃないかと思っていたけれど、
物置設置予定の場所の土を削りに来てくれた業者さんが、「これは山から舞って来ているだけだよ」
「この辺はこれからこんな日が多くなる」「下の方は晴れているんだけどね」・・・
と、那須高原の冬のことを教えてくれました。

晴天が少ないのはちょっとしんどいかも知れないけれど、
他の季節が過ごし易いんだから我慢しよう。
本当には体験したことのなかった、ちゃんとした(?)冬篭りの季節が始まったんだ。



house






  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

お気に入りの店 :: 2012/11/26(Mon)





傘を持って朝のウォーキングに出た途中にエピ○○○に寄って、
黒田原駅近くの麹屋さん、正しくは「 日野屋麹製造元 」の小さな出店で二色納豆を買いました。
先日、11時ごろに行ったら売り切れていたので、朝一ならいいかなと寄ったのです。
さすがに7時ちょっと過ぎだから品物を並べ始めたばかりでしたが、
快く一つ売って下さいました。


november24.jpg

100%国産、那須の大豆が原料です。
250グラム入りだから3回くらいに分けて食べればいいかな。
味はどうなんだろう。今晩、食べるのがとても楽しみです。ウシシ・・。

一緒に並んでいる味噌や醤油にもそそられてます。
家にあるものが無くなったらいずれ試してみたい。
出店に居るのは日野屋さんの息子さんで、はにかみ屋の優しい感じの人です。

隣に品物を並べているのは、無添加ジャムを売る「two pot」さん。
白河からほとんど毎朝通ってきて出店しています。
この家を建てる計画を進めている時、何度か打ち合わせの為に那須に通って来ていました。
一度エピ○○○に泊まった時にこの出店に立ち寄って色々話を伺っていたら、
李は山梨の南アルプス市の有機栽培をしている農園から仕入れて作っているとのこと。
山梨と聞いてとても身近に感じて一つ購入したことがあります。
今朝は愛媛県の無農薬レモンを「虫にやられてるけど・・・」と言いながら二個手渡してくださいました。
マドレーヌを作ろっと。

我が家のダイニングテーブルを作っていただき、
すのこベッドもお願いしてある家具工房「kinome」さんのブログに
「two pot」さんの看板を納品したという記事があります。
こんなちょっとした偶然の繋がりが妙に嬉しいのは何故でしょう。



那須に来て、近くにお気に入りの店がいくつか見つかって本当に良かったなあと思っています。
チーズ工房 」もその一つ。
まだ種類は少ないけれど、若いご夫婦がチーズ作りに真面目に取り組んでいる様子がわかるし、
美味しいし、陰ながら応援しています。

「ゆきやなぎ」というフレッシュチーズは淡白でお豆腐みたいなチーズです。
塩とオリーブオイルか、わさび醤油と葱で食べると美味しいと教えていただいて、
やってみたら本当に美味しい。特にわさび醤油は病み付きになりました。
ヤギのチーズ「茶臼岳」も絶品です。




wreath




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

な~んにもしなかった :: 2012/11/25(Sun)

昨夜は二人して久しぶりに呑み過ぎて、すっきり起床できずラジオ体操もウォーキングもパス。

とってもいい天気なのにず~っと家の中に居ました。
11月分の家計簿の〆をして、臨時出費が多いなあ、ま、引っ越したばかりだから仕方がないかと結論を出し、
生協の注文票を書いて、あとは本を読んだりうたた寝をしたり・・・。



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

三連休~ :: 2012/11/24(Sat)

勤労感謝の日の金曜日から三連休が始まったんだぁ。
うっかりするとこういう世間的なスケジュールも抜けてしまうけれど、
ここに住んでいると混みそうな日として認識していなければなりません。

週末はこの別荘地内からは外に出ないぞと思いつつ、うっかり出てしまうこともあるのです。
今日も午後になって図書館に出かけてしまって、行きはよいよい帰りは・・・
主道路ではないから安心していたのだけれど、帰り道の近場に来て両方向のこの混雑には参った!
やっぱり出なきゃよかったということです。

月曜日から再開した朝のウォーキング。
18氏の出勤時間を気にせずにできるので冬スケジュールはラジオ体操後、と言うことにしました。
6時45分ごろ家を出て小一時間。およそ6800歩。
今日はお昼前にエピ○○○にあるベーカリーにパンを買いに行って
トータル一万四千何百歩、歩いたことになるらしい。
こりゃ歩き過ぎですぜ。

ピアノを弾いたりハニージンジャークッキーを焼いたりと
朝が早いから一日が長くていいなあ。
森麗子さんの本に従って昨日から始めた刺繍。
練習帳と称してチクチクしているんだけれどサテンステッチが難しくていけません。
今日、図書館で借りてきた本によると、一番上手い下手が出るステッチだとか。ガクッ。
上手くなれそうもなく途方に暮れてます。






テヘッ


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

総選挙 その2 :: 2012/11/22(Thu)



柚木ミサトさんの「たのむぞおとな」シリーズより。


november23.jpg


facebook で多田 篤毅さんの記事をシェアしてつけられたコメントは
「はい、たのまれました!」

それをまたシェアしたテイクは
「はい、わたしもたのまれました!
しっかりしようよ、おとな。」





今投票する大人たちに課せられている子どもたちの未来への責任。
マスコミの一方的な報道に騙されず、
雰囲気に飲みこまれず、
自分の頭でよく考えて、投票所に行かなくては。


flowers




  1. 雑感
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

至福の時 :: 2012/11/21(Wed)

昨日から庭(・・・と言っても笹が生い茂り篠竹も植え込みのツツジの間から威勢よく伸びているような土地)の「開拓」を始めました。
せっかくこの土地の前の持ち主が周りにツツジを植えてくれていたんだから、来年の春にはちゃんと花を咲かせてあげたい。
笹なんだかツツジなんだかわからないくらいの勢いの笹を根元から切る作業をしました。
そして、昨日今日の作業でツツジがすっきりして現れました。
切り取った笹や篠竹を、18氏が無農薬無肥料で畑をやるんだ!と「試行錯誤畑」にするつもりのスペースに運んで、
終わりっ!疲れたっ!

この作業のせいか、左側の背中に突如痛みが走る症状二回。
左手の人差し指がつり親指がつり何だ何だ?これはと思うような症状2回。
疲れているんでしょうね、きっと。


金沢に旅行に行ったからとKさんが解禁になったばかりのずわい蟹と甘海老を送ってくれました。
引っ越し祝いの贈り物です。ひぇ~~っ、びっくり。
さっそく今晩いただきました。何という贅沢。
カニみそ大好きの25はもう溜まりません。「香箱」と呼ばれる卵を抱いた雌も美味しい。
甘海老もその名の通り甘くてとろりとした食感が最高でした。

蟹を食べる時はみんな無口になると言いますが、全くその通り。
美味しい~幸せ~と時々言いながら、ただただ無心に食べるのでした。
これぞ至福の時!




flower




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

総選挙 :: 2012/11/20(Tue)

法案に賛成するから解散しろ、解散すると言わなければ国会での議論には応じない、云々かんぬん・・・
全く呆れてしまう政治家たち。
呆れているうちに自民公明の要求通りの解散総選挙となり、「馬っ鹿みたい」。

もう政治家には期待しないわい、と思っても棄権するのは悔しい。
小さな一票だけれどその一票が積み重なれば私たちの味方になる政府が出来るかも知れない、と
また今度も消えそうな淡い期待と心からの祈りを込めて投票するしかないのでしょう。
じゃあ誰に?どんな基準で?

それぞれの議員たちが原発についてどう考えているかを知りたいと思っていたら
「総選挙で、グッバイ原発。」 というサイトを見つけました。
自分の選挙区の議員たちが原発についてどう考えているのかを知るのに参考になりそうです。

日本が抱えている問題は原発だけではありませんが、
よくよく考えれば原発もTPPもオスプレイ配備・沖縄基地問題も全て根っこは同じなのではないでしょうか。
自主独立の政策をとらない限り落ち込んだ経済を根底から立て直すことも出来なさそうです。


「戦後史の正体」(孫埼亨 著)。選挙の前に読むのをお勧めします。
のほほんとしている間に日本の政治はこうなってしまっていたのか・・・と誰でも思う筈。



bird


  1. 雑感
  2. | trackback:1
  3. | comment:0

土いじり :: 2012/11/18(Sun)

昨日の側溝や道に隅っこに吹き溜まった落ち葉を処理する作業は雨の中を男衆でやり終えました。
(18氏が濡れて帰ってきた。)
今朝、管理センターに問い合わせたら、女衆は「花の公園」の作業を一日延期して今朝やることになったとのこと。

行ってみよっとと軍手とシャベル持参で出かけて、
先輩住人の中に入って堆肥を花壇に入れて、ヴィオラを植えて、もみ殻と糠を混ぜたので根元をカバーして、
伸びた植木の枝もジョキジョキバンバン切り詰めて、宿根草の枯れた地上部分も根元まで切って、
10人ほどで作業したので順調順調。
4人ほどいた男性に堆肥運びの力仕事はお任せ。
「それぞれの庭をまわってこうやって作業したら楽だよねえ」

テイクんちのすぐ近くに住む「ベテラン園芸愛好家」のTさんと一緒に帰って来て、
お宅に寄って手入れの行き届いた庭を見せていただきました。
実は何年か前にこの土地を購入する時に、Tさんの庭が余りにも綺麗だったので、
「庭を見てもいいですか」と図々しくお願いしたことがあります。
その時も快く見せていただいて花の話を色々伺いました。
「テイクさん、Tさんの近くでラッキーですね」って管理センターの職員さんが言っていましたが、
全くその通り、本当にラッキーです。

ハマナスが増えすぎて少し整理しようかと思っているということなので、
それを頂くことにしました。
日本の薔薇の原種のハマナス、好きなんです。
この地に合う薔薇がいくつかあるからそれならちゃんと育つと聞いて、
もう止めようと思っていた薔薇育てにまた心が動いてます。どうしようかな。

薔薇の移植の適期なので、とりあえず植える場所を決めて堆肥を入れて準備をしなくっちゃ。
どんな庭にするかをまず考えなくてはいけないのかな。





water




  1. 雑記
  2. | trackback:1
  3. | comment:0

うさぎ工房 :: 2012/11/17(Sat)

手入れされていなかった「花の公園」と呼ばれる小さなスペースを
住人有志が土を入れ、花壇を作り、花の苗を植え、少しずつ整備をしているそうです。
今日は9時半からその作業をやるというので、
参加してこの地での花の手入れの仕方など情報を得ようと考えていました。
歩いて15分くらいの所なので見計らって準備をして、玄関を出たら何と!ぽつぽつと雨が。
こんな天気では絶対中止になる筈と勝手に決めて家の中へ。


先週観たタペストリーのことがず~っと頭にあり、ネットで調べたり手持ちの本を引っ張り出したりして
一週間夢想し続けてきました。
でも、タペストリーの前に洗面脱衣所の窓に目隠しカーテンを作らなくっちゃ。
那須のうさぎ工房での初仕事は小さな小さな目隠しカーテン作り。

november22.jpg
夏用ブラウスを作った余り布がちょうどいい大きさで残っていたのでそれを使いました。
四角く切った布を直線で縫うだけの簡単なものだけれど、久しぶりのミシンかけは楽しかったナ。




タペストリーのことはもう少しよく考えて成就させよう・・・
森麗子さんの「糸の絵」と鎌田久子さんの「はじめてのこぎん刺し」を図書館にインターネット予約しました。
刺繍か、刺し子か、こぎん刺しか・・・迷うのも楽しみのうち?。




nitting




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

散歩の収穫 :: 2012/11/16(Fri)

一層冷えた朝でした。
でも、冷たい空気が何だか気持ちいい。
どうせ10時ごろに洗濯物を干すんだから、その前に転居通知の第二弾をポストに入れてこようと
「歩きながらちょっくら行ってくるね~」と言ったら「風呂掃除は後にして僕も行くかな」と18氏。
朝のウォーキングをまだ再開していないから、二人ともちょっと歩きたいんです。

ポストまで25分。
帰りは近くのホテルに寄ってロビーに店を出している白河のジャム屋さんにはね出し林檎を一箱注文し、
その隣の那須町の麹屋さんに並んでいる味噌や醤油、納豆の話を聞いて、
ホテル内のパン屋さんで美味しそうな栗あんぱんとメロンパンとシュークリームを買って来ました。
全部で2時間近くの寄り道散歩は気持ちよくって最高の気分です。
ジャム屋さんや麹屋さんやパン屋さんとの会話もほんわかと楽しくて、
嬉しいなあ幸せだなあと感謝の気持ちでいっぱいでした。

味噌が切れたらあの麹屋さんの那須産大豆で作った美味しそうな味噌を買ってみよう~~。



wreath




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

さすがに寒い :: 2012/11/15(Thu)

昨日からぐっと冷え込んでます。
さすがに朝夕ストーブを点けておく時間が長くなりました。


日毎、落ちてくる葉っぱが増えて雑木の姿も様変わり。
今まで見えなかった雑木林の先が見えて来たりして面白いなあと眺めてます。
風が吹くと水が流れるような音を出してたくさんの葉っぱたちが空を舞います。
その音も光景もとても素敵です。
嬉しくって手を広げて空を仰ぎました。

すんごく大きい養鶏所=たまご屋さんに行って来ました。
少し遠いのが難点ですが、先日T田さんに頂いた卵がおいしかったので試しに買ってみようと出かけました。
大人になって初めて卵を産む雌鶏が数週間産卵する卵を「初たまご」というそうです。
今朝産んだ卵で小さいけれどとても安いので興味もあったし買ってきました。
それを使ってまずはリッチ食パンを焼いて、今晩はほうれん草の卵とじでも作ってみようかと。
プリンという手もあるわ。あとは鍬焼き?
二人には多過ぎる数なんです。賞味期限は今日から2週間だから何とかなるでしょう。
「たまごはん」も美味しそう・・・・・・・


夕べは18氏がほぼ日の飯島直美さんのレシピで「お父さんのナポリタン」を作りました。
どうやら18氏はパスタよりも昔の喫茶店風のスパゲッティ―・ナポリタンとか、スパゲッティ―・ミートソースというのが好きみたいです。
25は葱のミルクスープを作ってみました。

november21.jpg






cooking




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

那須町の図書館 :: 2012/11/14(Wed)

町の図書館 へ行きました。
町役場と同じ敷地内にある三階建ての古そうな円形の建物です。
まずは図書カードを作ろうと窓口でお願いして、それぞれの用紙に住所氏名生年月日等々を書き込む作業。
家族カードを作ればいいんだと18氏が気がついてそうすることにしました。
25の個人カードも念のために作りましたけれど、
どうせ二人で行くのが多いに決まってんだから作る必要なかったな、と今になって思ってます。

家族カードだと貸し出し冊数は無制限で期間は1ヶ月。
図書館は近くないので2週間ごとに行くのはチトきついし、これはいい!
小さな図書館で蔵書数は少ないけれど、
山梨で利用していた図書館になかった本やDVDが結構あるので当面は持ちそうです。

ついでにインターネットで予約などが出来るサービスを利用する手続きをしてきました。



november20.jpg




chair


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

電源開発促進税不払い :: 2012/11/13(Tue)

畑にするつもりのスペースの笹を刈ったり落ち葉を集めたりえっちらおっちらやっていたら、
東京電力山梨支店のTさんから電話。
電源開発促進税分の110円を引いた額を振り込んだ件について二度目の催促の電話です。
あちらも丁重こちらも穏やかに静かな会話ですけれど、もちろん折り合いがつく訳もなく、
「どうかご理解を・・・」などとおっしゃるので、
「申し訳ないけれど到底東京電力の姿勢は理解はできません」と応え、「でもTさんを悪く思っている訳じゃありませんよ」とも付け加える。

電源開発促進税は国が東電に収めるように言っている税金なのでムニャムニャムニャ・・・、毎月の請求分には電源開発税と書いてありません。

書いてなくても含まれているということは明確で、東電が払うべき税金を料金に混ぜて消費者に払わせているということですよね。請求するのは筋が通らないのでは?

ハイまあそうなのですが、法律があるし国が東電に請求する税金でして・・・

だ・か・ら 東電が払うべき税金でしょ?消費者が使用した電気料金に上乗せするなんて認められません。
今までは何も知らずに払ってきたけど、311の事故後こういうカラクリを知った以上、原発にに使われるお金は払いたくないのです。

電源開発促進税は原発だけじゃなく火力や水力発電にも使われるし、
輸入している石油価格が値上がりしているし、その辺をご理解ください。

(そっかぁ? それって苦し紛れの言い逃れに聞こえますよ~。)


20分ほど話したでしょうか。滞納分110円の請求書をまた送りますということで今日のやり取りは終わりました。

原発をきっぱりやめて火力や水力を使いながら、再生可能エネルギーに方向転換すべきなのです。
矢面に立って消費者とやりとりするTさん始めとする社員を責めている訳ではありません。
「東京電力」という親方日の丸的な殿様企業が、レベル7という大事故を起こしたにも拘らず、
何の反省もせず法律を盾に相変わらず今まで通り国を頼り(国民の税金を使うと言うこと)、
理不尽な料金値上げをして更に電源開発促進税を消費者に隠して請求し生き延びようとしていることが許せません。

1円不払い、電源開発促進税不払い、抗議の不払い運動の方法はいくつかあります。
この不払い運動が全国に広がったら国や電力会社の心を入れ替えさせる大きな力になるでしょう。
反原発を表明している国会議員たちが呼びかけて不払い運動を広げればいいのに・・・。
でもまぁ議員なんて当てにならないからな。

「法律だから払わないと電気を止める」と相手が言うなら、
9月分の110円は払って、10月分の110円は払わない。
次は10月分の110円を払って11月分を払わない・・・というように
一ヶ月ずつ遅らせて払うようにしたら?という18氏の助言を受け入れるとするか。
電気を止められるのは困ります。
悔しいけれど東京電力からしか電気を買うことができないのです。
一社による地域独占というこの構造を変えなくては問題は解決しないんだよね。

払いたくない電源開発促進税を一ヶ月遅れで払うという妥協をしながら
諦めないで抗議の声を上げ続けるのが唯一私にできることなんだわ。
まずは皆さん銀行自動引き落としから振り込み用紙支払いに変えましょう。
それだけでも電力会社にとっては打撃になるそうですよ。


bird



  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

週明けは買い物デー :: 2012/11/12(Mon)

観光地だから仕方がないけれど、那須高原の週末は大混雑です。
特に紅葉の時季や新緑の時季、つつじの時季と夏休み(ほとんど一年中かぁ)は、とんでもない状態です。
インターを降りて湯本に上っていく那須街道は金曜日頃から渋滞が始まり、
土曜日日曜日はもうどうしようもありません。

引っ越してきて2回目の金曜日の午後、近くのスーパーに買い物に行った時に痛い目に会ったので
それからは木曜日に買い込んで週末は大人しく家に居たり、周りを散歩をしたりしてます。
先週末も木曜日に買い物をして4日間食い繋いで、週明けの今日は買い物デーでした。
今日も4日分くらい仕入れたので買い物はしばらく大丈夫そうです。

今日は少し足を伸ばして業務用の品を扱っている食品問屋に行って来ました。
確かに安い。だけど量が多過ぎてテイクたちにはちょっと手が出ません。
COSTCOみたい。
たまに少量パックで売っているものもあったので、
威勢のいいお兄さんに勧められるまま刺身用のイカをイッパイ買いました。
刺身とごろ焼きにします。
考えただけでヨダレが~~。お酒が進みそうだわ。

18氏は数年前の「今日の料理」11月号に載っている厚揚げのみぞれ汁を作ることになってます。
頑張れ~!



flowers




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

文化祭 :: 2012/11/11(Sun)

昨日と今日の二日間、ここRVの文化祭が開かれました。
ほんとは宇都宮市で開かれる 「さようなら原発!栃木アクション11.11」 に参加しようと思っていたのだけれど、
引っ越してきて初めてのイベントだから、お近づきの印も兼ねてこちらを優先することにしたのです。

昨日は作品展を、そして今日は那須中学校・吹奏楽部の演奏を聴きにRV管理センターへ出かけました。

november11.jpg
ゆっくり歩いて25分くらい。

普段は会議室として使われている部屋に、
さまざまな分野の作品がいっぱい展示されていました。 

november12.jpg
パソコンクラブの展示。
コンピューターの中を見せて
CPUとかマザーボードとかメモリーとかをわかり易く説明してありました。
楽しいデモンストレーションです。


november14.jpg
山が好きな方の「山歩記」
この一年間に歩いた山や高原が絵と文章で記録してあります。
見応え充分の記録。こんな風に絵が描けたらいいなあ。


november13.jpg
刺繍のタペストリー。
テイクが一番気に入った作品です。
何という種類の刺繍なのでしょうか。
薄い生地に細い糸で絵を描くようにひと目ひと目刺してあります。

デザインも色合いもお洒落で素敵!すっかり虜になりました。
テイクも作りたい!



>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ナンバープレート交換! :: 2012/11/09(Fri)

昨日、那須塩原の警察署で車庫証明をもらって、
今日、宇都宮の陸運局に行ってナンバープレートの交換をしてきました。
山梨ナンバーから那須ナンバーへ。
これで全ての行政に関することが栃木県民へと移行された訳で一段落です。

それにしても陸運局という所は不親切!
18氏が前もってウェブで色々な人の経験談を読んで参考にして出かけたからまだ何とかなったものの、
陸運局のホームページだけでは何の手助けにもなりません。
工具箱を持って行かなければならないとか、後ろのナンバープレートの封印の外し方とか、
それなりにウェブで経験談を読んで勉強して行きましたが、
陸運局に到着したものの、
何処に行って何から始めたらいいのかは何処にも案内はないし、誰も教えてはくれません。

A棟に行ったものの訳がわからないので、仕方がなく代書屋さんがいるD棟へ。
そこで必要書類を提出して、陸運局に提出する書類を作成してもらいました。もちろん有料。
30分ほど待たされてナンバープレートを外してC棟の11番へ行くように言われ、
自分たちの車のナンバープレートを自分たちで外して(やったのは18氏)
(それも封印の外し方を前もってウェブの経験談で勉強してたからできたようなもので)、

november08.jpg
言われたようにC棟の11番へ。


11番に行ったら8番窓口でうんたらかんたらをしてくるように言われて行ったけれど、
大したことをする訳でもなく、「では11番へ」と言われまた11番へ。
何なのいったい君たちの仕事というのは全くもう~~、と内心ブツブツ。

で、やっと11番で山梨のナンバープレートと交換に新しいプレートをもらいました。もちろん有料。
それをまた自分たちで取り付けるのです(18氏がやった)。

november09.jpg


左側のネジの周りに見える輪っかを封印するのだそうで、新しいプレートを付けた車で今度は封印取付所へ。
封印取付所はすぐそこに見えるのだけれど、どうやって行けばいいのか明瞭な案内もなく、
車がいっぱい停まっている敷地内をうろうろ運転してやっと辿り着き、
係りの人が来て金具をポンッと填めて車検証を返してもらって、やっと完了しました。
ふぅ~~~ッ!だよまったく。

ざぁ~っと見回すと、結局はディーラーの人たち(=専門職の人=いつもいつも来ている人たち)がほとんどで、
1825みたいな素人は滅多にいないようなのです。
だから案内板も何も必要ないのでしょう。納得。
でもそういうのっていゃだな~。


嫌なことは早く忘れるべし!
お昼ご飯を食べて宇都宮美術館に寄って企画展「マックス・エルンスト―フィギュア×スケープ」を観ました。
よくわからんが、それなりに面白かった。嫌いじゃないものもいくつかありました。



cookie




  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

よつば生協 :: 2012/11/07(Wed)

生活が落ち着き始めたので、生協に加入することにしました。
山梨で加入していた生活クラブが、残念ながら栃木生活クラブでは那須町をカバーしていません。

近くのスーパーでの買い物も、野菜や肉など放射能のことが気になるし(60過ぎたらさほど気にする必要はないし、率先して被災地の物を食べなければとも考えていますが、やはりできれば安全なものを食べたいので・・・)、調味料やその他諸々の食品も国産原料を使っているものが欲しいし、いろいろ考えると生協を利用するのがテイクには合っています。

栃木県にある生協で那須町をカバーしてくれる生協は二つ。
その二つからよつば生協を選んでメールを送ったら、今日担当者Mさんが来て説明してくれました。

もう加入することは決めていたので話は簡単です。
原発事故のこと、反原発運動のこと、「那須・希望の砦」のことなど色々話して、もちろん意見は一致。

彼女の出身が浜松とわかり、
テイクの母も浜松の出身で「叔母たちが浜松に住んでるよ」「子どもの頃は毎年浜名湖の弁天島に行ってたわ」などと話すと、もう大盛り上がりです。

Mさん家族は神奈川から自給自足生活を目指して10年前に那須町に移住してきたそうです。
静岡県への移住も考えたけれど、地震が来る、浜岡原発があるというので那須町に決めたのに、
思ってもいなかった東京電力福島第一原発の事故。
逃げたいけれど逃げられない。いま中学生の次女はあと5年間も放射能の中で暮らすんだと思うと心配で堪らないと言います。そう、ほんとに心配だよね。
那須町の町長がいち早く脱原発を表明し、ホールボディーカウンター購入や通学路の放射線量の測定などの対策を積極的に取っているのがせめてもの救いだけれど・・・。

小一時間お喋りしていっぱい那須町の情報をもらいました。
とにもかくにも生協生活ができそうで一安心です。





wreath




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雨の一日 :: 2012/11/06(Tue)

2012november01.jpg
2012november02.jpg
2012november03.jpg


昨日は一日快晴で、空も紅葉した葉っぱたちもリンドウもみんな綺麗だったのに
今日は一変してずっと雨が降り続いています。結構強く・・・
だから晩ご飯はあり合わせの物で簡単に作ることにして、買い物に行くのを止めました。

2012november05.jpg


甘いものがないから久しぶりにクッキーを焼こう。
なかしましほさんのジンジャークッキーがいいかな。
・・・170℃で25分がうちのオーブンではダメだったんだ。忘れてた。
こげ茶というか黒というか焼き過ぎのハニージンジャークッキーになってしまいました。
ショック。
じゃスマイルクッキーにしようと160℃20分で焼いたら何とかそこそこの仕上がり。
レモンクッキーも食べたいからレシピを見つけて焼いたら酸味が強すぎました。
ショック。

2012november06.jpg

責任をとって数日かけて全部食べるけつもりだけれど
トホホなベーキングデーでした。

2012november07.jpg




ところで、那須に来てから使い始めたダイニングテーブルと椅子は
近くの家具工房「kinome」さんで作っていただいたものです。
引っ越し当日に運び入れていただきました。
とても滑らかな柔らかい手触りで二人ともとても気に入っています。
「kinome」さんのブログ「便り・日々のこと」に運び入れ直後の写真をアップしていただきました。
すのこベッドもお願いしましたが、順番待ちで1月末完成とのことです。
目下のところ1825は来客用布団を上げ下ろしして寝ています。
完成が待ち遠しい~~。




ajisai



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

家の周りのこと :: 2012/11/05(Mon)

家の中のあちこちに額をかけ、また少しテイクたちの家の雰囲気が帰って来た感じがします。
11時ごろにシャワーの水量調整に業者が来てくれることになっていたので、
お昼まで25は食パンを焼き、18氏はあちこちの細かい調整をし、
昼食はジャコ梅チャーハンを作って食べ、
午後はゴミステーションに引っ越しで出た可燃物不燃物粗大ごみを持ち込みました。

帰ってきてから散歩がてら、T田さんに引っ越しのご挨拶に伺いました。
T田さんは、品川で40年間経営していたレストランを閉じて、去年ここを終の棲家として移ってきたご夫婦で、
家の一部を喫茶店風に作り、コーヒーを淹れてくれてみんなが集まる場所として提供して下さってます。
今年の2月ごろ、お世話になっている不動産屋さんのY村さんにご紹介していただいて、
美味しいコーヒーを飲みながらお喋りをしました。
T田さんご夫婦とその時その場にいたT橋さんご夫婦も気さくで、楽しい時間でした。

今日も「コーヒー飲んで行ってよ」と招じ入れてくださって
4人でお喋りを・・・。
1年が過ぎてやっと生活のペースが出来てきたということです。
あそこにこんな店があるよ、ちょっと遠いけどあっちまで行けばこういう安い店もあるよ、
卵専門農園の卵は小さいけれど、黄身は盛り上がり白身もしっかりしていて美味しいよ・・・・・・・
それはそれはたくさんのいっろんな情報を教えてもらいました。
ああ愉しかった。
これからどんな人たちと出会い知り合えるのか楽しみです。


1825の家があるのは40年程前に開発された別荘地内です
定住世帯は90ほどで別荘として使っている世帯は200ほど。
その他ほとんどは土地のまま地権者が建物を立てずに雑木林として残されています。
観光地なので週末の那須街道はとんでもなく混みますが、
別荘地内はその喧騒とは無縁の世界で静かで穏やか。
四季を楽しみながらのんびりゆったり暮らすことが出来そうです。

2012november04.jpg


flower




  1. 終の棲家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

遂にダンボール箱が消えた! :: 2012/11/04(Sun)

一昨日と昨日、ベッドルームに残っていたダンボール箱をせっせと開き、
中身を出し、落ち着くべきところへ落ち着かせ、全てを片づけました。
遂に家じゅうのダンボール箱が消え、
家じゅう掃いて雑巾がけをして新しいスリッパに履き替えて、
これで引っ越し作業が完了し、普通の家の中状態になったのです。
ふぅ~っ。

前の家では一部屋使っていた「ウサギ工房」が
ここでは寝室の一隅のスペースになってしまったので、雑雑としたものがうまく片付きません。
「このいくつものダンボール箱の中身がちゃんと収まるの?」と呆れた表情で言う18氏。
「収まる筈」と強がる25。
何とか苦労してあちこちに押し込みました。

だいたいあれもこれもと手を出すことが多過ぎる!
今回の引っ越しで大いに反省したものの、止める気にもなれず、
刺し子も洋裁もお絵描きも消しゴムハンコも刺繍も、ぜ~んぶ道具は捨てずに置いてあります。
これからは今まで以上に時間がたっぷりあるのだから、
やりたいことをやりたい時に楽しめるようにしとかなくっちゃ。


引っ越しが一応完了したので、今日は「核の傷」と「内部被曝を生き抜く」という映画の上映会に出かけました。
また後ほどレポートする予定ですが、二本ともいい映画でした。



flowers




  1. 引っ越し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2