Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




一月末日何をしたかと言うと・・・ :: 2013/01/31(Thu)

この間の愉快な葉書への返信に使おうと住所氏名ハンコはちゃんと完成して昨日投函。
久しぶりの消しゴムハンコで、慎重に丁寧に彫ってそれなりにうまく行ったので、
調子に乗ってもう一つ作ってみたくなり、
3cmx3cm角の中に郵便番号住所氏名を全部入れると云うテイクには超難しい課題に挑戦してみました。
前回のグランドピアノ型ハンコは大きめだったので朱文、今回は小さいので白文です。
そして今回は小三角刀を使いました。「まいっか」という出来上がり。

この大きさで文字を残すにはどうやったらいいんだろう・・・と思っていたら
こんな専門家が篆刻を彫っている動画を見つけました。
朱文の時も小三角刀を使えばいいのかも。ダメモトで今度やってみよっと。


11月に映画「終の信託」を観に行って以来、久しぶりに映画館へ行きました。
「東京家族」を観に。年老いた親と忙しい生活をしている子どもたちとの普通にある家族の話。
いい映画でした。

泣かされるけれど泣かせますよと云う作り方じゃなく、
観終ったあとは目は脹れてしまってるけれど気持ちは温まっているという感じです。
出演者もそれぞれに良かったけれど、特に長男の妻役の夏川結衣がテイクは良いなと思いました。

次はデンゼル・ワシントンの「フライト」を観に行こうか・・・。
1825ぐらいの年齢になるといつでも一人1000円で観られるのが嬉しい。
レディスデイ割引とかカップルデイ割引とかもう関係ないもんね。うひょひょ。
観たい映画があるかどうかが問題なんだけれど。

あ、今日で1月終了か~。


ajisai




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

待望のベッドがやって来た! :: 2013/01/30(Wed)

やっほ~~!!
kinomeさんにお願いしてあった「すのこベッド」が出来上がって、遂に我が家にやって来ました。
去年の夏ごろ、ダイニングテーブルと椅子2脚を注文して、引っ越し当日に間に合わせていただきました。
ベッドも新調するつもりだったので少し遅れてお願いしたら、もう制作予定がいっぱいで1月末になるとのこと。
もう一つ候補の店があったのですが、いろいろ考えた末、やっぱりkinomeさんにお願いすることにしたのです。
未だかな未だかなとず~~っと心待ちにしていたので、テイクも18氏も大喜び。



january23.jpg
10時過ぎにご夫婦が到着し、すぐにご主人がベッドの組み立て開始。
奥さまは現場監督、じゃなくて指示に従って時々お手伝い。



しばらくして組み立てが終わり、簀子を乗せて待望のすのこベッドが出来上がりました!

january24.jpg
注文する時にシングルベッドを二つ並べて使うつもりだとお伝えしたら
ヘッドボードの木の模様が繋がるように作って下さいました。
とってもいい感じ。素敵なベッドです。

寝心地を確かめるべく(?)3時ごろから昼寝タイム。
木の香りがほんのりと。
ムアツ布団との相性もよさそうだし、ぐっすりと昼寝が出来ました。


寝っころがって外を見るといつもとは違う景色が窓の外にあります。
おお~いいね~。
空と木立ちを見ながらベッドに寝っころがってるのって気持ちがいい~。
そう思ったので急いでカメラを手にして再び寝っころがる・・・。

january25a.jpgjanuary25b.jpg
頭の左上にある窓(左) ベッドルーム片隅の作業台前の窓(右)


良いベッドを作って下さったkinomeさん、ありがとうございました。
嬉しくってすぐ横になってしまいそう。





flowers



おまけ:kinomeさんのブログに 制作中の様子 がアップされています。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

愉快な葉書 :: 2013/01/28(Mon)

妹とすごく久しぶりにskypeでお喋り。今日はコンピューターでのskypeです。

散々喋ってもうお昼も過ぎたしそろそろ終わりにするかという雰囲気になった時に、
「ところで訊きたいことがあるんだけどさ・・・」なんて妹が言い出しました。
「おいおい今からが今日の本題なの?」「まあそう言うこと」
全くもうと思って聞いてみると大したことのない笑える内容でした。
コンピューター音痴の妹にしたら何が何だかもうわからんということらしいので教えてあげたけれど、
好きな事しかやっていないからその範囲の事しか知らないテイクだって
そんなことでつまずいたことことはないよというものです。
最後に、二人してわっはっはと大笑いしてじゃあまたね~~。

さてさてお昼ご飯はどうするのかなとリビングとダイニングとキッチンが一緒くたのあっちの部屋に行ったら
山梨のKさんから愉快な葉書が届いていました。
あちらに住んでいる時もそんなに会う機会はなかったのですが、
連絡取りあおうねと約束してちょこちょこ葉書のやり取りをしています。
Kさん自身が楽しい人だから葉書もとても面白い。毎回笑ってしまいます。
今日のは「那須のおばさん元気ですか。山梨のおばさんは着ぶくれてこんな感じです。(絵で説明あり)」
で始まっていました。愉快愉快。

早速テイクも書きたくなってあれこれ頭の中で構想を練ってみました。
よし!こんな感じで行こうと考えはまとまりましたが、
それよりまず自分の住所氏名のハンコを作ろうかと目的が逸れてしまい、
昼食の後、夕食までずっと作業台の前で消しゴムを彫り続けました。草臥れました。
なんとか完成近しというところまで進んだので明日か明後日には葉書を書いて投函できそうです。


  january22.jpg





テヘッ




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

skype二つ :: 2013/01/27(Sun)

夜中のうちに雪が降ったようで、15cmほど積もった雪景色に変わっていました。
幸い青い空が広がる好天だったので、朝の一仕事を片づけてから二人でせっせと雪かきをしました。
下にはまだ前回の残り雪が凍ったままのものが残っているので、中々の力仕事です。
家の前の道の雪を人が歩けるくらいに除けて、作業終了。
1時間半ほど頑張ったのでもうクタクタです。脱原雪だるまを作る気力もありません。

skypeをオンにして本を読んでいたら、獅子丸からの(実際にはちはるちゃんからの)呼び出し音。
ニコニコ顔の獅子丸が画面に現れました。
今日は歯医者に行って検査とクリーニングをしてもらったとちはるちゃんが言うと、
獅子丸は大きな口を開けて指で口の中を指します。そっかそっか綺麗になってよかったね。
ちはるちゃんから近況を聞いたり、獅子丸が本やおもちゃを見せてくれたり、
お父さんと遊んだりする姿を見たりして楽しい数十分でした。  


january21.jpg

午後になると腰や腕や腿や、とにかく体のあちこちが痛くなってきたけれど、
余りにもいい天気なのでちょっと歩いてくるか~と散歩に出ました。
空気は冷たいけれど気持ちがいい!真っ青な空が何とありがたいことか。
鳥の声が聞こえると上を見上げて探して、
あ、よそ見は禁物だと思い出し、また前を見て歩き出す・・・そんな散歩でした。

夕方近く眠たくなってきたので本を読みながら横になっていたら、希望鹿さんからskype。
去年の10月ぐらいから体調不良だと聞いていたので心配していたけれど、
久しぶりにskypeで元気そうな(まだ本調子ではないらしいけれど)顔を見て少し安心しました。
M保さんは外出中で話せなかったけれど、相変わらず忙しく楽しく飛び回ってるよと希望鹿さんの言葉に、
これまた安心しました。彼女も10月ごろ帯状疱疹が長引いていて大変そうだったのす。
み~んな色々出てくる年頃ですからね。
暖かくなったら那須に遊びに来てくれるというのでそれを楽しみに、4人とも元気で春を待ちましょう。



ajisai


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今日の空模様 :: 2013/01/26(Sat)

落ち着かぬ天気の一日でした。
朝日が見えるのに雪が降り、その降り方がどんどん激しくなってきて、
こりゃ積もるなと思っていたら青空が見えてきて、
陽が差したかと思ったらまた降り始めて、
デッキに積もった雪が融けたり積もったり・・・
結局、夕方にはデッキの雪はなくなり一日の終わりを迎えたのです。
変な天気。


january20.jpg
木々の間から見える朝日が周りをほんのり赤く染め、綺麗な一日の始まりでした。



アルジェリアで無念にも命を落とされた方々に心から哀悼の意を表します。

実名報道は必要なのか。私は全く必要ないと思っています。
名前を聞き出し、遺族に不躾なインタビューをし、被害者の生前の事を嗅ぎまわり、
そういうことを実名で大々的に書きたてる、テレビなどでいい加減なコメントを付けてその場限りの番組を作る。
誰がそんな記事や番組を望んでいるもんですか。報道の自由?冗談じゃない。
マスメディアの一方的なそういう姿勢に嫌悪感を持っています。
だからそういう記事に私は目を通しません。




flower


  1. 雑感
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

大寒波 :: 2013/01/25(Fri)

今週末に大寒波がやって来て長居するという予報が出ています。


18氏が今晩ハンバーグを作るというので午前中に下まで降りて肉屋さんで買い物。
ガソリンを補給して、灯油をここで買うかホームセンター・コ〇リで買うか迷ったものの、
いつものコ〇リの方が1円安いからそこで買うことにしました。
そしたらば何とコ〇リの単価が前回より3円も値上がっているではありませんか。びっくりです。
11月の単価と比べたら8円も上がったことになります。この寒い時期の値上がりはチトいたいなあ。


午後は、時々葉書き絵交換(?)しているH美さんや喪中欠礼葉書をいただいたりした知人友人に
寒中お見舞いの葉書を書きました。
H美さん宛てには久しぶりに万年筆で絵を描いて、やっぱり楽しい~な~とルンルン。

  january19.jpg

ふと目の前の窓の外を見ると、雪が降っています。また積もるのかしら。
午前中に買い物を済ませておいてよかった・・・。 



chair


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今日、嬉しかったこと :: 2013/01/24(Thu)

一歩も外に出なかった。
この間降った雪がまだ道のところどころに凍ったまま残っているので朝のウォーキングは10日以上パスだ。
運動不足をもろに感じているし、歩きたいなぁ気分になるので昨日も歩いてパンを買いに行った。
今日もそうしようと思っていたけれど、散漫な時間の使い方をしているうちに夕方になってしまい、
一日中家の中にいたことになる。

東京新聞の特集記事「日米同盟と原発」と朝日新聞特別報道部・著の「プロメテウスの罠」を読んで
何だかなあ~と気が滅入って来たので、気分転換に家計簿の1ヶ月分の集計をしたり、
おでんを仕込んだり、18氏の尺八と合わせてみたり、
らじるらじるで二ール・ダイアモンド特集を聴きながらエクセルをいじってみたり・・・、と特に何をした訳でもない。

今日嬉しかったことは、望遠レンズを買って鳥の写真を撮ったらいいんじゃないの?と18氏が言ったこと。
そして、先日送った絵本が獅子丸の所に届いたというメールで、
獅子丸が大喜びで一冊ずつぜ~んぶに目を通していたとちはるちゃんが報告してくれたこと。
また来週の月曜日の昼間(あちらの日曜日の夜)にskypeで話そう。楽しみ楽しみ。



house




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

脱原発とデモ そして、民主主義 :: 2013/01/23(Wed)

january17.jpg
昨日まで乱読していた中の一冊を読了しました。
2011年3月11日以降開かれた脱原発集会でのスピーチや、エッセーや対談をまとめたものです。2011年4月10日の高円寺から2012年7月1日新宿アルタ前での集会までのスピーチが掲載されています。

2011年3月11日の大地震、大津波に引き続き起こった東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故後、4月10日に初めて「原発やめろ!!!!!」デモが高円寺で行われ、一万五千人もの人が集まりました。それ以来、原発は要らないと訴える集会・デモが行われてきています。現在でも、首相官邸前、首相官邸裏を始め全国各地で毎週金曜日に人々が集まって抗議の声を上げ続けています。

テイクも3回ほど東京で開かれた集会とデモに参加し、那須に引っ越して来るまで「甲府でもやるじゃん」のさよなら原発ウォークで何度か「原発は要らない!」を訴えながら歩きました。

デモなんて意味がないという人もいます。確かに権力にとって痛くも痒くもない、野田元首相が言ったような「大きな音だね」くらいの物なのかも知れません。だからと言って黙っていたくはないのです。集会は投票と並ぶ市民の大きな権利なのだから自分の意思を表す為に使わなければ意味がありません。

この本の中でも何人かがエッセーの中で書いていましたが、その権利としての集会、デモに対する規制がとてもひどくなってきています。大勢の人々が集まってくるのに地下鉄の出口を封鎖したり、歩道の片隅にしか立たせないようにコーンを置いたり、デモ隊を細かく分断してしまったり、不当な逮捕をしたり・・・。東京都は日比谷公園での集会を許可しないということもしました。日本は本当に民主主義国家なのでしょうか。



福島県三春町で長年反原発の活動を続けてきた武藤類子さんの2011年9月19日「さようなら原発集会」でのスピーチと2012年6月7日、内閣府に再稼働反対の申し入れをした原発いらない福島の女たちの声は、この本の中のどの話し手や書き手をも霞ませてしまうほど胸に迫るものです。悲惨な事故、そして国や東電の誠意のない卑劣な対応を体験した人たちの、そして子供を守りたいという女たちの切実な想いを、何度目かになりますが改めて噛みしめました。
  



 2011年9月19日「さようなら原発集会」での武藤類子さんのスピーチ(36分40秒辺り)



wreath


  1. | trackback:0
  2. | comment:0

鳥騒動と乱れ読み :: 2013/01/22(Tue)

朝食後辺りから、「あの鳥は何だ」騒動。
朝食中に18氏が北の窓の向こうに何やら大きめの鳥がいると気にかけていました。
テイクの背中側だから振り向かないで食べ続けたテイクには見えません。

朝食後もまだ後ろのS邸の雑木林に2羽いるというので、双眼鏡を持ち出して二人して大騒ぎです。
確かに結構大きい。ムクドリ大か。
そして綺麗。尾羽が長く脇は少し青みがかりチラッとオレンジが見えて、
全体の印象はベージュでもなくグレーでもなく、目の周りは隈があるように真っ黒。
これかも知れないそれかも知れない何だ何だ?と野鳥図鑑をめくってみても確実なことがわかりません。
まいっか。名は知れないけれど、うちの近所に初めて来た鳥、ということで。


生協の配達が来るまで読みかけの本やまた溜まってしまった新聞を読む。
311以降開かれた脱原発集会でのスピーチや対談、寄稿をまとめた「脱原発とデモ、そして民主主義」、
朝日新聞で特集された記事を本にした「プロメテウスの罠」、
ドイツの小さな町で市民が作り上げた地産地消の電力を供給する電力会社をレポートした「通販生活」春号の特集。
まさしく乱れ読みです。
若いころこういう読み方をする先輩を見て信じられないと思っていましたが、
テイクも数冊並行して読み進むというタイプだったのです。ふ~~っ。


2時間ほど久しぶりの昼寝をして4時ごろ起きておもむろに雪かき。
早めのお風呂に入ってビールビール。



テヘッ


  1. | trackback:0
  2. | comment:0

切手シート :: 2013/01/21(Mon)

お年玉年賀はがきの抽選が昨日あったという朝のニュースを聞いて18氏が調べてみたらば、
切手シートが二枚という結果。まあこんなもんでしょう。
郵便局へ引き換えに行って、え~~っ!切手シートってこんなんだったっけ~?! と期待外れに内心がっかり。
久しく切手シートさえ当たらなかったから記憶は定かではないけれど、もう少し多かったんじゃなかったっけ? 
だけどまあ、こんなに小さなお年玉でも当たったんだから、今年はついてるぞと思わなっくっちゃいけないか。

january16.jpg


1時半から管理センターでパソコン教室。
課題は「エクセルでA4サイズの報告書(?)を作る」です。
写真を何枚か取り込んで一枚のファイルを作ればいい訳でテイクにとっては難しくはないのですが、
こういう作業はワードでしかしたことがないし、
うちのコンピューターで出来ることができなかったり、やり方が違ったりしてちょっと戸惑いつつチマチマと。
テイクは18氏に教わるのが余り好きじゃないので、操作がわからない時は他のアシスタントさんに質問しました。


18氏は他のアシスタントや先生と一緒に、手を上げてる初心者生徒さんの所へ行っては楽しそうに教えてました。
テイクに教える時よりかなり優しい。
終わってからみんなとそんな話をしてたら、「うちもそうよ」と皆が口々に仰る。
そんなもんか。そんなもんだぁ~ね。

和やかで楽しい雰囲気の1時間半でした。
管理組合で配布する「お知らせ」を作ったり、管理組合のホームページの更新したりすることを
今年のパソコン教室の目標にするのだそうです。
次回は2月初め。パソコンの勉強というよりはその楽しい空気を吸いに行こう~~。





flowers




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

古典芸能を身近に :: 2013/01/20(Sun)

「歌舞伎をもっと身近に感じる」と題した歌舞伎鑑賞会に行きました。
 「『あんまと泥棒』ミニ巡業」(?)と出演者の一人帆之亟(はんのじょう)さんがご自分のブログに書いていますが、
第一部で助六の顔ができるまでを舞台で見せてくれその後、舞踊「助六」を鑑賞します。
第二部は世話物という種類の歌舞伎演目の中から「あんまと泥棒」。

楽屋衣装を着た素顔の花柳寿美蔵さんが白粉を塗り紅で隈取りをして助六の顔を作る過程を見せてくれます。
そして、衣装さん(と云っていたと思いますが)が説明をしてくれながら助六の衣装を花柳寿美蔵さんに着せ、
床山さんが鬘を乗せて整えると、素顔の花柳寿美蔵さんとは全く違う「助六」の出来上がり。
すご~~い。
会場から3人が舞台に上がり、客席に背を向けて教わりながら同じように化粧をして行きました。
こちらもすご~~い。上手に出来上がって、
そのうちの一人の助六の顔を布に魚拓みたいに写し取ることも見せてくれました。
押隈(おしぐま)と云って、歌舞伎役者が芝居後にご贔屓に求められてプレゼントするのだそうです。

こういう風に「助六」が出来上がっていくんだということが実によくわかって
その後に花柳寿美蔵さんが踊った「助六」という舞踊(今までテレビで観たことがあるぐらい)が
ぐっと面白く鑑賞できました。カッコいいなあ助六って、な~んてね。



第二部の「あんまと泥棒」は笑える芝居です。
帆之亟さん演じる強かなあんまと
千川貴楽さんが演じる怖そうな、それでもって最後にはすっかりあんまに騙されてしまう泥棒の二人が、
「金を出せ」「金はない」「何処かに隠しているんだろう」「こんな貧乏あんまに金なんかある訳がない」・・・
と焼酎を飲みながら一晩中押し問答して朝を迎えるという話。

小ホールでしたが客席はいっぱいで、テーマ通り「歌舞伎をもっと身近に感じる」ことが出来ました。
こうやってそれぞれの古典芸能が気軽に気楽に観られるようになるといいですね。
橋本大阪市長、一つの人形を操るのに何人もの人間を使うのは無駄が多過ぎるなどと恥ずかしいことを言って
文楽への助成を止めるなんてもっての外ですよ。



january15.jpg




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

除染 :: 2013/01/19(Sat)

午後1時から管理センターで、放射能や除染に関する勉強会が開かれました。第2回だそうです。
勉強会と言っても線量を測定した結果の報告と意見交換という内容でしたが。

那須の放射線量は高い。それは知っていました。
那須の中でも特に高い所4か所は国の補助金で除染することが決まったそうです。

私たちの住むこの辺りはどうなのか。
やはりそれなりに高いのです。
子供がいる定住家庭はこの広い別荘地の中で10軒ほどしかなく、
とにかく子供を守る為にその周りから除染を始めようというのが世話人の提案です。
行政には何度も除染のことで相談に行っているけれど、動いてくれない。
それならばまず住民たちが動いて行政を動かそうということなのです。

小さな子が汚染されたこの雑木林に囲まれた土地で生活していると思うと本当に胸が痛みます。
だからできる限り取り除いてあげたい。協力できることがあれば何でもしようと思います。
除染というものにも疑問はありますが、
とにかく子供たちの為に少しでも線量の低い環境を作ってあげなくてはいけないのは確か。


落ち葉と篠竹が問題なのだそうです。
落ち葉を減らすために木々の剪定をして枝を掃う、そして篠竹は刈るというのも除染方法の一つ。
ああ、あの篠竹が茂っているその中には鳥たちが棲んでいるのに・・・。
ああ、木の枝を払ってしまったら美しい雑木林の景色が変わってしまう・・・。
取り除いたものをどうするのかという大きな問題が残るし、
考えれば考えるほどどうしていいのかわからなくなってしまいます。


「勉強会」の中で一つ馴染めなかったことがあります。
何度も出て来た「資産価値が下がる」という発言。
何だか「自分たちさえ良ければいい」と聞こえて、哀しい。



>>続きを読む

  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雪、解けず :: 2013/01/17(Thu)

お天気はいいけれど、気温が低いので寒い一日でした。
太陽が出ていれば部屋の中はポカポカ暖かくてストーブ無しで過ごせるのが有り難い。
本当に太陽の力って大きいんだなあと改めて感動し、感謝してます。

そうだそうだ、サツマイモがあったから干し芋を作ろう、ついでに切干大根も・・・・。

january12.jpg

牛蒡や椎茸は次回。
ニンジンやレンコンもまた干そう~。
ジャガイモはまだ干したことがありません。
干し野菜で作るカレーをいつかやってみたい。



ここんとこジャズピアノや伴奏の練習が楽しくてそちらに気をとられていたので、
読んでいない新聞記事が溜まっていました。
だから今日は、数日分まとめて読んで、保存しておきたい記事を切り抜きへ回す作業を。




ajisai




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

白と青 / ワシントンポストの実験 :: 2013/01/16(Wed)

january11.jpg

真っ青な空が広がりとてもいい天気でした。
雪が降ってからウォーキングをしていないので体と心が歩きたがってムズムズしてます。
散歩がてらエピナールのベーカリーへパンを買いに行こう~。
普段ならあの辺まで歩いて往復40分くらいの所です。
雪道だから時間はかかるだろうけれど、気持ち良さそうだから、と出かけました。

白い雪と青い空のコントラストが最高に綺麗です。
木々の上の方でさえずりを聴けば、立ち止まって鳥を捜し、
雪かきをしている人に会えば挨拶を交わし、滑らないように気を付けてゆっくりゆっくり・・・。

気を付けなさいよ、ここ凍ってるからね、大丈夫?などと
テイクのことをよほどドジでおっちょこちょいだと思っている18氏。
確かにドジでおっちょこちょいでおまけに運動神経は鈍いけどね、
こっちだって滑りたくないから注意深く歩いていますの。

管理センターの前は凍っている所ばかりで雪が全部アイスバーンになっています。
ツルッツルッ、あ、滑る、ツルッとかしながら凍ってる道を歩くしかない。
気を付けなさいよ、と言っていた18氏がすってんころりんと尻餅をついてしまいました。
あれあれ、大丈夫~?
ま、大した転び方ではなかったので大丈夫でしたが、気を付けて歩いていても転ぶ時は転ぶのだ。

無事パンを買って家に帰りつきました。
チョコチョコ小さな歩幅で歩いていたので8600歩一時間半。
体のあちこちに力が入った歩き方だったので、明日は確実に筋肉痛。
今日の教訓:雪道は調子に乗ってむやみやたらと歩かないこと。近場の散歩で済ませよう~~。



>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

金柑 :: 2013/01/15(Tue)

不燃物ゴミの日。
一ヶ月に一度だからビールの缶が溜まって仕方がない。一升瓶やワインの瓶も・・・。
管理センターまで持って行くのだけれど、
雪が積もっているから車に積むのも、車を始動させるのも、大変です。
テイクが新聞紙をまとめたりそれぞれの袋の口を締めたりして、
18氏がエンジンをかけ雪落としをして、積んで、さあ行くかってな感じ。
ゆっくり走りながら綺麗な雪景色を眺められるのだから、こんな日のゴミ出しも悪くはありませんが。

風が時々強く吹いて雪嵐のようになります。
そんな中、1時間半ほど遅れて生協の配達がありました。ご苦労さま。

金柑が届いたのでシロップを作りました。
去年とは違うレシピで、一個一個に切れ目を入れて、二度煮こぼして、冷めたら種を竹串でとるというやり方。
切れ目があまり綺麗じゃないし、面倒だし、これなら去年のレシピの方がいいな。
きび砂糖で煮たのでシロップの色が茶色っぽいです。

january10.jpg

左の瓶は昆布水。羅臼昆布の切り落としも届いたので作ってみました。


nonbiri





  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

こんな雪の日は・・・ :: 2013/01/14(Mon)

久しぶりの雪。
しばらく好天が続いていたので、少し嬉しい雪景色です。
でも、このまま一日中降り続いたら積雪量はすごいことになるだろうな~と心配もありました。


january07a.jpg

january07c.jpg
january07b.jpg


こんな日は家の中で静かに過ごすに限ります。
まあ、毎日同じような生活ですけれど、雪が降っていると雰囲気が静かになります。
嫌いじゃないです、こういうの。

昨日図書館で借りてきた本を読み進めよう。
ちょっと贅沢な出汁をとろう。
リンゴジャムも作ろう。
久しぶりにハニージンジャークッキーも作るかな。
・・・・・・・な~んて計画だけは頭に浮かびました。



house




>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

バムとケロ :: 2013/01/13(Sun)

先日、獅子丸とくるりんにアーサー・ビナード訳の絵本を二冊送りました。
「どうしてどうして?」と「ホットケーキできあがり!」です。

獅子丸が図書館で借りた「バムとケロ」シリーズがとても好きで、
できればそれも送って欲しいとちはるちゃんに頼まれたので、それも4冊一緒に入れて。
どんな本?と思って調べてみて、コメントはかなりいいものばかり。
でも、絵を見る限りテイクの好みじゃなさそうだな~。
そうは思いましたが、獅子丸とちはるちゃんも気に入っているのなら送りましょうと注文しました。


january06.jpg



届いたものを読んでみたらば、絵の色合いが温かく、見逃しそうな所に小さく何かが描かれていたりして、
絵もストーリーも面白い。
テイクには可愛いとは思えないキャラクターなんだけれど何故か惹かれてしまう。
送る前に何度も何度も読みました。読むたびに新しい発見があり、それもまた楽しいのです。
やんちゃなケロとやさしく包み込むようなバム。
この二人(二匹?)はいったいどういう関係なんだろう。

もっと読みたいけれど早く送ってあげなくっちゃ。ああ~未練たらたら。
18氏も気に入ったみたいだし、結局、え~ぃ買っちゃえ~~!ということになりました。

それが今日届いて、あそこにあれがいたのに気がついた?とか、こんな所にこんなのがあったんだとか、
またまた新しく気がついたことを教え合いながら、読み返してます。




flowers




  1. | trackback:0
  2. | comment:4

葉っぱのフレディ― :: 2013/01/12(Sat)

この土地を購入する時にお世話になったY村さんが立ち寄ってくれました。
もう何年も前に出会ったのですが、土地を購入した後も毎月那須の様子を知らせる電話をくれてました。
明るくて馴染み易くて、最初っからお喋りが弾んだのを覚えています。
引っ越してきてからも仕事の合間に立ち寄ってくれて、時間がある時はお茶を飲んでお喋りして行きます。
先輩住人たちに引き合わせてくれたのも彼女で、ここで新しく生活を始めるに当たって大いに助かりました。
今では愉快な時間が過ごせる友達と言った感じ。



january05.jpg
りんどう湖ホテルの前から見た夕焼け


今週のキャンドルナイトライブは、朗読です。
地元FMのアナウンサーと「とたましろて」という面白い名前のカルテットによる
「葉っぱのフレディ―」の朗読劇がりんどう湖ホテルのロビーで開かれました。
どんな感じになるのかなと思いましたが、
この為に作曲したという場面場面での演奏と朗読がぴったりと合っていて、とても良かった。

レオ・バスカーリア作の原作を朗読用に脚色してあり、音楽も効果的で1時間ほどじっくり聴きました。




chair


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「さがしています」 :: 2013/01/10(Thu)

1945年8月6日朝8時15分。
広島に原爆が投下され、持ち主と一緒に被爆し、持ち主を失いあとに残された「もの」たちが
その持ち主を探しています。

アーサー・ビナードさんが書いた、その「もの」たちをカタリベとした14遍の詩を
岡倉禎志さんの写真共にまとめた写真詩集、「さがしています」。

濵井理髪店の壁にかかっていた8時15分を指したままの時計。
12歳の浅野綜智くんの軍手。
高等女学校に通っていた渡辺玲子さんの弁当箱。
23歳の藤澤節子さんが着ていたお手製のワンピース。
生後11か月の次男と朝食をとっていた横谷菊美さんの横に転がっていた鉄瓶。
カヒラガキ鞄店の平柿保さんが愛用していた眼鏡。
広島高等女学校に転入したばかりの15歳の日記帳。
中村重雄中佐が持っていた、米軍兵士の捕虜が収容されていた憲兵隊司令部にある独房の鍵。
14歳の横田敏行くんの履いていた革靴。
岡原政太郎さんの義歯。
藤井満里子さんが出かける時にはいつも肩から下げていた非常袋。
工業学校3年生だった松田敏彦くんが残したビー玉。
中学校に通っていた山本達也くんの帽子。
住友銀行広島支店の階段に残った黒い影。


ビナードさんは東京から広島へ通い続け、被爆者の話を聞いたり原爆記念館を何度も訪れたりして
持ち主を探している2万1千点の中からこれらの14点を選んで詩を書いたそうです。
「原子爆弾」とか「核兵器」とかいう、核開発を進める人たちが作った呼び名より、
生活者である被爆者たちの使う「ピカドン」という言葉は
具体的で、生きた言語感覚で核分裂を捉えていると言います。
ピカッと光ってドンという轟音と共に一瞬のうちに何もかも焼き尽くしてしまう。

ビナードさんは原爆を落とした国の一国民として、目をそらさず誠実にこの事実と向き合っています。
原爆も原発も核分裂で出来るエネルギーを利用するもので、根は全く同じであり、
軍事利用・平和利用という使い分けはあり得ないと日本中でで開かれる講演会で訴え続けています。

january04.jpg



戦時とは言え、いつも通りに迎えた朝。
いつも通りに家を出て学校へ向かい、職場へ向かい、いつも通りに家事をし、いつも通りに子供の世話をし・・・。
そんな「いつも通り」が一瞬にして消えてしまった8時15分。

広島で被爆し後遺症に苦しみながらも被爆者たちの支援や治療に身を捧げてきた肥田舜太郎医師が
「核の傷」というドキュメント映画の中で明らかにしています。
何故8時15分だったのか。

原爆投下が決定された後、米軍偵察機が何度も広島の空を飛んで、
たくさんの人々が外に出ているのは一日のうちの何時頃かを探っていました。
それが朝8時15分だったと。


  1. | trackback:0
  2. | comment:0

干し柿 :: 2013/01/09(Wed)

昨日届いた小林商店さんからのコーヒー豆200g4袋の包みの中に
奥さまMさんが作った干し柿が一緒に入っていました。
12月に続いて二度目です。
「今回は前のと違う家から頂いた柿で作りました。」というメモが。

january03.jpg
可愛い兎の絵の箱に7個も入っていました。この箱も大事にしよう~。


小林商店さんは、山梨の我が家から歩いて15分ほどの所にあります。
(と云ってもかなりきつい坂道を登っていくので、歩いて行くのは大変でした。)
311までは月一で北杜市のケルンというコーヒー屋さんまでドライブを楽しみながら通っていましたが、
大震災の後、エネルギーの無駄遣いは止めようと思い、近くに良い店はないかなと探して見つけた店です。

事務所と焙煎所を兼ねた小さな建物が自宅の隣にあります。
昔から取引のある喫茶店に主に卸しているのですが、小売りもしてくれました。
週一で200gずつ買いに出かけ、
美味しいコーヒーをご馳走していただきながら、時にはMさんと二人で、時にはご夫婦とテイクの3人で、
たまにはあちらとこちらの夫婦4人で色んなお喋りをするというそんなお付き合いのあった店です。

那須に引っ越して、さてコーヒー豆は何処で買おうかというのが大きな問題に。
朝、コーヒーを飲むという習慣は変えられないし、
スーパーで売っている缶コーヒーも手掛けているブランドのものは美味しくなさそうだし、
そう思っていたら近くに自家焙煎している豆を小売りしてくれる喫茶店がありました。
良かった良かったと思って買ってみたのですが、あまり気に入る味ではなく、
値段も今まで小林商店さんで買っていた物の二倍もします。

思い切って小林商店さんに電話して一ヶ月分をまとめて毎月送ってもらえないだろうかとお願いしてみました。
「喜んで」と言って下さって、それから毎月、焙煎したての豆を送っていただいている訳です。
山梨を離れても繋がっているご縁。幸運です。

今月のコーヒーはヨーロピアンブレンドとコロンビア。
一ヶ月ほど前から朝のそれぞれの動きの成り行きから18氏が淹れていますが、
あれこれ試行錯誤しながら毎朝続けて来た甲斐があって、美味しいコーヒーを飲んでいます。






wreath


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「通販生活」 :: 2013/01/08(Tue)

今月から東京新聞の購読を始めました。
山梨では配達されていなかった新聞です。まさか那須で読めるとは思っていませんでした。
通りかかった新聞店の看板で「東京新聞」も取り扱っていることを知って、
12月中旬にウエブで依頼しておいたのです。
年の暮れに何日かサービス配達してくれて、1月から正式な読者に。
読む所が(=読みたい記事が)たくさんあって隅から隅までじっくり読んでいます。

今朝の折り込み広告の中に「通販生活」のチラシが入っていました。
読み物も充実しているカタログで、今までも本屋さんで何度か買って読んでいました。
今朝のチラシに「見えない雲」という原発事故を題材にしたドイツ映画のDVDを「無料で進呈」と書いてあったので
迷わず二年間定期購読することにしました。二年間6冊で940円だから気軽に・・・。
「見えない雲」(グールド・パウゼヴァング著、高田ゆみ子訳)は図書館で借りて読んだことがあり、
とても良かったのでamazonで古本を手に入れて手元に置いてあります。

月に一度コーヒー豆をまとめて送ってもらっている山梨の小林商店さんから今年最初の煎りたての豆が届きました。
代金振り込みと「通販生活」購読申し込みの葉書を出しに郵便局へ行きました。
スーパーの駐車場に車を停めて、鳥の声を聞きながら右側に茶臼岳を眺めながら郵便局まで歩いたのですが、
風もなくとても気持ちが良くて、空があまりにも綺麗だったから
用事を済ませてから郵便局の先まで足を伸ばしてぶらぶら歩きました。
この2~3日の好天が嬉しいです。

2013january02.jpg
      水栽培のヒヤシンスが咲き始めています。





nonbiri




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気温低いけれど陽射しは温か :: 2013/01/07(Mon)

快晴で風もなくとても穏やかな一日でした。
ここら辺のこの時季としては、珍しく安定した天気なのではないでしょうか。
(って言えるほど那須高原のことはを知りませんけど。)

朝一で山梨の家のお向かいさんから、「給湯器辺りから水が漏れているみたいだよ」と電話をいただきました。
管理してもらっている不動産屋さんに電話したらすぐに跳んで行って処置をしてくれて、
水はとりあえず止めたということです。ホッ。
甲府盆地も寒い日が続いているようで、
凍結予防の機能もうまく働かなかったのかな~と思ってますがどうなんでしょう。



年末年始の非日常的買い物ローテーションで、野菜がもうほとんどない状態。
生協の明日の配達が待てません。
注文する時に、次週から元に戻せばいいかなと思って注文したのが間違いでした。
スーパーに野菜調達に行ったのですが、み~んなすごい高値になっています。
それぞれの野菜の前で考え込み、とても手が出ないなといくつかをパスして帰ってきました。
特に葉物が高い!毎冬起きる現象なのですけれど、今年はとても寒いのでその影響が大きいのかも・・・。
来年は自分ちの畑で作る冬野菜で乗り切れたらいいなあ。乗り切りたいなあ。




cookie




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

お酒、チェンバロ、ビオラ・ダ・ガンバ :: 2013/01/06(Sun)

氷点下の日々が続いています。
寒いけれど朝のウォーキングはやっぱり欠かせません。
歩き終えた後のあの爽快感は一日をスタートさせるのに必要不可欠な感じがしています。
外は寒いけれど、陽が出ていさえすればストーブも使わずに済み、
家の中で温かく過ごせるのだから何の文句もありません。

昨日、18氏が湯本近くの酒屋さんに日本酒の配達を頼みました。
栃木のお酒を幅広く扱っているし、いずれ呑んでしまうのだからまとめて配達してもらって、
空瓶も回収してもらえるからいいんじゃない?というのでお願いしました。
(その前に18氏による入念なネット調査がありましたけど。)

店のご主人の栃木のお酒に対する熱い想いはこの間も感じたけれど、
昨日配達してもらった時に話している時もズンズンと伝わってきました。
いいなあ、ああいう熱い人。
山梨に居る時に勝沼ワインに賭ける若人たちを応援したいと思っていた1825と同じく、
栃木のお酒に情熱を注いでいる若き杜氏たちを育てたいという月井商店のご主人の想いがぴったり合った感じです。

テイク家ではそんなに高いお酒は飲めないし飲みません。
高くて美味しいのは当たり前で手ごろな値段で美味しいものを飲みたいというこちらの意思を伝えて
3本は18氏指定、一本は値段の範囲を指定してお任せという形で持って来てもらいました。
こんな風に話が出来て考える方向が一致している店と知り合えるのはラッキーです。

味噌の日野屋さんとチーズのチーズ工房さんと肉の金澤さんに加えて
酒の月井商店さんも贔屓にしたい店となりました。
何が良いってやっぱり対面で色々話しながら購入できるのがいいのです。
売り買いはそういう形が良いとお互いに思っているから尚更いいのです。



ajisai


>>続きを読む

  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

何か変 :: 2013/01/04(Fri)

昨日今日、朝起きると雪がうっすら積もっていて
凍りついている道を滑るのを用心しながら歩くのが嫌でウォーキングを中止してます。
そのせいなのかどうなのか、体調がすっきりしません。
今朝もいつも通りに起きてラジオ体操はしたものの、眠たい重いキリッとしない・・・。
朝食洗濯掃除等々、するべきことを終えても調子が戻ってこない。
ソファに座って本を読みながら瞼が閉じるのとの戦いです。
どうしようもなくなって「寝る!」と言って布団の中へ。
かといってすぐに眠れる訳でもなく本を読みながらウトウト・・・。

読んでいた本が読めば読むほど気が重くなる本なのに、
じゃあ勝手にすれば!と突っ込みながらも読んでしまって、我ながらどうして読了したのだろうと訝って、
なのに二冊目も同じ著者の同じ調子の本。流石に嫌になり数ページ読んで返却バッグへ。
嫌いじゃない著者だったんだけれど年代が進むとこうなるのか?なんか変。

 
午後半ばになってまた無性に眠たくなり布団へ。
今日はこんな日なんだと思ってぐっすり夕方まで寝ました。



nonbiri




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

素敵なお年玉をもらった気分 :: 2013/01/03(Thu)

ひさごんさんのブログで紹介されていました。



bird



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

二日目 :: 2013/01/02(Wed)

ウォーキングの歩数と距離を毎回記録しておくことにしようかな。
大した意義があるとは思わないけれど、
去年の暮れにラジオでやたらと一年で計何歩歩いたとか、何キロ歩いたとかいう投書があったから
テイクもちょっとやってみるかと思っただけ。きっとこれは三日坊主で終わると思います。

十数年前のオフ会をきっかけに葉書のやり取りを始めたHさん。
息子たちと同じような年代の女性です。
最近では年に一度の年賀状交換だけになってしまっていますが、今年も届きました。
今回の引っ越しのドタバタであちらの住所を無くしてしまい困っていたところです。
これでまた繋がった~。
昨日の初日の出の写真や那須連山の写真を使って彼女用の年賀はがきを作って近況報告を書きました。

wordであれこれ作るのって結構おもしろい。嫌いじゃないから傍から見たら馬鹿な事でもどんどんやっちゃう。
今年の手帳にもいろんなものをプリントして貼り付けてます。

18氏の尺八と合わせる為、「椰子の実」の伴奏練習中。
どっちが足を引っ張るのか・・・。

昨日の夕方のNHKラジオの番組にアーサー・ビナードさんが出演していた。
彼の絶妙な日本語の使い方が大好きで本も何冊か読みました。
今は広島と東京を行き来しながら原爆のことを詩に書いたりしています。
番組の中で読まれた「さがしています」という詩集の中の「時計」を彼自身が朗読しました。
詩もいいけれど彼の朗読はいつも素晴らしいのです。胸が詰まります。

ビナードさんが訳した「どうしてどうして?」という絵本が
5月に3歳になる獅子丸や12月に2歳になったばかりのくるりんに喜んでもらえそうだと思い贈ることに決めました。
「さがしています」はテイクに贈ろう。



テヘッ




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

2013年元日 :: 2013/01/01(Tue)


2013january01.jpg




年が明けた。
昨日が今日になっただけだけれど、去年が今年になったというと大きな違いがありそうな気がする・・・かな?
ここにいるとよっぽど意識しなければ新しい年を迎えたとかお正月とか、改まった空気を感じません。
玄関の一輪挿しの万両の赤い実とお雑煮とちょっとしたお節料理が少しだけお正月を演出してはいますが。

そうは言っても初日の出は特別なものと思ってしまうのはどうしてなのでしょう。
今年の初日の出は今まで見たいくつかの初日の出の中で一番綺麗で感動的でした。
何日か前に「ここから見るのが綺麗そう」と品定めしておいたウォーキング途中のスポットで待つこと1~2分。
山の端に太陽の光が輝き始め少しずつ姿を現す・・・全部現れるまでの数分の静けさ。
地球に住む全てのものが等しく幸せに生きることのできる世界になりますように。



特に何をした訳でもないけれど、
ああ、昨日の続きの今日もまた、いい日だったなあとしみじみ思える2013年の元日でした。


(写真は18氏がiPhoneで撮影したもの)






wreath


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2