Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




第二作、完成! :: 2013/09/30(Mon)

籐芸教室。3回目でやっと二作めが完成しました。
ここまでやって来るようにと言われた所まで何とかやって行ったけれど、
どうも中心がずれている感じで、出来上がるのか不安でしたが、
「大丈夫。最後には何とかなるから。」という先生のお言葉通り、何とか形になりました。ホッ。
よくよく見れば目が揃っていないし繋ぎ目が何だかなぁ状態だけれど、気にしない気にしない。

september12.jpg
(焦点が何処にあるんだかわからない写真だけれど、これも気にしない気にしない。)


次は彼岸花に挑戦です。一つ二つ花びらを編んだけれど、これまた歪な花びらになっています。
赤白合わせて106枚を編まなくてはならないみたいで、いつ出来上がるのでしょうか~~。
年を越さないようにしたいけれど、越すでしょうね。


今日も秋空の広がるいい天気。
夕方グリーンサム・Tさんにアストランティアの「白」の苗を株分けしていただきました。
このアストランティア、Tさんは埼玉で、テイクは山梨で何度も挑戦しましたが知らぬ間に消滅。
(夏の蒸し暑さや容赦のない陽射しに「融けちゃったのよ」と表現します。)
とにかくここの気候が合っているみたいで、
春に買った赤・白二種類のアストランティアを育てることがテイクにもできました。
Tさんの庭には毎年株分けして増えたアストランティアが見事に咲きます。
あんな風に咲かせられたらいいなあ~~~。





water




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

パイプオルガン整音作業見学会 :: 2013/09/29(Sun)

大田原市にあるハーモニーホールの大ホールにパイプオルガンを設置中で、
そろそろ仕上げにかかっている模様。
12月に初演奏会があるのですが、その前にチラッと見せてくれる会がありました。

何か月も工事中で閉鎖になっている大ホールに久しぶりに入って、
ステージの上の壁一面にを占めるパイプオルガンが真っ先に目に飛び込んできました。「おお~!」
周りの壁と合わせた淡いクリーム色の、上品な感じのするパイプオルガンです。

整音作業を見学する会だったけれど、実際には経過報告とちょっとした演奏で終わってしまったのは残念。
パイプオルガンらしい迫力のある厳かな音ではなかったのは、まだ整音が完了していないからでしょう。
オーストリアとフランスから来ている専門家は、人が入った状態で音を出すのは初めてなので、
今日の見学会は、これからも作業を続ける自分たちにとっても有意義だと言っていました。
10月いっぱいかけて全てのパイプの整音を終えるそうで、
完成後の演奏会で、どんな風に音が変わっているのかを聴くのが楽しみ。


今日は朝からだるくって眠たくって、ウォーキングもラジオ体操もパス。
久しぶりにのんびりモードで過ごした朝でした。ブランチにしたのも久しぶり
たまにはこういうのんびりさも必要だねぇと話し合った1825です。



nonbiri


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

広がる秋空 :: 2013/09/27(Fri)

昨夜はW家で上等なお肉でのすき焼き夕食。
ビール、ワイン、焼酎、呑み過ぎ~~。5時半から11時まで食べて呑んで喋って、初めての代行で帰宅。
今朝はとってもいい天気。青い空が深酔いした目に沁みる。

午後は一ヶ月以上間が空いてしまったヴァイオリンの「3人で練習会」にN田さんちへ。
余りにも天気がいいので歩いて行こうと家を出たものの、楽譜と譜面台が入ったヴァイオリンケースが重たくて、
途中で戻って車で出かけた。トホ。

みっちり(?)1時間練習。
3人とも練習不足を毎回反省するんだけど、
「ここ難しいよね」「中々弾けないね」と言い合いながら、各自の泥縄式練習は続いている。


帰ってきてぐっすり昼寝して、今日も日が暮れた。
 



テヘッ


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雨かぁ・・・ :: 2013/09/25(Wed)

今年の吊花の実はいつもより赤い。
鉢植えのそれほど背の高くない木なんだけれど、たくさんの赤くて小さな実に飾られている。
september10.jpg
今日は家の中から何度も目を遣っては見惚れていた。




日曜日に開かれる「那須九尾まつり」の為に今週いっぱいテニスコートは使用禁止。
白河市にある「しらさかの森スポーツ公園」のテニスコートで午前中二人で打ち合おうかと話していましたが、
ウォーキングから帰った途端に雨が降りだし、時間と共に本格的な雨降りになりました。
台風が接近中とかでそのせいかも知れません。何とも残念。
雨のお蔭で、一昨日植えたクリスマスローズやシュウメイギク、
アキチョウジやブルークローバーは活き活きとし始めました。雨が降ってよかったということです。


よって計画変更。
ヴァイオリンの練習をして、YOUTUBEでテニスの試合(フェデラーが主体)を見て、絵を描いて、
とある事の構想を練り、ピアノも練習して・・・・・・。雨降りも悪くはない。
夜は近くの音楽ホール「MUSE」で開かれた「元岡一英 Jazz Trio Live」へ。 





house


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

秋の庭の冬支度 :: 2013/09/24(Tue)

8月末日から非日常の生活をしているうちに季節はすっかり秋。
ホトトギスやミズヒキや秋海棠、藍、サルビア、萩、真っ赤な実がはじけている吊花、
黒い実がジャムになるのを待っている夏ハゼ、もうすぐ開きそうなシオンやリンドウ・・・・・。
地味だけれど味わいのある秋の庭です。
シオンもリンドウもホトトギスもみんな自生のものなので尚更愛おしいな。

september07.jpg
              玄関脇のホトトギス


september08.jpg
            イロハモミジの下のホトトギス



september09.jpg
            ミヤコワスレの株の合間に咲くホトトギス





久しぶりにグリーンサム・Tさんの庭を拝見して、またまた刺激を受け、
クリスマスローズとかシュウメイギクとかあれもこれもと厚かましくもまたまた株を分けていただいてきました。

去年Y村さんに頂いたポインセチアの元株と挿し芽をして夏の間に育った3株をそれぞれ鉢に移し、
今日から家の中で12時間ダンボールの真っ暗闇の中に置くという(テイクにとっての)苦行を開始。
毎夕6時に段ボールを被せて朝8時にダンボールを外して日光に当てると云う作業を1か月強続けると
花芽がつき色も赤くなるという指南に従って始めたのです。面倒だなあ。毎日ちゃんと出来るのかい?と自問自答。
でも挿し芽を成功させてそれなりに立派な株に育てたんだから最後までやってやろうじゃんと云う気もあります。
ま、クリスマスのお楽しみ~~ということで・・・。

水仙とカタクリの球根を購入しました。
チューリップの球根選びに迷いに迷っているこの数日。結局は富山から取り寄せることになりそうです。
18氏の畑も冬野菜の種まき完了。
庭や畑の冬支度、春の準備が始まりました。



water


  1. 土いじり
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

嵐と共に獅子丸去る :: 2013/09/17(Tue)

1週間の滞在予定だった哲学家族は、ビザ更新が滞り帰りの飛行機の便変更にも苦労して、
結局1週間延びて、昨日あの台風18号の雨風吹き荒れる中、早めに東北新幹線で東京に向かい、
夜の便で成田を経ったのです。
2週間の賑やか生活が終わり、今日は天気もテイク家も台風一過の静かな日でした。
ふぅ~~~っ。疲れたけれど、ちょっと寂しいな。

「今が旬」の獅子丸は次から次へと1825を楽しませてくれて、大いに心浮く2週間でした。
3歳の彼はこの那須の田舎で、今までしたことのない刺激的な体験をした筈です。
ちょうちょやトンボを捕まえたり、ムクゲの木を丸裸にしている蛾の幼虫をつまんで捕ったり、
カマキリの脱皮を目撃したり、大きな芋虫に触ったり・・・とにかく色んな虫といっぱい遊んだし、

september06.jpg

september04.jpg september03.jpg

18氏の真似をして、手ぬぐいを首に巻き、靴下をジーンズの裾に被せるように履く畑仕事ルックになって
大根の種蒔きをする18氏を手伝った(?)し、

september05.jpg
全てが初めての事だったから先入観なく大喜びでここの自然に接していたような気がします。

心配は放射能。
1週間が2週間になったけれど、畑で収穫した茄子やピーマン、枝豆は獅子丸には食べさせず、
食材には充分気を使い、できる限りのことをして守ったつもりなので、良しとすることにしました。




さてと今日から日常生活。テニスもしよう。ヴァイオリンの練習もしなくっちゃ。



テヘッ



  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

獅子丸旋風 :: 2013/09/01(Sun)



獅子丸来る!
遂に来た!
59歳差の獅子丸とのお付き合いは面白い。

「なんで?」「どうして?」の連発の対応にアタフタしている。
さっきまで「だぁ~い好き」と言っていたものが、何かの拍子にご機嫌が崩れて「好き ないよ」などと云う。
ご機嫌が直ればまた「だぁ~い好き」になってびっくりするほど食べたりする。

三歳児は愉快だ。



september01 (2)


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2