Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




冬ですね~ :: 2013/11/29(Fri)

今朝の霜柱の見事なこと。
空気はキ~ンと冷たくネックウォーマーをきっちり口を覆うまでに引き揚げ、
毛糸の帽子を目深に被ってウォーキングに出ました。
スタッドレスタイヤに交換完了。袢纏も出したし、もう冬です。

昨日一昨日とテニスクラブの忘年会合宿に出かけていて、
帰ってきたら、まだ数輪の花といくつかの蕾を付けている薔薇たちが強い北風に耐えるように吹かれていました。
だから、今日こそはと、午前中暖かくなってから剪定と誘引作業に精を出しました。
思いっきり剪定したつもりだけれど、終わってみれば未練ったらしい切り方が見え見え。
来年、どんな樹形に育つかは、この時季の剪定にかかっているんです。楽しみと言うか不安と言うか・・・。



午後ひっさしぶりにスゥイートポテトを作ってみました。

november05.jpg裏ごししない適当スゥイートポテト。ラム酒を少し垂らして練ったので大人っぽい味です。

合間にクックパッドのレシピで大学芋もどきも作りました。
「揚げない」という言葉に飛びついたのですが、やっぱり本格大学芋には数段劣りますね。
時間と気力に余裕がある時にちゃんとしたのを作ってみましょ。






house




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

強行採決 :: 2013/11/26(Tue)

昨日は1ヶ月経つのが早い!と嘆き、今日は2週間もあっという間だったとため息。
午後にヴァイオリンの3人練習会があるのでお尻に火がつき、家事を済ませてすぐに泥縄式集中練習を始めました。
昨日は少し、今日はみっちりと云った感じで、
いつものことだけれど毎日少しずつやっていればもっと上手になる筈なのにと内心思いながら。

18氏は「ニコニコ動画」で衆議院特別委員会の生中継を観ていました。
秘密保護法案の強行採決が「予定通り」為され、
今国会で成立させようと躍起になっている自民党安倍内閣の目論見が一歩進んでしまいました。
強行採決の瞬間はヴァイオリンを置き、テイクも騒然とする委員会の様子を聞いていました。
何というひどい国だ、とつくづく思う。涙が出るほどに地団太踏むほどにそう思う。
日本の将来を左右する、私たちの子供たち孫たちの未来を左右する(廃案にすべき)重要な案件なのに、
審議に時間をかけず、議席数に物を言わせて成立させてしまおうとするやり方を許さない。

「平和な日本が終わる日になるかも知れない」と志村建世さんがブログに書いています。


開会日 : 2013年11月26日 (火)
会議名 : 国家安全特別委員会 (2時間18分)

(国会審議ビデオライブラリ)





bird





  1. 自民党安倍内閣の暴走
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

飽きたので次へ :: 2013/11/25(Mon)

もう一ヶ月経った!籐の教室のある第4月曜日。
彼岸花を作り始めて3回目だけれど、遅々として進まず。
赤い花びらを編むのに飽きて、完成にほど遠いまま次の作品に移らせてもらいました。
やっぱりテイクにはこんな細かい作業は向いていないのだ、と改めて認識した次第です。情けないけど仕方がない。

今回はクラフトテープで石畳編みのティッシュペーパーの箱カバーを作ります。

最初はこのパターンを8つ編んで下さい、と言われて注意深くせっせと編みました。
そして、「ここまでは取り出し口の空間を作った訳で、この両隣にもう一つの色で一つ編んで・・・」と先生。
????? 空間を作った????? どういうこと?????

「そう、この部分は後で切り取ります」 
!えっ!切り取っちゃうんですかぁ?

november04.jpg
この真ん中の茶色い部分、石畳のモチーフ8個分を後で切り取るらしいのです。
今回は絶対に失敗しないぞと思って丁寧に丁寧に編んだのに・・・な~んだ。

でも、とにかく彼岸花よりはテイクには合ってるみたいなので来月には出来上がるかも。
ということは年内に一丁あがりだ。



テヘッ




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

近づく冬 :: 2013/11/24(Sun)

寒い朝。
ウォーキングに出たものの、顔に触れる空気が冷たくて思わず体を縮めてしまいました。

いつタイヤ交換をするか迷うところです。
もう茶臼岳は白くなっているし、去年は12月に入って早々に積もるほどの雪が降ったし、
早めに用意をしておくに越したことはありません。
雪かきの後の温泉が楽しみになる季節。家に篭って静かな時間を過ごす季節。




nonbiri




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「秘密保護法案」反対集会 :: 2013/11/22(Fri)

november03.jpg


国民が自由にものを言えなくなる、本来国民の物である情報を知ることができなくなる、
戦前の治安維持法にも匹敵する「秘密保護法」が自民・公明、主導、みんなの党、維新の会の裏切りで
実現されそうな方向にジワジワと進んでいます。
何が秘密かさえも知らされず、情報公開を求めるすべもなく、
国が秘密に指定したものは何十年経っても国民の目に触れることなく闇から闇へ葬り去られる、
民主主義、国民主権を根底から否定するようなそんな国にはしたくありません。

絶対に廃案にしなくては。
そんな思いを抱いて11月21日、1万人が日比谷野音に集まりました。
弁護士会も報道関係者も反対表明をし、国に抗議の文書を渡しています。
この声を振り切ってまでも自民党安倍内閣はこの「秘密保護法」案を通そうとするのでしょうか。
国会での審議も煮詰まっていないのに、限られた政党だけで形だけの調整を経て通過させようとしています。
そんな横暴は許さない。


集会に参加していた大木晴子さんの写真→
  11月21日日比谷野音 

田中龍作ジャーナル→ 入場制限が出て中に入りきれなかった人たちもいた。 


bird


  1. 自民党安倍内閣の暴走
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アスピリンローズ :: 2013/11/21(Thu)

こんなに晴天が続いてくれて本当に嬉しい。
空気は冷たいけれど、お日さまの力で寒さを感じないで居られるのは有り難く、
テニス仲間はみんな気持ち良さそうにゲームに興じました。

今日は「悩ましい」なんて言わないでテニスと庭仕事を両立させました。
明日いただくことになっている薔薇の植え場所を決めて、深く掘って石を取り除き堆肥を混ぜ込んで準備完了です。
気分も良く早めのお風呂にゆっくり浸かって、リラックス。


いただく薔薇は「アスピリンローズ」というへんてこりんな、薔薇に似合わぬ名前です。
ドイツの製薬会社が鎮痛剤アスピリン誕生100周年を記念して、薔薇の品種改良専門の会社に作らせたとか。
まいっか、名前はどうでも。病気にも強いらしいし、花をたくさん付けるみたい。
大事に育てなくっちゃね。



water



  1. 土いじり
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

悩ましいテニス日和 :: 2013/11/20(Wed)

嬉しいことに毎日いい天気が続いています。
今日もテニス日和で午前中テニスコートへ出かけて、水曜日会のメンバーと練習やゲームを楽しみました。
明日はNTCの練習日。

テニス日和と言う事は庭仕事日和と言う事で、
まだ多少残っている冬篭り前の準備をほっぽり出していてテニスをしている訳です。
午後やればいいやと思っているのですが、テニスで疲れて庭に出る気力が残りません。
テニスはしたいし、片づけるべき庭仕事もあるし、さぁ今日は庭仕事を、と思う日は天気が悪かったりするし、
ああ全く悩ましい。



テヘッ


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「ペコロスの母に会いに行く」+本日は晴天なり :: 2013/11/19(Tue)

間を置かずにまた映画を観に。どうしてこんなにまとめて行く訳?と思うけれど、
それなりの訳もあって(でもその訳は冷静に考えればそうまでしなくてもという感じの訳なのですが)
あと一回近々また映画館へ行くことになります。

「ペコロスの母に会いに行く」という、実話を基にしたボケた母と息子(と孫)のあれこれを描いた映画です。
徐々に痴呆が深くなって行く母をどの時点で専門の施設に任せるか・・・。
中々身につまされる話で、1825が18だけになったり25だけになった時にはどうしたもんかねえと二人で呟きました。
映画としては、ま、可もなく不可もなくと云ったところでしょうか。


今日も朝から綺麗な青空が広がっていました。正真正銘の晴天。
コンピューターをいじるには眩しすぎるのでレースのカーテンを下ろしたら、こんなシルエットが・・・。

november02.jpg





wreath




  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ハーブ石鹸作り :: 2013/11/18(Mon)

1か月前ほどから約束していたのですが、アロマとハーブで自分の目的に合ったものを作らせてもらいに
RVの隣の守子の郷に住むTさんのお宅に伺いました。誘ってくれた美容師のMさんと彼女の友達も一緒。

アロマテラピーなんてほとんど興味を持ったことがなかったし、
今日も、香りのいい何かが作れればいいかな程度の気持ちで出かけたのですが、
アロマテラピーの基礎知識を少し教えてもらううちに
ほぉ~、へぇ~、それでそれで?とどんどん引き込まれていったのには我ながらびっくりしました。

お皿を洗ったり布巾を洗ったりもちろん手も洗える石鹸で手を洗わせてもらって「すご~い」。
3人とも大感動!
洗った後の滑らかさがすごいのです。ハンドクリームを塗ったみたい。
先生は「手が荒れてるなと思ったらこの石鹸で手を洗うのよ」と仰る。へぇ~。

良質の石鹸素地と何かの精油(名前を忘れた)とレモンで作られていて、
余程ひどい油汚れで無い限りこれで充分らしく、あとは重曹とクエン酸があれば台所仕事は完璧だそうです。
ほぉ~~。
他にも色々な効用のあるスプレーをいくつか紹介してもらった後、
「さあ、今日は何を作りましょうか」との先生の言葉に3人とも石鹸を作りたい!

早速台所で作業が始まりました。
石鹸素地の入ったビニール袋にレモングラスやレモンバームなどを煮出した液(=ハーブティー)を入れて
パン生地を捏ねるみたいにムシュッムシュッと捏ねて(というか、揉んでというか)、
何かの精油を入れて更に揉んで成形すれば出来上がり。

これを乾燥させて使うので1週間ほど待たなければならないのがちょっと残念。
台所だけじゃなくて、体も顔も頭も洗えるのでどんどん使って下さいとのことでした。
注意点は溶けやすいので使い終わったら乾きやすいようにしておくことだそうです。


ふ~む、中々良い感じの石鹸ではないか。
香りも良く、洗った後の肌はしっとり滑らかになるし、布巾などは白くなると云うし・・・。
一番にガラスのコップを洗ってみて、という先生のお勧め。
踵をすべすべにするんだと3人の意気込み。
1週間後が楽しみです。

石鹸が出来上がって、気分が高揚したままお喋りを続けている時に淹れていただいた
レモンバーム、ジャスミンジャスミンしていないジャスミン(?)、ローズヒップのハーブティーの美味しかったこと。
あと2~3回色々教えてもらいにいこうかなぁ。
材料は生活の木で調達できるみたい。



ajisai




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「かるがもミックス」が終わった :: 2013/11/17(Sun)

悪天候で1週間延期された「かるがもミックスダブルス」が昨日ありました。
要するに男女二人で一組となりプレーするテニスの試合です。
昨日は天気が良かったものの、一昨日に雨が降り那須町のクレーコートはコンディションが悪くて使えません。
結局、幹事局が手を尽くしてオムニコート5面を確保した西那須野のスポーツ公園で開かれました。
かるがもはこうして毎年あちこちコートを探して移動する・・・
那須町も早くクレーからオムニに改修して欲しいというのがテニス愛好家の願いになっています。

かるがもミックスの参加者は三十数組。
そのうちの一組である1825は何もできないまま、あれよあれよと思う間に敗退してしまいました。
み~んな上手なんだもん。
残念と言えば残念だけれど、まぁこんなもんかなという結果です。



かるがもミックスが終わったので、今日は残っている庭仕事に戻りました。
パンジーとヴィオラを買い足して庭のあちこちに植えて、
時季外れで放出価格になっていたので買ってきたアイリスの球根も植えて、
先日のすごく寒い朝に一気に枯れてしまった宿根草の地上部分を切り詰めて、
通りかかったグリーンサムTさんの庭を見に行って長話して・・・。

鉢植えの薔薇の植え替えや、コマツガーデンに注文した薔薇の大苗を植える場所の土作りもしなくっちゃ。
もう少ししたら剪定や誘引もやんなくっちゃ。
片づけなければならない仕事がまだ少し残っています。
それが終われば冬篭り。




water




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「清須会議」 :: 2013/11/15(Fri)

6月以来久しぶりに映画館へ出かけて、「清須会議」 を観てきました。
物語は明智光秀が信長を暗殺したところから始まり、
秀吉、柴田勝家、丹羽長秀を中心に天下取りを画策する面々の駆け引きを描いています。
面白い!筋も脚本も役者も良いからでしょう、とにかく面白い。
秀吉とはああいう人物だったのだろうと納得してしまいました。



因みに、清州はテイクが育った町のすぐ近くの町で、小学校の遠足で清州城に数度行った覚えがあります。
すごく身近に感じる響きだし、映画の中の秀吉が喋る尾張弁が妙に懐かしかったりしました。
(ちょっと違うぞと思う点もありましたが)
テイクが知っているのは「清州」なのにどうして「清須会議」?と疑問に思って調べましたらば、
町村合併後に清須市というのが生まれたらしいのです。
テイクは違和感を感じますが、架空の話だから「清須」という現代表記にしたのかな~。




テヘッ




  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2013/11/12(Tue)

起きてびっくり、デッキが雪でうっすらと白くなっている。
雪が舞う中をウォーキング。
寒い寒い。今年は紅葉をゆっくり楽しむ間もなく冬に向かうみたい。
タイヤの履き替えを計画すべし、かな。


house




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

冬がやって来た・・・みたい :: 2013/11/11(Mon)

ラジオ体操をしている時も、ウオーキング中も後も、太腿から股関節、お尻、腰の辺りまで重い感じで痛む。
寒くて厚着をするから脱ぎ着にも時間がかかる。
よいしょとかどっこいしょとか言いながら、あ~あやんなっちゃうな~。
昨日の集会で立ちっぱなしだったのが響いているのかしら。
体がこうだとやる気が起こらないから、掃除もちょこっと手抜き。
それにみぞれみたいのが降ったりその後冷たい雨になったりでとっても寒い。
郵便配達さんが「ちょっと上の方ではもうスタッドレスに履き替えてますよ~」と言っていたと18氏。
明晩は雪という予報が出ているらしいし、もう冬なのだわ。

明日ヴァイオリンの3人練習があるのに、今日も遂に練習しなかった。どうしましょ。
明日の午前中に賭ける!

cookie


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

さようなら原発!とちぎアクション :: 2013/11/10(Sun)

参加予定のテニスのミックスダブルスの試合が悪天候で延期されたので、
前々から試合がなければ行こうと決めていた「さようなら原発!とちぎアクション」に参加しました。
宇都宮まで電車で50分。会場は城址公園です。
ジャーナリストの鎌田慧さんと絵本作家のいわむらかずおさんがメインスピーカー。

鎌田さんは、「東電福島第一原発の事故で原発が危険なことも莫大なお金がかかることも明らかになったのに、国は未だに原発は安全安価だと言い続けている。それは核武装するつもりでいるからだ。」と話しました。

いわむらかずおさんは人気シリーズ14匹のねずみの家族のお父さんのコメントを預かってきました、と言って、
「私たち家族が生活している森にはカエルやトンボ、カマキリや蝶々なども一緒に生きています。、四季を通して私たちに恵みを与えてくれている草花や木々や木のみがあの原発事故で放射能に汚染されてしまいました。私たち森の仲間は、人間みたいに遠くで採れた食べ物を運んできて食べる訳じゃないので、放射能で汚れた食べものを今も食べて生きています。そんな風に被曝した私たち小動物を食べて生きている鳥やキツネやタヌキたちもきっといつか被曝するでしょう。自然を壊してしまう原発はもう止めて下さい。」とねずみのお父さんの気持ちを披露しました。もちろんこれはいわむらさんの気持でもあります。

放射線量の高い日光で子育てをしているお母さんや、浪江町で被災し、家族が3か所に分かれて暮らし喪失感や怒りにさいなまれているという宇都宮に仮住まいをしている女性、放射能汚染で椎茸農家を止めざるを得なかった那須塩原市の男性の話も聞きました。事故後2年8ヶ月になるのにこんなに苦しんでいる人たちの救済もきちんと行われていません。


november01.jpg

集会後、2200人の参加者は思い思いのプラカードや、
いわむらかずおさんの14匹の家族が描かれた風船やプラカードを持って宇都宮駅まで行進しました。



flower




  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ブログ「秩父事件・・・」 :: 2013/11/09(Sat)

秩父事件のことを少し勉強しようと思うきっかけとなった「金峰山(長野編)」を多くの人に読んでもらいたくて、
ブログ「秩父事件・・・」というのを立ち上げ準備をしていました。
この小説を少しずつ掲載しながら、テイクが読んだ本のことや知ったことも時々紹介していこうというものです。

作者を宮崎吉宏さんという本名で紹介し、題名も「秩父事件長野編 『金峰山』」とすることになりました。
明治政府によって、秩父事件に関わった農民たちは暴徒という汚名を着せられ、蜂起の真実は長い間明らかにされてきませんでした。秩父事件とはどういうものだったのか、蜂起に加わった人たちの想いを広く知らせたいという宮崎さんの熱い気持ちがこの小説には込められています。

少しずつの紹介なので掲載を完了するまでにどれほどの時間がかかるかわかるか知れませんが、時々ブログ「秩父事件・・・」を覗いて読み続けていただければ嬉しいです。





chair


  1. | trackback:0
  2. | comment:0

アンサンブル~アルモニュー :: 2013/11/04(Mon)

那須野が原ハーモニーホール・小ホールで
「アンサンブル アルモニュー」という日フィルと都響メンバーによるコンサートがありました。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ファゴット、ホルンによる七重奏の演奏会です。

第一部は七重奏用に編曲した喜歌劇「こうもり」序曲に始まり、弦楽四重奏で「チャルダッシュ」、
それに続いて四つの弦楽器と管楽器が一種類での演奏でした。
クラリネットが「悲しきワルツ」、ホルンが「鳥の歌」、ファゴットが「リベルタンゴ」。
通常は他の楽器で演奏される曲をこういう編成で演奏するのは聴いたことがないのでとても興味深かったです。
それぞれの楽器の奏者が観客を笑わせながら楽器の歴史や特徴を話してくれて愉快だったし、
演奏も勿論うまいから会場の雰囲気がぐ~んと盛り上がりました。

そして第二部はベートーヴェンの「七重奏曲 変ホ長調 作品20」。
この曲とシューベルトの八重奏曲を演奏する為だけに世界各地で八重奏団が結成されているそうです。
六楽章で成り立っている曲で、7人の息がぴったり合った演奏が素晴らしかった!

山梨で毎年8月に聴きに行っていたN響メンバーによる清里での演奏会と同じように、
普段なかなか聴くことのできない編成の曲が気楽に楽しめたいいコンサートでした。
こういう良い音楽会をもっと頻繁に開いてくれたらいいのになあ~~と思います。
・・・が観客が少なくてとても残念。宣伝が足らなかったのかな?
もったいないですね。

「アルモニュー」とはフランス語で「調和のとれた、美しく響きあった」というような意味だそうです。
確かに美しく響きあっていました。幸せで豊かな気持ちになって帰ってきました。



icon23.gif icon22.gificon21.gificon22.gificon21.gificon22.gif 





  1. 音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

文化祭 :: 2013/11/03(Sun)

11月3日、文化の日。明日は代休(?)で三連休です。
連休でも日曜日でも水曜日でもテイクにはな~~んにも影響はないけれど、
それにしてもどうしてこんなに三連休が多いのでしょうねぇ、と思ってしまう。

毎年恒例になっているRVの文化祭。
1825は2回目の参加です。
去年の文化祭はこんな風。今年も同じ感じでたくさんの住人が参加して楽しいひと時でした。

1時半から消防団と消防署の指導で防火訓練が始まったのですが、
途中で火災発生という知らせが入り訓練は中止となり、署員・団員の皆さんは2台の消防車で現場に向かいました。
参加者は「消火活動をよろしくお願いします。ご苦労さま。」という気持ちで見送りました。
まさかの出来事でびっくり。




秋が深まってゆきます。



秋色




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

庭仕事も愉し、テニスも愉し :: 2013/11/02(Sat)

昨日は穏やかで絶好の庭仕事日和。
朝から一日中庭に出ていました。
チューリップの球根40個、クロッカスを25個、水仙9個にカタクリと貝母百合を2個ずつ、
何処に植えようか(埋めようか)と迷いながら何とか片づけたけれど、
何処に何が埋まっているかはもうあやふやです。

コンポストを買って来て18氏に設置してもらいました。
この間は腐葉土を作る為の囲いのあるスペースを作ってもらったし、
これで来年の今頃は自家製の堆肥と腐葉土が使えるようになっている筈。

グリーンサムTさんにブルークローバーとワイルドストロベリーとカンパニュラをまたまた分けていただいちゃって、
今日はしっかり庭仕事が楽しめるねと二人ともニコニコ顔です。
庭を行ったり来たり動き回りました。薔薇の植え替えを一つ片づけたところで日没。
明日はパンジーとヴィオラを買ってきて植えようと計画を立てたのです。

そのつもりだったんだけれど、今朝ウォーキングから帰ってきたら、
9時から白坂のコートが取れたので集合!というメール受信。(本当は昨夜届いていたのにチェックせず)
慌てて朝ご飯を食べて喜び勇んで家を飛び出し、お昼までたっぷりテニスをしました。
本当に気持ちがいい。楽しい。
10日に1825でミックスダブルスの試合に出る予定なのを知ったクラブの長老が特訓をしてくれました。
腰を落とせ!というのが長老と18氏の共通の指摘です。わかっちゃいるけど出来ないの・・・。

こんな天気が続けばテニスも庭仕事も愉しめます。とにかく雨さえ降らなければねぇ。



 



water




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0