Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




来年の手帳 :: 2013/12/31(Tue)

大掃除もお節料理も特にやらないぞ・・・と思っていたけれど、
毎年作っている黒豆と昆布巻きと筑前煮はやっぱり昨日と今日で作った。
余りにも汚れの目立つ南側の窓ガラスと洗面所とトイレの換気扇のフィルターを二人で分担して綺麗にもした。

「獅子丸カレンダー2013」を、クリスマスプレゼントとして届いた「獅子丸カレンダー2014」に架け替え、
これで年越しの準備完了!二人だけの生活なので気楽なもんです。


小さな町で小さく動くだけの生活なのでもうちゃんとした(?)手帳も必要ありません。
5年ほど使っていたほぼ日手帳を止めて、
2014年はコクヨの文庫本ノートを使うことにしました。



december17.jpg
テイクが選んだノートの表紙
気楽にやりたい・・・みたいなことが小さく書いてある



罫線だけのノートに月ごとに色を変えて自分で12か月分の月間予定表をせっせと作るのに2時間ほど没頭。

december18.jpg



最終頁には個人情報を書いて(書かない方がいいのかも知れない)、
後は最小限の範囲で必要な電話番号のページも作ろう・・・いろいろ考えるのも楽しい。
こんな生活をしているテイクが自分に合わせて作る訳だから中々使い易そうな気もします。 


2014年が来る。2013年バイバイ!




flower




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

2013 「聴きに行った、観に行った」 <記録として・・・> :: 2013/12/30(Mon)

・1月20日 「歌舞伎をもっと身近に感じる」  @那須野が原ハーモニーホール
  
・3月1日  「市原悦子 朗読とお話の世界」   @栃木県相総合文化センター

・3月17日 那須フィルハーモニー管弦楽団第14回定期演奏会  @那須野が原ハーモニーホール

・3月24日 那須室内合奏団 第五回記念演奏会  @那須野ヶ原ハーモニーホール

・6月11日 日光東照宮美術館 
妹が来たので東照宮へ行ったついでに美術館に寄った。 昭和初期の建物で趣きがある。横山大観の襖絵は余りいいとは思わなかったけれど、仕上げるまで外部との接触なしに描き続けたという他の画家たちの襖絵や屏風などが圧巻。

・6月13日 「―ゴッホに愛された花魁― 溪斎英泉展」 @那珂川町馬頭広重美術館
建物に興味があるから行ってみたいと妹が言うので出かけた。 なるほど片田舎に(と云っては失礼だけど)静かに佇む気配は中々良い。 後ろの雑木の丘や竹林を借景として効果的に使ってあり見惚れた。  
特別展は溪斎英泉という江戸文化が最も成熟した幕末期に美人画で活躍した浮世絵師の作品が数多く展示されていて、見応えがありとても良かった。一つ一つじっくり見て行ったら、  「偏愛ムラタ美術館」 でゴッホが真似て描いたと比較紹介されていた英泉の「雲龍裲襠(うちかけ)の花魁」が。実物に出会えて嬉しかった。
館内のレストラン 「雪月花」 もお勧め。  
  

・6月26日 ~藤村俊介を聴く~  @MUSE

・7月20日 ~バンドネオンNo.1奏者が贈るタンゴな夕べ~ 
 @那須野が原ハーモニーホール

・8月18日 河口湖音楽祭フィナーレ @河口湖ステラシアター
毎年行っている音楽祭。那須からは遠いしどうしたもんかなあと迷ったが、山下洋輔がゲストで面白そうだから行ってみた。シエナ・ウインド・オーケストラはいつも通り良かったけれど、期待していた山下洋輔の演奏にはがっかり。同じようなアドリブが延々と続き、「もう飽きたよ~~、早く終わらないかな」と心の中で呟いていた。アンコールも聴かず、コンサートの最後の恒例の大花火も楽しまずに会場を出た。本当にがっかり!

・9月某日 いわむらかずお絵本の丘美術館 
獅子丸に14ひきたちの絵を見せたくて連れて行った。獅子丸の大好きな14ひきシリーズの特別展開催中。やっぱり原画はいいなと思った。14ひきの話が生まれるまでの経過が興味深い。いわむら氏は益子に移り住み、雑木林や池や田んぼ・・・周りの自然をスケッチしながら、人間はその自然の中の小さな生き物の一つなんだという思いで絵本を生み出している。

・9月21日 小山実稚恵 ピアノリサイタル @那須野ヶ原ハーモニーホール
シューベルトの即興曲4曲、ベートーベンのピアノソナタ「月光」、ショパンのポロネーズとノクターンを1曲ずつ、リストを2曲
好きなピアニストだ。この人のリストがいいなと思う。


・10月9日 お月見コンサート @非電化工房

・11月4日 アンサンブル アルモニュー  @那須野ヶ原ハーモニーホール

・11月8日 パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団 特別演奏会 @栃木県総合文化センター

シエラオーケストラの吹奏楽とどう違うのだろうかとの興味で行ってみた。第一部は調子に乗らないのか、何だか冴えない演奏でシエナの方がうまいと思ったけど、第2部の2曲目「ダッタン人の踊り」と3曲目のベルリオーズの「幻想交響曲」は良かった。な~んだ出来るんじゃん・・・などと生意気にも思ってしまったけれど、それでも、東京だか横浜だかで開かれたコンサートをFMで丸ごと放送したのを聴いたらば、そっちの方が格段にいいではないか。どうして?!

・12月21日 山形交響楽団特別演奏会 @那須野が原ハーモニーホール
パイプオルガンの設置が完了した大ホールでの演奏会。プログラムの最後はサン=サーンスの交響曲第3番ハ短調「オルガン付き」という初めて聴く曲で、とっても華やかだ。各パートが洗練された音を出し絶妙に響き合い、バランスのとれたオーケストラだった。オルガン奏者はジャン=フィリップ メルカールト。そして、第一部でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏したヴァイオリニストのクララ=ジュミ・カンの音も演奏もとても良かった。大ホールは改装後、音響がとても良くなった気がするけれど、気のせい?




ヴァイオリン、クラリネット、ホルン、トランペットなどの、コンクール優勝者の出演するコンサートにも行ったけれど、日にちも出演者も記録にない。それぞれがいい演奏をしていたことだけは覚えている。来年は一つ一つちゃんと記録しておこう。


icon23.gif icon21.gif icon21.gif



  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

この一年 :: 2013/12/29(Sun)

3月 RV籐芸教室に加わる 不器用テイクにはこの教室が向いていないことが月を追うごとにわかって来た 今の課題を上げたら止めよう

4月 しりもち事件 腰を傷め完治まで1か月半ほど

6月 ヴァイオリン仲間が見つかり10年間開けなかったケースからヴァイオリンを取出し、ほぼ隔週ペースで3人練習会開始
7月 しりもち事件で増えた体重を落とそうとこれまた10年間休止状態だったテニスを再開
夏の間は雨が多くて中々できなかったけれど晩秋からは週3回のペースで出来るようになり、今はもう夢中

9月 獅子丸たちが2週間滞在 トンボや蝶々やカエルやカマキリを歓声を上げて追いかけ回す獅子丸
楽しい2週間だったなあ 



主だった出来事はこんなもん。腰を傷めたのは大きな痛手だった。今も疲れると痛くなる。ま、腰だけじゃなくて膝だったり腿だったり体のあちこちに多かれ少なかれガタがきているのは確かだ。一年過ぎてそれがまた増えた訳だ。
だけれども、テニスは出来るしギコギコ音だけどヴァイオリンも愉しめる。那須に来て一年、行動範囲も交友関係も徐々に広がり、18氏とも何だかんだ喧嘩しながら平穏な暮らしが続いている。私的には幸せな一年だった。

日本にとっては2013年は歴史に刻まれるほどの最悪の転換期だったのではないか。安倍内閣の暴走ぶりは本当にひどい。
改憲を声高に言い始め、憲法解釈が容易に変えられるような人事を行った。
アベノミクスだの積極的平和主義だの内実を隠しながら薄っぺらな言葉がポンポン飛び出した。
12月に入り、法曹界、学者、演劇人、音楽家、ペンクラブ・・・など多くの団体の反対声明や、説明不足だという公聴会の意見を無視し、秘密保護法をごり押しで通してしまったし、NSC=国家安全保障会議なるものも設立した。
道徳授業の復活、教科書に第二次大戦についての政府の見解も記すべきとの発言。
沖縄の自民党議員に「普天間飛行場の県外移設」という公約を破らせ、普天間飛行場の辺野古への移転を県民の反対を無視して知事に認めさせた。
中国や韓国はもちろん、米国や国連からも非難されるような靖国参拝を、就任から一年経った26日に決行した。
この一年、日本を戦争の出来る国へと着々と変えてきた安倍晋三首相とその内閣に、このまま好き勝手をさせておく訳にはいかない。
december15.jpg



秘密保護法案通過の陰で、いくつもの悪法も成立した。

december16.jpg

2013年のことをしっかり覚えておこう。



  1. 雑感
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雪の朝 :: 2013/12/28(Sat)



昨夜のうちに雪が降り10cmほど積もっていました。
朝焼けが綺麗・・・
december14.jpg

18氏は雪かきを、25は残りの年賀状の仕上げをして午前の部は終わりです。
午後は手持ちの物より少し進歩した雪かき用具をホームセンターで買ってきて
今晩も降るという予報に備えました。これなら25でも楽に雪かきできるらしい。

晩ご飯は、いつもと分担を交代して、25がキーマカレーを作り、18氏がナンを作りました。
粉と格闘する18氏はこのレシピはわかりにくい!とご立腹。
粉物は初めてなんだから、そりゃそう簡単にはいかないよん。


年末年始はテニスも出来ないし、年賀状も投函したし、編み物に集中します。
目を落としたり、どういう訳か逆方向に編んだりして訳が分からなくなること多々。
Tさんに助けを求め修復をしてもらうものの、また同じことをやったりしてました。
編んでは解いて解いては編んでを繰り返しているベストを少し休んで、市松模様の帽子を編むことにしました。
いつ編み上がるのでしょうねぇ~~~。





テヘッ




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やっと腰を上げて・・・ :: 2013/12/27(Fri)

世の中は仕事納めかいな。
師走もクリスマスも大掃除も関係なく、今のテイクの年末年始の唯一の行事と言えば年賀状書きです。
「お尻に火が点かないと・・・」性格により、今頃になって書き始めるという状態。
果たして一月一日に配達されるのか、な?
大半は終わったので明日にはまとめて投函できそうですが・・・。



テヘッ


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

福島県西郷村の仮置き場 :: 2013/12/25(Wed)

栃木県の那須町と隣り合わせにある福島県の西郷村(にしごうむら)の堀川(ほっかわ)ダムのすぐ上に
村内で除染された堆積物や表土などを保管する仮置き場が作られました。
今日、富山の「福島の子供たちをすくう会」の主宰者・川嶋さんが農林省に勤める知り合い二人と、
福島県在住の友人と共にその仮置き場を視察に訪れました。
この4人はあくまでも私的立場で、福島県内に作られた仮置き場を出来る限りたくさん見て実態を把握したいと、
三泊四日でかなり過密な日程で福島県内を車で周っています。

珍さんが誘ってくれたので、テイクも西郷村の仮置き場に行ってきました。
頭の中で描いていた「仮置き場」というものと規模が格段に違って圧倒されました。
一般人は入れませんが、今日は川嶋さんたちの為に西郷村の村議会議員が同行してくれ、
その皆さんの後にくっ付いて行ったテイクたち9名ほどの一般人は広大な土地に広がる光景に
原発事故のもたらした様々な被害を改めて思い起こしたのです。






december13.jpg
議員のAさんと川嶋さんたちに続いて足を踏み入れて目に入った光景の一部
村内の百四十数軒分の汚染土の入ったフレコンバッグ(青い袋)がこれからどんどん運び込まれます。


december10.jpg

december09.jpg


フレコンバッグの一つ一つに、除染場所と中身と線量が書かれていました。
december11.jpg


december08.jpg
この原発事故で廃業せざるをえなかった酪農家の牧草地を買い上げて作った仮置場。
刈り取った草や切り倒した木の幹や枝の山がいくつもありました。

december07.jpg
当然それも汚染されているのでフレコンバッグに詰めてこの仮置き場に保管されます。




ダムのすぐ上の土地に仮置き場が出来て、村中の除染物が「仮」に保管されることで、
漏れ出したら飲み水が汚染されるのではないかと心配する住民もいます。
川嶋さんは数値は高くないので心配する必要はないと言いました。
(福島県内の線量の高い地域の数値とは一ケタ違うということです。)
中間貯蔵所を福島県浜通りにあるいくつかの地域に作ろうと自治体と交渉中だけれど、どうなるかはわかりません。

中間貯蔵施設が決まらなければ仮置き場が中間貯蔵施設になってしまう可能性もあります。
フレコンバッグの耐久性は3~5年だと政府は言っています。
フレコンバッグが劣化したら詰め直してそのまま中間貯蔵所が出来るまで置いておくことになります。

川嶋さんが例えた「坊主めくりみたいなもので坊主を引いたものが泣かなければならない」という状態。
自分の住む地域にはできなかったから良かったと胸をなでおろすという嫌になっちゃうほど大きな矛盾を抱えた問題です。
責任は何処に?東京電力です。東京電力に引き取らせたい。



  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

大学ラグビー選手権 :: 2013/12/22(Sun)

全国大学ラグビー選手権セカンドステージ第三戦、と云うことらしい試合を観戦に熊谷ラグビー場に出かけました。
那須高原はいつもと変わらぬ雪が舞う天気でしたが、天気予報によれば熊谷方面は快晴とのこと。
大丈夫!と自信を持って行ったのです。

那須から離れるにしたがって青空が広くなり、ああ、久しぶりだねぇこんな青空と話しながら東北道を南下。
館林が近づいてきて右方向を見ると、富士山! 富士山の上半分くらいがくっきり見えるではありませんか。感動です。
何か月か前に館林からの富士山の写真を新聞で見た記憶がありますが、
肉眼ではこんな風には見えないんじゃないの?って少し疑っていました。
でも、肉眼でもしっかり綺麗に見える地点があるんですね。
熊谷のラグビー場に近づくにしたがって角度が変わって行って、天辺がちらりとしか見えなくなりましたが、
今日の青空と富士山はラグビー観戦に大きなプラスαとなりました。

慶応大学x東海大学、早稲田大学x中央大学の二試合。
東海大、がんばってた。
試合終了の直前からゴールラインで押していて、
もう少しでトライができて逆転勝利だったのに、それが出来ないままノーサイド。
ずっとずっとうなだれていた選手たちが気の毒でした。いい試合だったと思う。

大差で勝った早稲田は動きが早く悪くはなかったけれどミスもあちこちで・・・
もうチョイ活躍するのかと思っていた注目の藤田選手15番フルバックがあまりパッとしなかったなという感想です。
ルールも戦い方もどんどん変わってきているようです。
その変化に一生懸命着いて行きながら、それはそれで面白いとは思うんだけれども、
昔のラグビーが懐かしいなんてぼそっと呟いたりもします。
何だかんだ言っても、生で観る試合は面白くて楽しいのは間違いありません。ちょっと寒いけれど・・ね。



cookie




  1. ラグビー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

水彩画サークル :: 2013/12/18(Wed)

今月初めに町の広報で見つけた水彩画サークル。
興味あり!なので今日、見学に行ってみました。
8月にスタートしたばかりでメンバーは6人だというので参入しやすいと言えば言える状況です。
二時間半、みんなそれぞれに描きたいものを描いて、
S先生に助けてくださ~いと言えば筆を入れて教えてくれる、そんなやり方のようでした。

テイクは初めてだし見学者なので、「やぶつばき」をスケッチしながら皆さんの絵を先生が手直しをするのを
へぇ~とかほぉ~とか思いながら見てました。
それでも2時間半集中して描くというのは楽しくて、もうしっかり参加希望表明をしてしまったのです。
帰ってきて、揃えなければならない絵の具や筆やその他必要な水彩画用品の諸々を
インターネット購入しようとあれもこれも買い物かごに入れたら、あらま~こんなにするのか~という金額。
25一人で決めてしまうにはチト気が引けるので、18氏に金額を伝えて、購入ボタンは明日押しましょと言う事です。


毎日、新聞を読めば気が滅入ることばかり。
顔も見たくないような政治家の発言や行動に腹を立てたり、鳥肌が立つくらい嫌になったりしてます。
だからと言って知らん顔していよう、なんて無責任なこともしたくありません。
絵を描くのもそんな葛藤を和らげてくれて、精神衛生上テイクにとってはよろしいのではないかと・・・。




nonbiri


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

大笑いクリスマス会 :: 2013/12/16(Mon)

今年最後の籐芸教室の日。
2時間かかってせっせと編んだのに、あ、間違ってるっ!・・・・・・
と言う事で、ほどいてまた編み直しね、チャンチャンで終わりました。
あ~あやんなっちゃうな~と思いつつ、やっぱりテイクには合っていないことが分かってそろそろ止め時かも。
その後、同じ部屋で今度はパソコン教室のクリスマス会がありました。

パソコン教室に参加してなくてもいいから誘い合って参加してね、というかなり大雑把な会だったけれど、
用意された食事が20人分、参加者19人というほとんどぴったしの読みにはびっくりです。
ティーダさんが作ってくれたパーティー料理はどれもこれも美味しく、
パソコン教室での成果ともいうべき、インターネットでオーダーしたケーキも美味しく、
そいでもってスパークリングワインだのビールだの焼酎だの、テイクの好きなものも多々あって、
豪華な昼食となりました。

愉快な人ばかりなので話は大いに弾み、大笑いをして楽しいクリスマス会でした。
笑いすぎて疲れた~って言いながら散会。
また来年も仲良く楽しくやって行きましょうねって、それぞれの顔に書いてあったような気がします。

たまたま那須町の同じ所に移り住んできた人たちと、こんな風に交流が出来る・・・
幸せなことかも知れません。





wreath




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

また雪 :: 2013/12/15(Sun)

朝、起きたら・・・。


december05.jpg
南側

december06.jpg
北側


そして、お昼近くまで小雪が降り続きました。
18氏が雪かきをしている間にテイクは雪だるま制作。
獅子丸とskypeする予定だったので雪景色と雪だるまを見せてあげようと大中小三個作りました。ふぅ~~。

今夜も降りそうな気配です。



house




  1. 那須高原
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2013/12/14(Sat)

起きたら雪が積もっていた。
いつだったかうっすらとデッキが白くなっていたことがあったけれど、
あれは降雪とは言えないかな?と思っていたから、今日の状態を初降雪と言ってもいいのかも知れない。

じゃあ、福島県の白河のテニスコートにだって雪は積もったでしょうから、今日のテニスは中止でしょ、絶対。
と思っていたのに、「使えますよ、4人集まってます」という連絡が入って、慌てて1時間遅れで合流した。
オムニコートの強みだぁね。
すごいなあ、みんなよく9時に集まったよねと思ったけれど、
話を聞けば、同じ那須町でも下の方では雪はもちろん雨だって降らなかったとのこと。
当然できると思っていたみたい。

さすがに福島県だし那須とは隣同士だから気温も低い。
時々小雪舞う中でテニスをしたのは初めての経験で、我ながら「よくやるよ」と思った。
楽しいからいいんだけど。


昨日はやたらと気持ちが降下気味で何をやってもう~んう~んと唸っているだけの感じだったけれど、
今日はテニスのお蔭かどうか上向き。
午後は、来週の火曜日にあるヴァイオリンの3人練習会の為にちゃんと準備しなくっちゃという気になった。
なのに、調弦を始めた途端にプツッ!!とD線が切れてしまって、んも~全く!

amazonで買おうと思ったけれど月曜日が配達予定日。それじゃあ練習する時間がない。
大慌てで白河市にある楽器店に買いに行った。(今日二回目の県境越え)
那須町に楽器店がないのがとっても不便だ。
amazonで買う倍近い値段を払って買って来たけれど、こんなに高いとは思わなかったなあ。
ま、とにかくこれでちゃんと練習できる状態になった訳で、3週間ぶりに音を出した。
明日もちゃんと練習しよう。しなっくっちゃ。

夜になってまた雪が降っている。綺麗な雪景色になった。




cookie




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

冬篭り中は編み物を・・・ :: 2013/12/11(Wed)

週末は静岡の叔父の7回忌に二泊で出かけました。18氏は留守番。
3月の祖母の7回忌で叔母や従兄妹たちと顔を合わせているので、今年二回目のリユニオンです。
そう、供養を兼ねた再会近況報告会といった意味合いが強いので、食事会でのお喋りが弾みました。
静岡までは新幹線に乗れば3時間で行けるのでずいぶん楽です。
が、やっぱり疲れは出るもので昨日はのんべんだらりとした一日を過ごしました。

そして今日、思い立ってミセス・グリーンサム・Tさんちに行ってメリヤス編みの編み方を確認しつつ教わってきました。
二年近く前、小林コーヒーのM美さんに教わりながら始めたものの、
後ろ見頃15cmほど編んだまま止まっていたベスト。
いよいよ冬篭りのシーズンなのでグリーンサムさんを頼りに、そのベストを完成させようと思い立ったのです。

続きは裏編みからなんだけれど、裏編みってどうやるんだっけというテイクのあやふやを解決してもらいました。
メリヤス編みでどんどん編んで行って、上の方で少し模様編みを入れたら?というのはM美さんと同じ提案です。
歩いて1~2分という近さなので、わからなくなったらすぐに跳んでいけるのが心強い。
今年こそ絶対に完成させよう!

そう思いながらせっせと続きを編んでいたら、あら何とM美さん手作りの干し柿が注文したコーヒーと共に届きました!
去年も送って下さって、美味しくいただいたのですが、
今年は母上の介護が始まったと聞いていたので、忙しい中での干し柿作りだったと察します。
すごいなあ。感服。


december04.jpg

先日電話した時に聞いた明るく元気そうなM美さんの声を思い出しながら、いただきま~す。





nitting




  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

柚子の甘露煮 :: 2013/12/06(Fri)

昨日、いつもアルコールが必要になるとお世話になる月井商店に出かけて
日本酒一升瓶x4本、ワイン5本調達して来ました。(毎月このくらい呑むということになりますね)
奥さん手作りの季節の酒の友をいただくのですが、昨日は「菊花山椒」をいただきました。
なのに、18氏が冷蔵商品棚に置いてあった「ゆずかんろ」が気になって、
あっちがいいな・・・とぼそりと言ったら、あ、いいですよ~ともう一つおまけしてくれたのです。
テイクも気になっていたから内心小躍り。

柚子の皮をむいて中身を取り除いて作るのだと若主人が母上の作り方を教えてくれました。
「ん?あの白い部分を使うの?」って訊いたら「そうそう」って。
へぇびっくり。帰ってきて早速味見したら柚子の香りとちょうど良い苦味にほんのりした甘さがすごくいい。
テイクにも作れるだろうかとネット検索したら ありましたありました
皮を付けたままと言うレシピが多い中で、「皮を削って」というのを見つけました。
作ってみよっと。

 december03.jpg
           味見して残った一つ
 




懸念する国民の声を聞かず、ごり押しして悪法を通そうとする自民党公明党に断固抗議!
国民を馬鹿にするなと茶臼岳の麓で叫び続けてます。(心の中でね)

               民主主義消え逝く師走 柚子甘露



 



bird


  1. 自民党安倍内閣の暴走
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

一日がかり :: 2013/12/01(Sun)

炊事・洗濯・・・水仕事をする時は腕まくり。
数年前に作ったアームバンドを使っていたけれど、アームカバーの方がいいんじゃないかい?と思って、
今日作った。
うん、この方がバンドより便利だ。
下がってきたら袖を引っ張る代わりにカバーの上の方を引っ張れば良くて、袖が汚れない。

december02.jpg
事務員の使うような上下ゴムのアームカバーよりもいいと思う。

だから、皿洗いをやってくれる、そして時々料理も作ってくれる18氏にも違う残り布で作ってあげた。
こんなもんに一日かかるとはトホホだけれど、いくつか作っていれば要領が良くなってスイスイ行くのではないかな?
冬のプレゼントにいいかも・・・と思った。ま、その機会があればね。

december01.jpg





アームカバーとは何の関係もないけれど、余りにもひどい日本の国会運営の実態をご覧あれ。
学者も、科学者も、法律家も、ジャーナリストも、東本願寺も、様々な分野の人々が
絶対反対と言う声明を出し抗議している「秘密保護法案」の審議をする委員会に、
首相もいなければ質問に答えるべき菅官房長官もいない。
社民党の福島みずほ議員だけじゃなく、国民だって怒るよ。
ただ、どれだけの国民がこの事実を知っているかが問題だけど・・・。



bird


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2