FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




春が進んでいる :: 2018/03/31(Sat)

朝は冷え込んで霜柱が立った。地植えにしたい苗があるのだけれど冷え込むことがわかりながら植えるのも怖くて昨日は控えた。風は冷たいけれど、陽差しはとても強くて、庭ごとをしているとじんわり汗ばむほどだ。

日一日と春が進むのが花たちの様子を見ているとよくわかる。頭を埋め込むように下を向いていたアネモネの蕾がある日気がつくとポッと上を向いて開いていたり、チオノドクサの小さな花がエッ?と思うような所で開いている。クリスマスローズの花丈がぐっと伸びているのにも驚く。チューリップの蕾も顔を出し始めたし、ケマンソウやアスチルベやゲラニウムの芽も土から少し見え始めた。一つずつ見つける度にアリガトアリガトってニコッとしてしまうのは仕方がない。毎日ワクワクできる春。幸せねぇ。

今日の大ニュースはアスパラが芽を伸ばし始めたこと。15株全部から1~2本出ている。ムフフ。
明日からいよいよ4月だぞ。




okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 庭仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気分転換になったか・・・ :: 2018/03/30(Fri)

もう一昨日になる。28日の水曜日、高校生向けビラ案を持ち寄ってまた図書館の学習室でああだこうだの話し合い―と言いたいところだが、とりあえず今回はテイクの案がいいと、(本当にいいんだかどうかは知らないが)すぐに決まってしまった。残り時間は証人喚問の話題だ。感想は皆同じで、あれを見た国民は納得してしまうんだろうか、いやいやそれはないんじゃない?でもさアベの支持率が下がったって選挙になればまた自民党を勝たせちゃう様な気がする、この期に及んでもまだ自民党を支持する人ってどういう意識なんだろう、わからない、選挙制度も悪いのよ、腹立たしい・・・。あ~あ~あ~、身体によくないねこういうのって。


夜は無料でピアノデュオが聴けるコンサートに出かけた。気分転換になるか?!
ギターサークル「ポコ・ア・ポコ」の指揮者が無料チケットがあるよとメンバーに声をかけてくれたと18氏が1ヶ月ほど前にこの「ピアノデュオとトークの夕べ」の話を持ち帰った。「いいんじゃない?行きたい。」とテイクは即答した。

2018march_20.jpg

夫のデイヴィス氏は指揮者
妻の滑川さんはピアニスト

オーストリア人のデニス・ラッセル・デイヴィスさんと結婚した滑川真希さん。普段はそれぞれがそれぞれに演奏活動をしているけれど、デイヴィス氏の指揮の仕事のない時に二人でピアノデュオのコンサートを開くという。

「魔笛(ツェムリンスキー編曲4手ピアノ版)より」から(滑川さん曰く)「お馴染みの4曲」が最初の演奏。音響が悪いのかピアノが悪いのかあまりよくないなぁと思いながら聴いた。二つ目はラヴェルの「マ・メール・ロワ」から4曲。そして、シューベルトの幻想曲、フランツ・クサヴァ・フレンツェルというオーストリアの作曲家(「プログラムの中で唯一存命」と滑川さん)の「ソナタ ファーチレ」。「マ・メール・ロワ」と「ソナタ ファーチレ」が良かったかな。

合間合間の滑川さんのお喋りが楽しくてコンサートが盛り上がった。リンツ市と那須塩原市は姉妹都市なのだそうで、姉妹都市になるまでの経緯やリンツという街のこと、夫妻の住む地域の様子や、ピアノデュオを連弾と言う形で演奏する時と2台のピアノで演奏する時の違いなど、好奇心を刺激するような話をする表情が明るい。喧嘩をしている時は2台のピアノで弾く方が気が楽ですと言って肩をすくめ舌を出しても日本語のわからないデイヴィス氏の表情は変わらない。

夫妻が以前住んでいたアパートの隣はモーツァルトがリンツを訪ねた際、二晩でリンツ交響曲を書き上げた場所で、当時のまま保存されているのだそうだ。(ひぇっすごい) 
「入り口にあるボタンを押すとリンツ交響曲が流れるようになっていて、観光客が絶えず押すので一日中うるさいほど聞こえてきます。だれだれの指揮(誰なのかを聞き取れなかった)なんですけどね、デニスが「僕の指揮の方がいい、あれはテンポが遅い」なんて言うんですよと笑わせてくれた。

ピアノ演奏を聴いて気持ちが和らいで、楽しい話で笑った。腹立たしさを抱えていた気持ちが少し治まったか、な?。
帰りの車で、オーストリアにも行きたいな~と言ってみたけれど反応なし。


モーツァルト:交響曲36番「リンツ」

「リンツ」という標題は認識していなかったけれど
聴いたことがある筈だ。

2018march_21.jpg






okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。




  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

March for Our Llives、反アベ集会への圧力、ナンジャラホイの証人喚問、そしてスピーチ「6分20秒」 :: 2018/03/27(Tue)



銃規制を求め、フロリダの高校生が呼びかけ100万人が参加した集会の様子と、
国有地不当安売り事件と森友文書改竄に怒る日本国民の集会への圧力の実態。
この違いを見よ。

トランプ政権はひどいけれど、それでもアメリカでは権力に物申す権利が保障されている。
国民からその権利を奪っている安倍政権は明らかな独裁政権だ。

2018march_18.jpg
3月24日ワシントンDCで開かれた「March for Our Lives」
"The Atlantic" より


2018march_19.jpg
3月16日に東京都国会前で開かれた「反アベ」集会
地下鉄の国会議事堂駅4番出口の異常な警備
「まとめダネ!」より
「田中龍作ジャーナル」(関連記事)




佐川元理財局長・元国税局長官の証人喚問。朝からインターネットで観ていたが、一貫して「刑事訴追を受ける恐れがあるのでお答えを差し控える」ということしか言わない。参議院で自民党・丸川珠代議員が長い持ち時間を使ってああだこうだ訊いた揚句の結び言葉が「安部総理や安倍昭恵氏の関与はなかったことがはっきりしました」だ。NHKラジオの12時のニュースは早速これを流した。上手く出来ているじゃないか。

野党が情けない。質問が下手でじれったくてしょうがない。午後のテニスコートでも、、「国民が訊きたいことを何も聞き出せずに面白くもなんともない証人喚問じゃないか。唯一共産党の小池あきらが鋭く突いてたけど。」と嘆く人がいた。そうだそうだと賛同。まったくもう情けない野党陣の質問だった。テニスから帰る途中もラジオで衆議院の模様を聞いて来たが、佐川氏がかなり余裕を持って答えていた。なんだか態度が午前中よりでかくなってるんじゃない?家に着いてインターネットにつなぐと無所属の会・江田憲司議員の質問中だ。続いて共産党の宮本岳志議員。佐川氏の態度が変わった。せめてこのくらいの攻め方が出来ないものか。

とにもかくにもナンジャラホイの証人喚問だった。ここまで徹底的にタヌキになれるサガワはすごい。国家公務員の鑑?








okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

みんないい子だ、若いっていいね。 :: 2018/03/25(Sun)

直前に知った那須中学校吹奏楽部の定期演奏会にもちろん出かけた。吹奏楽が好きなのだ。那須中はテイクの家から近いし、地域内の秋の文化祭で吹奏楽部が毎年演奏もしてくれているからとても馴染みがある。その成長ぶりも楽しみにしている。昨年の春に第一回定期演奏会も聴きに行って、これから毎年演奏会が開かれるであろうことを喜んだ。


昨日の第二回定期演奏会で挨拶した教育委員長が、地域と学校を結びつける大きな役目をしていると称えていた。コンクールの為の練習だけではなく、高齢化の進む町のあちこちに出かけて演奏する生徒たちの一生懸命さ、快活で溌剌とした笑顔やその輝きを町民が楽しみに待っているのだけれど、彼らの若々しい姿を見るだけでテイクはウルウルしてしまう。大人のせいでこんな嫌な世の中にしてしまって申し訳ない。前途には明るい未来が開けているよと自信を持って伝えられなくてごめんなさい。



音楽あり、全員の愉快な自己紹介あり、笑いを誘うパフォーマンスもあり、よく出来ている構成だ。第二部は短いけれど「那須中央中学校吹奏楽部 オン ステージ!」。なぜか全員女生徒だけど去年より部員も増えていて腕も上がっていた。三曲しか演奏しなかった最後の「ダンシングヒーロー」ではサッカー部の男子生徒が20人ほど出てきて照れながらも懸命に踊ってた。なんだか可愛くていいな~。テイクの知らない「バブリーダンス」と呼ばれるもので、有名らしい。

第三部は客演指揮者の荻町修氏(栃木県交響楽団指揮者)の指揮で大きな曲を四曲演奏した。「PARADAISE HAS NO BORDER」もアンコールの「シング・シング・シング」もいい演奏だ。テイク好みの、吹奏楽で映える曲。ドラムソロもトランペットソロも上手だなぁ。ステージのみんなが楽しんで演奏しているのが伝わってくるから客席も体で拍子をとったり手拍子で仲間に入った。

帰る観客も、出口で「ありがとうございました!」と送り出してくれる生徒たちもみんなニコニコしている。ありがとう。4月に新一年生を迎えてまた新しい音を作り上げていくんだね。

2018march_17.jpg
   吹奏楽部全員の写真入りポケットティッシュがお土産






okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


>>続きを読む

  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

高校生向けのビラ作り~那須中の吹奏楽~籠池氏接見 :: 2018/03/23(Fri)

◎21日(水)
高校生にビラをまこうというアイディアを他の二人に伝えたらいいねと言ってくれたので、図書館の学習室を借りての話し合い。山梨に住んでいる時に「小出裕章講演会」の実行委員会であれこれやった時の資料や本を持って雪の中を出かけた。ビラ作りの話の前に森友文書改竄事件で盛り上がる。そりゃそうだ、今みんなが関心を持っているんだから。

4月11日の(ひょっとしたら新学期が始まったばかりなので下校時間が早いかも知れないから)高校の時間割を確かめよう。学校に電話しても誘拐犯とか何か悪だくみをしようとしている奴らだと勘違いされるかも知れない。誰か高校生の知り合いがいない?いる訳がない。友人の里子がその高校に通っているから確かめてくれるというS美さん。下校時間がわかったら電車の時刻表を調べてみるというS子さん。

2年前の3月11日のスタンディングでやった「原発要る?要らない?シール投票」では計54人の高校生が参加してくれた。3年生が卒業した後だったから二学年だけで80人くらいが駅前のスタンディングおば(あ)さんの前を通ったことになる。来月は三学年揃っているのだから100枚は必要か。もっと?各自が仮のビラを作って一週間後に持ち寄ろう。で、それぞれのいい部分を繋ぎ合わせて「文殊の知恵」ビラを完成させる。仕上げと印刷はテイクの受け持ち。

◎22日(木) 雨が降ることがわかっていたから早朝ウォーキングはパスするつもりで、目覚ましは1時間遅く6時に設定してあった。だけど目覚ましが鳴っても起き上がる気にならない。調子が変だぞ。だるいし眠いし、何よりもいつものエイヤァ~という力が湧いてこない。結局さらに1時間寝てやっと布団から抜け出した。春眠にしてもなんか変だ。

冷え込みがきつく、小雨も降っていた。グリーンサムさんに頼まれていた日野屋さんの味噌を届けがてら干し納豆と作り過ぎたおからのお裾分けもしてきた。ご主人の具合はどう?と訊ねたら「調子が良かったり、冴えなかったりの繰り返しよ。」 今日は介護士さんが来てリハビリをしたからぐったりして寝てると云う。

日本酒とワインと天日干しうどんを仕入れに行った月井商店で、那須中学校の吹奏楽部のコンサートのポスターを目にした。えっ、明後日じゃん!ウォーキングコースにある掲示板に今年はポスターも何も貼ってないから全然知らなかった。去年から始まったコンサートで春の楽しみになる筈のコンサートなのに・・・。月井商店に出かけてポスターを見ることができて、良かった。ラッキ~~。

参議院財政金融委員会の辰巳議員(森友問題)、大門議員(法人税減税問題)、農林水産委員会での森ゆう子議員(加計学園問題)の質疑の様子を観た。他の議員のも観ないと片手落ちじゃないかと思って録画を観たけれど何だかなぁという感じだ。筋道を立てて詰めていかないと議論が深まらない。あっちがこう応えたらこっちはこう攻めるという手をいくつか用意しておかないと逆にやり込められちゃうんじゃない?

◎23日(金) せっかく晴れているのに風が強い。テニスをやりたいなぁ、でもこの強風じゃぁねぇと悶々としながら庭を徘徊する。結局テイクは行かないと決めて18氏を送り出してから宿題の仮ビラ作りを始めたけれど、高校生に分り易く伝えるというのは難しいもんだ。カワイイ絵も挿入した方が受けるよねきっと。

テニスから帰って来た18氏がしばらくして籠池氏に接見した議員の記者会見が「始まるよ~」と声をかけてくれた。リビングに行ってインターネットをつないだテレビ画面で観る。比較的健康そうだったという希望の党の今井衆議院議員と共産党の宮本衆議院議員。車椅子に乗っているという情報は誤情報だった訳だ。あり?一緒に接見した立憲民主党の議員は何故いないのと思ったけど、そんなことはどうでもいいか。

公文書改竄事件だけに焦点が当たっているけれど、一番問題にしなければいけないのは国民の財産である国有地が不正に値下げされ売り渡されそうになっていたこと。そして売り渡す予定だった相手が瑞穂の国小学院というれっきとした極右思想を教育する学校だったこと、それに総理大臣夫人が関わっていたことを忘れてはいけない。(アキエ氏だけじゃなくて、大阪府の松井知事も安倍首相もみんなグルなのだろう 日本会議が立案者かもね、な~~んちゃって)

やっぱりアベアキエ氏の証人喚問は是が非でも実現せねばならない。谷氏や迫田氏の証人喚問も必須だな。




okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

集中審議 :: 2018/03/20(Tue)

昨日、天気が良かったので午前中は庭仕事をして、午後はテニスに行かずにインターネット中継で参議院の集中審議を観た。質疑が拙くてまどろっこしい野党議員にはちょっと突っ込みを入れながらの観戦(?)。午後の部は辰巳孝太郎議員の質疑が聴き易く、理に適った内容だったかな。

同じ共産党の小池晃議員の「安倍昭恵氏は国会議員じゃありませんよ。どうして文書に載っているんですか?」との質問に太田理財局長が「それは総理大臣夫人だからであります」と答えた。議場が湧く。「あ、言っちゃった」とテイクも思った。午前中の和田自民党議員のひどい質問に色をなした太田理財局長の「仕返しか?」などとあちこちで取り上げられていた。残念ながら福島瑞穂議員は感情的過ぎて聞き苦しかった。応援したいのにあれでは逆効果だ。

国会中継の午前の部を観て午後はテニスに行った18氏が、午後の部はどうだった?と訊くから上のような感想を述べたらば、民進党だったかの大野と云う議員が午前中に行った質疑が良かったという。日本酒で野菜と豚バラの蒸し鍋をつつきながらyoutubeでその質疑応答の場面を観た。理路整然とした質問で総理大臣や財務大臣や理財局長から思い通りの答弁を引き出し、それじゃあ佐川氏から話を聞きましょうと証人喚問を要求する攻め方は中々いいぞという感じ。

そして今日、やっと与党が佐川氏の証人喚問に同意したとのニュース。拒めば拒むほど怪しく思われるのにどうしてここまで依怙地になって引き延ばして来たのかと疑う。アベアキエ氏も佐川氏の前の迫田理財局長の証人喚問も必要だと思う。拒否すると何を隠したいのかとまたまた国民は疑うからね。そして、証拠隠滅の怖れのない籠池夫妻を今すぐ釈放すべし。自分たちが証拠隠滅したくせに・・・とこれもまた国民は思っているのだ。




okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

連載「デルクイ」 :: 2018/03/19(Mon)

のりこえねっと(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)の共同代表の一人、辛淑玉(シンスゴ)さんがドイツへ「実質的な亡命」と云うニュースを何日か前に知った。その出自によって今まで色々な場面で様々な差別を受けてきた在日コリアン三世の女性で、彼女のことを知ってからその活動にテイクは共感し、集会などで聴いたスピーチやインタビューに誠意を持って応える姿の清々しさ凛々しさに感銘を受けていた。

「WEB世界」で彼女の連載「デルクイ」が始まり、第一回「ドイツへ」を読む。実質的な亡命ながら「ドイツで集中的に学んでみよう」という思いもずっと持っていたようだ。この第一回を読みながら涙が滲んだ。日本でどんなに辛い日々を重ねてきたことか。生まれ故郷の日本を離れなければならなくなった彼女とドイツで出会った韓国人たちのドイツでの体験との差。弱いものを差別する風潮がどんどん高まって来ている日本で彼女はいかに生きにくかったか、ドイツ社会は彼女をどうやって迎えたかが短いエッセイに描かれている。楽しみな連載だ。連載の題名がいいな、「デルクイ」。テイクもデルクイだなと思ったこと多し。








okinawa.jpg


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

ワクワク :: 2018/03/18(Sun)

風が少し冷たいけれど陽を浴びれば暖かくて気持ちのいい春の一日。
ウグイスの声も毎朝あちこちから聞こえて来るし、
季節が動き始める時って、
特に冬が春に少しずつ変わっていく時って、
気持ちがワクワクする。

久しぶりに園芸店巡りをした。
テイクのいつも行く店は三箇所。
と云うか園芸専門店は周辺に三つしかない。
コピスガーデンにヒロガーデン、そして若いご夫婦でこじんまり経営しているリーフハウス。
コピス以外は冬季休業で、3月に入っていよいよ3店が揃った。
テイクみたいに冬籠りを終えてワクワクして出て来た人たちでどの店も賑わっている。
三種三様の個性があってそれぞれに充実している店が近くにあるのは幸いだ。

表現がおかしいけれど「胸がキュンとするほど胸が踊る」春春春。



2018march_14.jpg
@ リーフハウス
毎年春一番にどうしても買ってしまうのはクリスマスローズ。去年、テニス仲間からこぼれ種で増やした小さな苗をたくさん貰ったんだけど、手頃な値段だからいっかなと二鉢買った。持っていない種類だからいいんだ。
@ リーフハウス
花壇の間の通路のグラウンドカバーとして面白い色合いのクローバーの苗を3ポット購入。花壇の中に増えていかないように気を付けて、夏場に一度刈りこめば、後は手間いらずでどんどん増える、らしい。カレックスを2ポット。
2018march_15.jpg
2018march_16.jpg
@ ヒロガーデン
昨年の今頃、ブログ「フィレンツェ田舎生活便り2」で拝見したプリムラの原種が忘れられずにあちこち探したものの、どこも扱っていなくて諦めていたけれど今年はヒロガーデンに出ていた。嬉しくて思わずわっ!と声が出たほどだ。ムフフフ・・・。3ポット購入。

宿根草なのに湿度の高い那須高原ではなかなか増えず、一年草と考えた方が良いみたいねと、グリーンサムさんといつも話しているジキタリスを6ポット。



幸せな日だったな。もう少ししたら本格的な庭仕事シーズンが始まる。リーフハウスの若夫婦経営者の忠告は「すぐに地植えしないで、まだまだ油断できない霜や寒波対策のためにポットのまま軒下に置いておくのが無難です」。グリーンサムさんんも、ここはゴールデンウイーク頃まで霜が降りることがあるから気をつけなくっちゃいけないのよ、といつも言っている。しばらくは窓の外に並べた苗を眺めてワクワクすることにしよう。





okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

私たちには政府に抗議する権利がある :: 2018/03/17(Sat)

森友問題公文書改竄事件に目を向けている間にも、アベ政治の非道なやり方が進められている。

山城博治さん、懲役2年執行猶予3年。稲葉博さん、懲役8ヵ月執行猶予2年。添田充啓さん、懲役1年6ヵ月執行猶予5年。(渡瀬夏彦さんのfacebookより)

沖縄。2016年に辺野古の米軍基地への抗議活動中に「公務執行妨害」や「威力業務妨害」に問われ不当に5カ月以上も拘留された山城博治沖縄平和運動センター議長や、辺野古や高江での抗議行動中に「公務執行妨害」で逮捕された稲葉博さん、添田充啓さんへの判決が14日、沖縄地裁で出た。


ブロックを積んで業務妨害、防衛局員を跳ね返した公務執行妨害。見せしめのために(としか思えないような)微罪で逮捕し長期拘留するという、人権無視の国家権力の横暴がまかり通っている。籠池夫妻の長期拘留も「権力に不都合な者の口は封じる」という国家権力の論理で行われているのだ。現在、財務省改ざん問題で抗議行動が繰り広げられている国会前でも、突きつけられたメガホンを跳ね返して公務執行妨害で逮捕というニュースもある。

安倍政権に抗議する意思を表明するために国会前、官邸前に集まる人々を通せんぼして通さなかったり、何重にもなって参加者を囲っている警察官。東京都は迷惑防止条例にデモに行く人を取り締まるような条項を付け加えるとも。どんどん独裁化が進む。北朝鮮には自由がない、中国は独裁政治だと他国を非難している間に日本もそれと同じ国になってしまったということだ。笑えない。

14日の判決後、山城博治さんのスピーチを渡瀬夏彦さんのライブ配信で聴いた。「問われるべきは政府」。熱く胸に届いた。

2018march_13.jpg


okinawa.jpg





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。




  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

初夏のような春の日 :: 2018/03/15(Thu)

2018march_09.jpg
・早朝ウォーキング後の庭徘徊が始まって何日か経つ。徘徊する時間にはまだ花たちは開いていないけれど、陽が昇ってから時間が経つと開く。ここでもミツバチがぶんぶんしている。


・グリーンサムさんが花粉症対策バッチリのフル装備で「庭を見せて」とやって来た。テイクもミニアイリスが咲いたよねと昨日彼女の庭を訪ねようと思っていたけれど、あれこれやっていて時間が無くなってしまったのよ。クロッカスが綺麗ね、クリスマスローズはどう?去年一緒に買った原種のチューリップは?とお互いの庭の状態を確認し合った。こっちはこうだけどあっちはまだ、あっちはもうそうなのにこっちはぜ~んぜんという会話を楽しむ。すぐ其処と此処の距離なのに違うんだね~。
2018march_10.jpg


2018march_11.jpg

・3月にして初夏だ。テニス日和とは言えない暑さ。着ていくものに困る。テイクは最初から半袖で持って行った上着も着る気にはならない。あ~あ日焼け止めも効かないんだろうなと思いながら太陽に直面していた。女性の皆さんは覆面みたいなものをつけたり、暑い暑いと言いながらも長袖でゲームをしている。それが出来ないんだな、テイクは。日焼け止めクリームは塗るけれど焼けたら焼けた時さと思いながらず~っとテニスを楽しんできた。七難隠すという女性向けの言葉が好きではない。黒くて何が悪い?と云う開き直り。皮膚癌がどうのこうと言われても知らん顔をしてここまで来た。だってそれは男も女も同じじゃん。

2018march_12.jpg






アベノセイで仕上がりが遅れた布巾がやっと出来上がった。
図柄は「梅花」 ちょっとと面倒だったな。
二枚目は「つづき山刺し」と云う図柄を刺そうと、すぐに刺し始めた。

2018march_08.jpg


まだまだアベノセイで思い通りに進まないよ~というのが続きそうな気配だね。
サガワだけじゃ問題解決に結びつかないに決まっている。
籠池氏とアベアキエ氏を国会に呼べ!
疑惑が始まった当初の理財局長の迫田氏も呼んだらどうよ。




>>続きを読む

  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

アベノセイダ :: 2018/03/14(Wed)

確かに昨日より暑い。日差しも強い。窓から庭を見るとクロッカスに蜂が集まってぶんぶん(もちろん聞こえはしないけど)言っている。テイクと同じ、いよいよ活動期に入ったんだね。嬉しいね。

朝食を済ませてあれこれ連絡メールを送って、日焼け止めクリームを塗ってから庭に出た。今日やることは鉢植えへの水遣り、ビオラの花柄摘み、草取りだ。優先順位が狂わないように頭のリストに書いておいた。小さな草がどんどん土に現れて来るから今のうちから抜いておかなくっちゃならない。


ネット散歩の途中で立ち寄るブログ「澤藤統一郎の憲法日記」の2月25日付で氏はアベノセイダーズのメンバーだと堂々と宣言した。佐平次さんのブログでこれを取り上げていたので、テイクも佐平次さんとこで「進んでアベノセイダーズのメンバーよと言ってやりましょう」と宣言した。その後,澤藤統一郎氏は「アベノセイダーズ宣言と『秘密結社アベノセイダーズ規約』」を発表した。


われらは日本国民のまことの幸福を索ねて、アベのセイダと声を上げよう。
何も言わなければ何も始まらない。何も動かず、何も変わらない。
「アベのせいだ」「アベが悪い」「アベは責任をとれ」「アベやめろ」
そう声を発することが最初の一歩である。
みんなで一歩を踏み出せば、
アベを辞めさせ、憲法を守り、今の世を変えることができる。
偉大なるかな。「アベノセイダーズ」

あらゆる場面で、あらゆる道の模索を重ねよう。子どもに小言を言ったり、夫婦喧嘩をしたり、ちょいと一杯やったり、散歩したり、通勤電車の中など、折々のついでに、「あれもこれもアベノセイダ」とつぶやこう。倦まずたゆまず、「とりあえずアベが悪い」「だからアベはやめろ」と言い続けることを、われらは誓う。


改ざん問題が明らかになり上を下への大騒ぎになっているので、あっちに行ったりこっちに行ったりして情報を読んだり、ヒアリングを観たりしていると、刺し子が進まないのだ。もうとっくに一枚目が出来上がっている予定だったのにまだ仕上がらない。これってアベノセイでしょ。間違いなくアベノセイダよね。

と云う訳で、今日は3月13日に放送された「荻上チキ・Session22」のメインセッションを聴きながら刺し子をチクチク刺している。昨年の2月からの国会での質疑応答などの録音を聴かせながら振り返る。流れを整理するのに役立ちそうだ。(荻上チキの写真の下の黄色いバーにある左のボタンをクリックする)
今聞くとアベやサガワやオオタの答弁が白々しく空々しく虚しいなぁ。








okinawa.jpg


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

「あいつらには腹が立ってしょうがないんだ」 :: 2018/03/13(Tue)

テニス日和だ。気温が高くて暑いから半袖で動き回った。明日はもっと暑いらしい。どうなっちゃんだ?と思うけど、毎年こんなことはあったんだと思うな。暑くなったり冷え込んだり冷え込んでは温かくなったりしているうちに春がやって来るんだ。

クロッカスも庭のあちこちでお日さまに向かって咲いているし、今朝はミニアイリスの花が開いたのを発見した。水仙の蕾も膨らんできている。じゃぁ~~ん!!そして今日の一番のニュースは、ウグイスの声が聞こえたこと。去年に比べて2週間ほど遅いけど、未熟ながらやっと啼いてくれた。

春のいい気分でいたいのに、森友公文書改竄事件でみんな怒っている。ゲームを終えてベンチに戻ってきたテニス仲間が、「あいつらには腹が立ってしょうがないんだ」とボソッと言った。その一言が何のことかすぐにわかる。テイクも同じ気持ちだわと頷いた。国中が怒っているんだ。

アベくん、君と君の妻は自分たちがしてきた悪事を国会で正直に申し述べ、国民や先日命を絶った近畿財務局の職員とその家族、嫌な仕事を押し付けられてきた財務省や理財局、近畿理財局の職員たちに心から詫びて、退場するのが賢明だぞ。

今週は昨日から始まった抗議行動がずっと続くからね。それでも白を切る態度を変えないなら抗議行動も続くよ。どんどん大きな抗議行動になり、パククネ韓国元大統領みたいに逮捕されるまで続くことになるからね。覚悟しておきなさい。

2018march_07.jpg









okinawa.jpg


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

なんちゅうくにだこのくには、まったく :: 2018/03/12(Mon)

椅子にどっこいしょと坐る時の掛け声が最近は「なんちゅうくにだこのくには、まったく」という嘆き声に変わってしまった。嫌だ嫌だ。身体によくない。

森友問題、土地売買に関する決裁文書が改竄されていたという話。財務省は「書き換え」と表現するが明らかに隠蔽工作をも臭わせるような<改竄だ。政府が使う言葉をニュースで流しているが、これは少しでも軽く見せようとする国民騙しの手口だ。

2時間を超える野党のヒアリングの実況を観た。会計検査院も神戸警察も国土交通省もそして主役の財務省も、みんな可哀そうな役回りを演じているとの印象だ。どうしてそんな辛そうな顔をしてまでアベやアソウを守るの?矢面に立たされている役人が可哀そうで涙が出そうよ。ああ、あの人たちの家族はどんなに心配していることかと思うほど、辛そうだった。

反面、アソウ財務大臣はどうだ。全て佐川の責任においてやったこと。いや、その下の段階で行われた書き換えだ。ま、責任は佐川にあるが、みたいのことを平気で言えるあのバカ顔には腹が煮えくり返る。だから、「なんちゅうくにだこのくには、まったく」が座る時の掛け声になってしまうのだ。

ヒアリングで「どうしてこんな改竄をしたのか」と訊かれて答えた理財局次長が、「佐川理財局長の国会答弁に合せて書き換えただけ」(この言い分もよくわからんが)と答えたのと、同じ時間帯に記者に応えていた麻生財務大臣の答えが何一つ変わらない言葉だということを観るだけで、君たち口裏を合わせているねとわかってしまう。財務省職員に罪をかぶせるつもりの政府と云う図だ。そう思ってアベが記者に応えている声を聞くと、ああ白々しい虚しい声だこと。ああなんちゅうくにだこのくには、まったく!


佐川や安倍昭恵の証人喚問は当然で、不当拘留中の籠池夫妻も国会に出てきてもらって、みんなで洗いざらい話してもらうしかないでしょ。アベシンゾウくん、どうかしら。







okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 安倍政権打倒
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

日曜日のスタンディング :: 2018/03/11(Sun)

7年目の3月11日も朝から特別番組が流れる。仮設住宅での暮らしが7年続いている人や震災によるストレスで今もなお苦しさから抜けられない症状を訴えたりする人の多さを改めて伝えられる。1年のうちのこの日だけの特別番組、特別な感情移入が余り好きではないので、スイッチを切り刺し子をチクチク刺し続けた。

毎月続けている11日の「原発は要らない」スタンディング。今日もいつもの3人だ。森友問題や働き方ならぬ働かせ改革に関する国会の動きの情報交換をしたり、アベアソウの悪口を言い合いながらの1時間。先月と同様、日曜日の11日だから高校生も通らず、1時間に上下それぞれ1本の電車から降りてきた何人かに「こんにちは」と声をかけ、「原発は要らない」の訴えを思い思いに書いて作ったプラカードを掲げて見せる。

終了時間の20分ぐらい前に、何やってんのと声をかけてきた女性がいた。「原発はねぇあれで儲けている人がいるから無くならないんだよ」と言い、「原発のことを歌っていた人がいたじゃない、何年か前に死んじゃったけど」と続けた。どんな歌?って訊いたら、「原発は危ないとか電力会社が儲けてるとか歌ってレコードが発売されなかったの」と云う。テイクが「あ、忌野清志郎?」と言えば「そうそうその人、好きだったんだよね私。」
それが始まりで、原発の話から労働者の権利の事から食品添加物の事から・・・いろんなことが話題になって、スタンディングの時間超過。人通りのない日曜日にじっくりこんな話が出来て楽しいスタンディングとなった。散歩途中の80才だというその女性は昔労働組合で活動していたのだそうだ。

昔はね、労働者の権利もしっかり守られていて、給料だけじゃなくて労働環境の事もどんどん要求が出せたのにね、今はもう、不満を言ったら首になりそうで給料が安くても働くしかないんだよ、かわいそうだねぇ。もう歳だから何もできないけど・・・と仰るが、こうやってしっかり世の中の動きから目を離さず自分の意見を持ち、話し合える女性がこの小さな町にも居ることを知って心強くなった。

来月の11日は水曜日で、高校生が駅に向かって歩いてくるのを迎えるスタンディグになる。原発って何?という子たちも多いから楽しいビラでも作って配ってみるかな。気もちを振い立たせてくれたあの女性との出会いだった。





okinawa.jpg


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。



  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

広がる青空 :: 2018/03/10(Sat)

下に下りて(黒磯に下りて)夕食用の手巻きずしのネタを注文する為に魚屋さんに寄った。中途半端な時間だったがテイクの前に2人お客がいて案外時間がかかる。注文してあったっらしい山盛りのマグロの切り落としの支払いにおじいさんが一円玉五円玉をザバァ~ッとあけている。おいおいと思ったけれど、魚屋さんと会話している栃木弁のイントーネーションが心地よくって番が回ってくるまでの時間が苦にならなかった。

拝跪(はいき)=ひざまづき拝む、悲憤慷慨(ひふんこうがい)=世の中の悪や事故の不運などを憤り嘆くこと、膾炙(かいしゃ)=世の人の評判になって知れ渡ること、背馳(はいち)=そむき離れること、真率(しんそつ)=真面目で率直、テクノクラート(technocrat)=科学者、技術者出身の高級官僚、スキーム(scheme)=図式、クラスター(cluster)=群れ、集団、サンチマン=恨みの念。以上、時々覗く内田樹の研究室で今日学ばせてもらった語句。「平成が終わる」と題した小論文で使われていた。何となく知っている言葉でも再確認する必要が時々あるといつも思っている。読めない漢字もあって、「云々」を「でんでん」と読む首相や「未曾有」を「みぞうゆう」と言ったり、「有無」さえ読めない財務大臣を笑えないなと反省する。
面白い内容だ。いつかアメリカに勝ってやると頑張った高度成長時代、そして、その後やって来たバブル期には額に汗して働くことを馬鹿馬鹿しいと考える風潮が蔓延し・・・、気がつけば「『対米自立という目的を失った、ただの対米従属』技術に熟達した人々が巨大なクラスターを形成して、日本の指導層の一角を占めていた」と云う解釈。



綺麗な青空が広がっていた。あんな奴らの為に命を絶たざるを得なかった人と残された家族を思う。余りにも綺麗すぎる青空だった。















okinawa.jpg


icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。








  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

怒り!アベ政権を絶対に許さない!! :: 2018/03/09(Fri)

アベの犠牲になった近畿財務局職員。
心配していたことが起こってしまった。
ひど過ぎる安倍政権。


【森友・公文書改ざん】書き換え役の近財職員が自殺 「原本」と遺書見つかる
2018年3月9日 12:31

http://tanakaryusaku.jp/2018/03/00017711

 森友学園への不当な国有地払下げに深く関わっていた近畿財務局の職員が昨夜、首を吊って自殺していたことが分かった。

 自殺したのは赤木俊夫・上席国有財産管理官。赤木氏は、払い下げの価格交渉で汚れ役を一身に背負わされていた池田靖統括官の直属の部下だった。

 氏の自宅となっている神戸市内の国家公務員宿舎には「改ざん前の原本」と「遺書」があったとされる。

 赤木氏は問題の文書改ざんに直接関わっていた、いわば“実行犯”の一人と目されていた。

 遺書には組織に対する恨みが綴られているという。上司の実名を挙げて「●●から やらされ(書き換えを命じられ)た」と書かれているとの情報もある。

 赤木氏は昨年後半から休職中だったが、国会で大問題となったことを受け、一昨日、登庁していた。その翌日、自らの命を絶った。

     〜終わり~
田中龍作ジャーナル 






怒り



  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どうもねぇすっきりとはねぇ :: 2018/03/09(Fri)

外国特派員協会で原自連創設者・小泉元首相と河合弁護士と吉原城南信用金庫元理事長の記者会見をやっていた。原自連の働きかけでいよいよ野党が原発ゼロ法案を提出するという。原発ゼロ、脱原発は、福島原発事故を経験した日本では当然であり、これしかないという道だ。

原発事故が起こる何十年も前から危険な原発からは足を洗うべきだと訴え続けてきた人たちがたくさんいた。チェルノブイリ原発事故直後から「脱原発福島ネットワーク」や「原発を止めたい女たち」などの市民団体で活動を続ける武藤類子さん、京都大学原子炉実験所の「熊取六人組」の学者たち、原発誘致に立ち向かい原発建設を止めた地域の住民たち、地元に出来てしまった原発の違法性を訴えて裁判で闘ってきた人々、地方議会や国会で原発を取り上げ反対質問を繰り返してきた議員たち・・・・大きく取り上げられることもなく何十年も地道に原発の危険性を訴え、原子力発電を国策とする権力に対峙してきた人たちがたくさんいたのだ。

私たちの多くは2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きるまで、そういった人々のことを知らずに来てしまった。でも、遅すぎはしたけれど事故直後からその仲間に加わり、「原発はもう要らない、即廃炉」の気持ちを共有し様々な形で表してきた。


外国特派員協会で小泉元首相が「演説」していた内容はもうとっくに気がついていなければならないことなのに、「原発は危険なんだよ、それがどうしてわからないのか」などと「えらそうに」言っていた。それならば元首相として政治家として謙虚にきっちり反省し、「原発を基幹電力にするのは馬鹿げたことだ」と何故、安倍首相に直々に言えないの?

この記者会見の中では「安倍政権では無理だね。ここまで踏み込んじゃったから。」と言っている。野党に法案を提出させても今の政権では出来ないと言っている訳だ。「近い将来自民党も変わってくるだろうから原発ゼロは必ずできる」と云うのは息子が首相になればと仄めかしているのか?全国を講演して回るのもいいけれど、現安倍政権に直接提案して議論してみたらどうだ。数年後にはなんて言っている場合じゃない。外国特派員協会での記者の質問に対する小泉元首相の演説のような応答を聞いていると、どうしても反発を感じ不信感を持ってしまう。

「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の掲げる「脱原発や自然エネルギーの推進に向けた国民運動を展開していく」という提案に全く異論はないし、小泉政権時代のもっともっと前から原発は要らないと主張して闘ってきた人たちと一緒に歩を進めてくれるのならそれは大いに結構なことだと思う。

これじゃあいかんのかも知れないが、でも、「どうもねぇすっきりとはねぇ小泉の言うことはねえ・・・」と思ってしまう気持ちもぬぐえないんだな。何十年も闘ってきた人たちの主張や活動に比べて小泉さんの言動が軽薄に見えてしまうからなんだろうね。






モヤモヤ気分を吹き飛ばせぇ~とばかりに、久しぶりに見た動画。
京都大学原子炉実験所・隈取六人組の面々。








okinawa.jpg



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 反原発
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

意見広告運動 :: 2018/03/08(Thu)


1825がメンバー登録している栃木県北市民ネットからのメールで、「沖縄意見広告運動」の情報が送られてきた。第9期の意見広告運動だ。チラシの裏表をプリントアウトして振込用紙の部分を切り取り郵便局で振り込めばいい、のだと思う。詳しくはチラシとホームページで。


個人は一口1000円(できれば二口以上)
団体は一口5000円(できれば二口以上)

締め切りは5月15日
6月初旬に国内紙に掲載予定

↓click
okinawa.jpg




 
もう一つの市民意見広告運動

憲法を壊すな!・国民投票がやってくる!
2018年5月3日の “紙上のデモ” に参加しよう


 安倍政権によるの改憲提案と、国民投票が間近に迫っています。その最大の狙いは 戦争放棄、戦力の不保持などを定めた第9条です。この9条に第3項として自衛隊を 明記するといっています。

 そうなれば安保法と一体となって自衛隊が海外での戦争に加担することを許し、 日本が世界に対して行った不戦の宣言を否定してしまうことになります。

 私たちは紙上のデモである意見広告を通じて、憲法を壊すなの声を広げていきます。 まず、改憲発議をさせないこと。そして、国民投票が実施された場合に改憲反対が過 半数をとることです。

 第19回市民意見広告運動は、改憲反対を強く訴える意見広告を2018年1月中旬と 5月3日憲法記念日の新聞紙面に掲載します。ぜひ、誰でも参加できるこの紙上のデモ にご賛同ください。 (詳しくは下記賛同チラシをご覧ください)

 
広告掲載は2018年1月中旬と5月3日(憲法記念日)

 2018 年5 月3 日掲載の広告は都道 府県別に賛同者名を掲載し、それを活かしたデザインの紙 面です(複数の全国紙他への掲載をめざします。
 改憲をめ ぐる動きによっては掲載日を変更する可能性があります)。
掲載広告で訴える内容、
 実際に掲載する広告の文面は、チラシの内容をもと に、今後の状況変化を反映させて決定します。
賛同金と期限
 第19 回市民意見広告運動に賛同される方は、このチラ シの振替用紙(ゆうちょ銀行払込取扱票)に必要事項を記 入してご送金下さい。
 賛同金は 個人 一口2000円
        団体 一口4000円

 振り込み期限は2018年4月6日金曜日(同日付ゆうちょ銀行受付印のあるものまで)です。

●この運動は、いかなる政党・政治団体にも属さない市民運動です。




♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
黙っていないで声を上げたい
でもどうしたらいいかわからない・・・
出来る事から始めよう!!
そうだ!今から始めよう~!

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. アベ政治を許さない
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「便教会」ってご存知? :: 2018/03/07(Wed)

3月6日ラジオ番組「ゴールデンラジオ 大竹紳士交遊録 」で武田砂鉄氏が紹介していた。




何なのよ、便教会って。
「教師の、教師による、教師のための、トイレ掃除に学ぶ会」ということだ。
このトイレ掃除運動、素手でやるのがミソなんだって。
イエローハットの創業者が提唱した運動で、
ゆくゆくは子供たちにも押し付けていくんだろう。
いやいやもう押し付けているらしい。

公園など公共の場のトイレ掃除を率先してやっている人たちがいることは聞いたことがあるような気もする。
要するにトイレの掃除をすると心が綺麗になるという理念(?思い込みというべきかな)を広げたい人たちの運動だ。
荒れていた学校が落ち着いた雰囲気になったとか、
子どもたちが公共のものを大切にするようになったとかいう報告もあるのだそうな。



国会議員の中にもこの運動にいっとき乗っかった人がいる。
今も続けているのかどうかは不明だ。
2009年のこんな記事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
衆議院議員で自民党の馳浩氏(47)が国会のトイレ掃除を行ったことを自身のブログで報告した。トイレ掃除を行ったのは、6人の議員と河村建夫官房長官の妻。この会は「第1回 トイレ掃除に学ぶ会」と名付けられ「日本を美しくする会」の国会版だという。

「日本を美しくする会」は、カー用品チェーン・イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏の掃除哲学に学ぼうという有志の集まりとして1993年に結成された会。同会ではトイレ掃除を推進しているが、その理由を「謙虚な人になれる」「気づく人になれる」「感動の心を育む」「感謝の心が芽生える」「心を磨く」か らだと説明している。

 馳氏はトイレ掃除の様子を「便器に向かい合って、一心に磨き上げる。便器を磨き、心を磨く!の合言葉で、1時間」と語っている。

 トイレ掃除を終え、馳氏は「心地よい1時間。素手で磨き上げた便器はピカピカ。心晴れ晴れ」とその効果を述べた。馳氏はトイレ掃除に参加した衆議院議員 で民主党の野田佳彦氏に「このトイレ掃除してから国会対策すると、国会運営も与野党も上手くいくんじゃないですかね?」と笑いかけると「そうですよ ね~~!」と苦笑いされたという。

 与野党双方の議員がトイレ掃除を通じて交流が図れたようだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやはやびっくり。
びっくりしながら笑っちゃうね。

トイレ掃除をするのは悪くないよ。
みんなで使うものはみんなで綺麗に使おうというのも問題ない。
ただ、素手でやらなければならないという根拠がわからないんだな。
強制されるのも軍隊みたいで嫌なんだ。
トイレ掃除をすることで心が磨かれるというのも理解できないのよ。
そいでもって便教会なんて開いちゃって偽薬に騙される大人も気持ち悪い。
(素手でトイレ掃除をしたら感動の心が生まれただの、謙虚な人になれただのと思うのは、
偽薬を飲んで症状が快復したと思ってしまうプラシーボ効果と同じじゃんという人もいる。)

心が磨かれて謙虚な人になれるのならまず一番に
アベアソウサガワカトウオオタその他諸々の悪もんに
トイレ掃除をさせるのがいいんでないかい?
その結果、悪もんアベアソウサガワカトウオオタたちの心が磨かれて
今までの悪事を洗いざらい白状したら
トイレ掃除と綺麗な心の関係をちょっとは理解できる、かも知れない。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑感
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「15時17分、パリ行き」 :: 2018/03/06(Tue)

2015年に実際に起きたテロ事件に遭遇した3人のアメリカ・カリフォルニア出身の若者の話をクリント・イーストウッドが監督して映画に仕立てた。プロの役者を使うつもりで体験者の3人に話を聞いていた時に、自分たちで演じてみないかと誘ったのだという。「3人だけじゃなく、他の乗客や現場に駆け付けた救急隊員、犯人を逮捕した警察官まで出ることになった。」のだそうだ。

カリフォルニア州サクラメントで育った幼馴染み、アンソニー、スペンサー、アレクの3人。青年になった3人が休暇を使ってヨーロッパ旅行を計画し、イタリア、ドイツひょんなことからアムステルダムにも足を延ばした。予定に入っていたパリに行くかどうか。アンソニーもアレクもあまり気が進まないのだが、パリに行ったことのないスペンサーはいい所かどうか行ってみなければわからないと主張し他の2人も同意した。彼らが乗った15時17分発のパリ行の列車でテロ事件に遭遇し、3人の活躍で犯人を取り押さえ乗客500人余りの命を救ったという実話だ。

列車内で起きた事件に辿り着くまでに、3人の子供時代、スペンサーの軍隊での生活、ヨーロッパ旅行の様子が再現される。佐平次さんも「ちょっと退屈?」とブログに書いているし、下野新聞の映画評でも、「大半が3人の少年・青年時代や旅行中のエピソードが占めている」と書かれていたからそんなもんだろうと思って観た。「カリフォルニアのサクラメント」という名前や風景が懐かしく(とは言っても州都だから一度見ておきたいねと訪ねたことがあるだけだが)、彼らの少年時代の描写はそれ程邪魔には思わなかったけれど、確かに旅の部分は不必要に思えるほど長すぎた。あの列車に乗ったのが運命的なものだと示唆する為に必要だったのか。

原作と同名のノンフィクション(早川ノンフィクション文庫)にある後日譚も含めて映画で描かれればよかったと新聞の映画評は云う。本ではテロ犯の背景も記述されているし、あの事件後にパリで起きたテロ事件は自分たちのせいではないかと彼らは悩んだということも書かれているのだそうだ。フランスから勲章を与えられたのはこの3人だけではなく制圧に協力したイギリス人男性もいたけれど映画では触れられていない。そんなこんなの片手落ちな作り方ではないかと映画評は疑問を投げかけている。そうね、この映画でクリント・イーストウッドは何を表現したかったのだろう。余り深みのある映画とは言えないけれど、自分たちの経験の再現と言えども素人が上手く演じていると思う。お見事。イーストウッドは「棒読み」と言っているけれど、そうは思わなかったな。













icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

淡路人形浄瑠璃 :: 2018/03/05(Mon)

2018march_01.jpg


いやぁ~愉快愉快。

3月4日、白河文化交流館コミネスで公演された淡路人形座による「淡路人形浄瑠璃」。数か月前にチケットは手に入れてあったけれど、淡路島の人形浄瑠璃についてはな~んにも知らない。いったいどんなものなんだろうと興味津々の気持ちを抱いて出かけた。

500年ほど前に淡路島で人形を操る舞を神事に使っていたのが起源のようだ。郷土の民俗芸能として演じられ、最盛期には1000人を越える人形役者がいて全国各地を周って歩いていたという。淡路島出身の人形遣いの一人がこの人形芝居を人形浄瑠璃「文楽」という形にして大阪で創設したのだそうだ。全く知らなかった歴史。仕掛けや早変わりも特徴の一つで、文楽に比べると豪壮な感じがする。人形の表情や大きさの違いもある。江戸時代には盛んに各地で演じられた淡路の人形芝居も時代とともに他の娯楽に人々の関心が移り後継者も減って消滅しそうになったが、1968年に伝統芸能を守ろうという有志の力で「淡路人形座」が設立され今に至るということだ。


最初の演目は「戎舞(えびすまい)」
庄屋の家にやって来た戎様が振る舞い酒に酔いながら、自分の生い立ちなどを話しながら舞い、庄屋に福を授ける。白河の観客へのお世辞も忘れない。最後に船で海に出て鯛を釣りめでたしめでたしという結末だ。それまでの演技が楽しくて笑いが絶えなかった。

この後、人形に関して詳しい説明があり、会場から観客が舞台に上って実際に女性の人形を操るという趣向も楽しかった。「昔の」女性の泣き方とか歩き方とかの仕草を「こうやってやるんでっせ」と面白おかしく説明する。そんなにうまく泣けないと「なにやってまんのん」とダメ出しが入り会場中大笑いだ。

(終演後ロビーで人形と一緒に写真撮影ができる。テイクも戎様と並んで写真を撮った。非公開

  2018march_02.jpg







   2018march_03.jpg


二つ目は「奥州秀衡有鬠壻 鞍馬山の段(おうしゅうひでひらうはつのはなむこ くらまやまのだん)」。鞍馬山で平家を討つべく修行をしている牛若丸と藤原秀衡からの書状を手渡そうと田楽やに化けていた密使・金売吉次が平家の侍・難波十郎から逃れて源氏再興の準備のため奥州に向かうという話。牛若丸とその修行の相手になっていた法師たちとの立ち回りが見どころ。

(田楽やを装っていた金売吉次もロビーに居て、左手で肩を抱かれて記念撮影をした。非公開
この金売吉次の墓が白河にあるという。公演前に出演者たちが墓参りに行ったとの紹介があった。



第二部は「鬼一方眼三略の巻 五条橋の段」。全五段の長い話の中の五条大橋での牛若丸と弁慶の出会いの場面。「京の五条の橋の上・・・」で有名で牛若丸がひらりひらりと身をかわし、弁慶を翻弄する。弁慶が長刀の他にも七つの武器を持っていて牛若丸にやられる度に一つずつ取り出しては再度牛若丸に立ち向かうというのが、通常の文楽とは異なっていて面白い。
2018march_04.jpg



太夫にも三味線にも人形遣いにも女性がいて驚いた。俄然興味が湧く。太夫の声なんて男性に負けず劣らず力強いのだ。男性とはひと味違う雰囲気があった。神事から民俗芸能の「人形芝居」に変わっていったという歴史がそのまま受け継がれ淡路人形浄瑠璃を「芸術」ではなく「芸能」にしている。真に素朴で温かい芸能、好きだなぁ。一度淡路人形座へ行ってそこで鑑賞してみたい。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

「ブラック・パンサー」 :: 2018/03/03(Sat)

毎朝、前の晩に放送された「荻上チキのセッション22」を聴く。ニュースの解説も掘り下げ方も面白く、特に国会が開かれている期間はその日に国会で繰り広げられた野党と首相や大臣とのやりとりを部分的に音声で紹介し、問題点疑問点を洗い出すという構成が好もしい。

昨日の朝聴いた番組録音の冒頭で荻上チキさんが熱く語り絶賛していたのが映画「ブラック・パンサー」だ。原作はアメリカのコミック(アメコミと言うらしい)でそれを映画化したもの。アメリカ国内でも空前のヒットだという。そんなに熱くなるほどの内容なの?観に行こうか、まいっか1825には合わないよ、イヤたまにはヒーローアクションものを観るのも悪くないかも、というようなやり取りの末、上映スケジュールをチェックして2時40分からのを観に出かけた。嵐のような強風が吹き荒れているからテニスは出来ないもんねというのも理由の一つ。


“ヴィブラニウム”という秘密の鉱石を産出しそれによって築かれた超文明国家、アフリカにある架空の国・ワカンダの物語。“ヴィブラニウム”は世界の争いごとの基になるとして代々の王によって秘匿され、表向きには農業国として認識されている国という設定だ。国王だった父親が亡くなり若き国王となったティ・チャラと“ヴィブラニウム”を狙う者との間に繰り広げられる戦闘をCGたっぷりの迫力のある映像をこれでもかこれでもかとテイクには思えるくらい見せる。筋も構成もアクションもCGもありきたり、に見えた。スターウォーズを何編かはわぁ~うぉ~とかのけぞって観ていた。スーパーマンも観たしスパイダーマンも観たような気もするけれど、同じ類の映画がどんどん出て来るのにつれて興味を失ってきた。テイクの若さが無くなって来ただけじゃなくてハリウッド・スペクタクルというものにも飽きたんだな。

明日(3月2日)はもっと掘り下げて「ブラック・パンサー」を取り上げます、と告知していたので、何がそんなにおもしろいのかを知りたくて今朝聴いてみた。アメリカンコミックのファンだという中島かずきさん、音楽ライター(って何?)の渡辺志保さんの二人がゲストだ。ヒーローものをこのように熱く分析する人たちの想いを初めて聞いた。昨日観た映画の解説をあとになって聞いてふぅ~んへぇ~そうなのかぁ、そこまで深い映画なの・・・と頷きながらもやっぱり彼らの熱さに取り残される。

「ブラック・パンサー」が突然出て来たわけではなく、「アベンジャーズ」「シビル・ウォー/キャプテン★アメリカ」という物語から脈々と続いているヒーローものということみたいだ。(イマイチ理解できていない)その流れの中のヒーローものなのだけれど、初の黒人ヒーロー、そして彼と共に戦うのが女性というのにも魅力があるらしい。

「ブラック・パンサー」には馴染みのある響きがある。60年代の公民権運動の中で生まれた「ブラック・パンサー」党という急進的な黒人解放闘争を繰り広げた政治団体。1968年のメキシコオリンピック陸上で表彰台に上った黒人選手二人が黒い手袋をはめた拳を突き上げた行為が記憶に残っている。映画の冒頭の場面でカリフォルニアのオークランドのアパートの一室が出て来る。監督の出身地でありブラック・パンサー党が生まれたのもオークランドだと番組の中で紹介されている。テイクにはこれ以上説明できる力がないので、興味があれば3月2日のセッション22のメインセッションをご聴取あれ。この映画の捉え方がわかって面白いと思う。みんなが熱っぽく語るからちょっとうるさいけれど・・・。







icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0