FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




バックステージ ツアー :: 2018/08/17(Fri)



8月12日の午後、黒磯文化会館大ホールで東京芸術座の「蟹工船」を観てきた。

公演の数日前にバックステージツアーがあるので希望者は11時半に会場へ、というメールが入ったのでもちろん!と二つ返事で参加した。

2018august_13.jpg


今回の舞台は大道具が売りの一つということで、まずは舞台に上がって大道具=舞台装置を見ながら説明を受けた。舞台は甲板と「糞壺」と呼ばれる漁夫や雑夫たちの居住部屋があり、場面が変わる時に、この引き戸をこう動かして甲板から「糞壺」へ、「糞壺」から甲板へと変わる仕掛けだと実際にやって見せてくれる。時化ている状態は背景の幕全面に描かれた海で表す。幕をこう動かすとほらね・・・おお~っ船酔いしそうとみんなが声を上げるほどの時化る海に変わる不思議。すごいぞ。波しぶきはこれですと見せてくれたのはバケツやタライに入ったプラスチックで出来ているような細かい粒だ。これを船べりの陰からパァ~ッと撒くと波しぶきに見えるんですとの説明だが、ほんとかなぁと半信半疑だった。でも客席で芝居を観てると、ちゃんと時化る海の波がしぶきを上げて飛び込んできているように見えるから面白い。

舞台から舞台袖へ回り、小道具の説明を受けた。「東京では60人出演するが地方では40人しか出ないので、必然的に一人二役、多い人は五役受け持つ人もいて、船長の衣装と雑夫の衣装がこうやってひとまとめにして置いてあります。」という説明の通り、海軍の兵隊の衣装と漁夫と重役の衣装がまとめてあったりする。暗い舞台裏でせわしく着替えるだろうに間違えたりしないのかしら。

衣装の担当者は、一舞台で衣装は破れたり千切れたりするから毎回全衣装を直す。新しいものを新しく見えるように直すのはそれほど難しくはないけれど、襤褸をぼろぼろに「直す」のはとても大変だと教えてくれた。そうかぁ、なるほど~。

物を包んである新聞紙や、一升瓶のラベルやマッチ箱・・・などの小道具の一つ一つまで時代検証して当時のもののコピーを取って新聞紙を作ったりラベルにしたりしているのだそうだ。客席からは見えないと思うんだけど(実際見えなかった)、たまに見える人もいるようであれは違うんじゃないかと指摘されることがあるという。

劇団員が演じる登場人物の生い立ちや家族関係のことを調べたり考えたりみんなで話し合ったりして、小さな持ち物まで作っていくのだそうだ。大変そうだけど面白そう。一緒に行ったNさんは学生時代演劇部に所属し役者や裏方を経験している。「練習や準備、本番までの緊張感や高揚感が溜まらないのよね。一度やったら止められないっていうのは本当よ。」親の反対で役者にはならなかったけれど、役者仲間の集まる酒場でよく飲んだそうで、その時の一人が蟹工船にも出演していて何十年ぶりかの再会も果たした。

舞台の裏のあの煩雑さや開演数時間前の何となく晴れ晴れしい空気に触れるのも悪くない。バックステージツアーの機会があれば是非どうぞ。


さて本番。幕が上がり、蟹工船で働くために甲板に集まった貧しい男たちの中の一人の「おい、地獄さ行(え)ぐんだで!」という台詞で芝居が始まった。





icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


先週作った「まくわ瓜の冷製ポタージュ」と昨日の夜の「大葉香る鶏肉とゴーヤのうま塩炒め」というのがここんとこのヒット料理。写真を撮り損ねたのが残念だけど、こりゃいける、病み付きになるぞという料理だった。もちろん、テイクの頭で考えた訳ではない。台所に置いてあるレシピ検索用の第一世代のiPadが探し出してくれたレシピであ~る。

まくわ瓜はいただきもの。昔甘くて果物として食べた記憶があるけれど、もう現在のメロンなどには勝てないから糠漬けにするくらいしか思い浮かばなかった。それが小洒落た冷製スープになるなんて・・・。

ゴーヤはチャンプルか佃煮にするしか能がなかったけれど、大葉との相性がこんなにいいなんて驚異の大発見。(大葉は裏庭のあちこちでこぼれダネから芽を出して育っている。)

ゴーヤの炊き込みご飯ってどうかしらと言ったら、嫌だと即答する声あり。そっかなぁ、やってみてもいいかもよと言いながら検索したらば、あるある。美味しそうなレシピがたくさんある。来週のいつかの晩ご飯はゴーヤの炊き込みご飯と決まった。



cooking
  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<秋ってこんなに気持ちがいい! | top | 戦争は嫌だ >>


comment

舞台の種あかし、面白いなあ。
ゴーヤのチャーハンなんてうまそうですが。
甘酒シャーベット、カミさんも食べる意欲が出てきました。
  1. 2018/08/18(Sat) 10:24:17 |
  2. URL |
  3. 佐平次 #-
  4. [ 編集 ]

∮佐平次さん
舞台裏の様子がわかると舞台鑑賞も更に楽しくなります。

>>食べる意欲が・・・
良かったですね。地元の名物医師であり物書きでもあった三川鯛山さんも日々甘酒を口にしていたそうですよ。(日野屋の奥さんの話では)

ゴーヤのチャーハンも美味しいでしょうね。炊き込みご飯はどう思います?
  1. 2018/08/18(Sat) 17:48:10 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/1025-2466c9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)