FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




狂言 万作の会 :: 2018/10/06(Sat)


年に一度、宇都宮で開かれる「狂言 万作の会」。栃木県総合文化センターがこの冬から改修工事に入るので休館となり、今年は来年の分も入れて2月と10月の公演だ。次回は2020年まで待たなくてはならない。

毎回、始まる前に開かれる狂言講座では、今日の出し物の解説やら豆知識やらが語られる。今年の講師は野村萬斎。声が低いので中々聞き取りにくいが、面白おかしく演目「月見座頭」と「弓矢太郎」の内容と楽しみ所を教えてくれた。

「月見座頭」では、座頭・目の見えない男を野村万作が演じた。中秋の名月の夜に河原で虫の音に聞き惚れていた座頭に洛中から月を愛でにやって来た男が声をかける。話しているうちに意気投合し、男が持ってきた酒を和やかに飲み交わす。酒もなくなり話も尽き、二人は別れた。

足元の明るいうちにと帰りかけた男が戻ってきていきなり座頭を足蹴にしてその場を去る。どうして?と思うが、洛中に住む者の優越感がそうさせたのか、目の見えない座頭を馬鹿にしたのか、人間の不条理な心を顕しているのではないかと狂言講座での萬斎の解説。

蹴り倒された座頭はどこかに飛んでしまった杖を探し、杖は見つかったが帰る方向がわからなくなり川の音に導かれ川の流れに手を入れて川下の方向を知る。文句も言わず歩き始める座頭。しんみりするけれど、大したことのない事柄で優越感を持つ人間と、耳が聞こえない故に、虫の音を楽しみ、それを通して月を愛で、方向がわからなくなっても川の流れで帰る道を知る・・・という感覚の鋭さを持つ人間の、ある意味での立場の逆転を表しているのかと自分勝手に解釈した。名月の夜は虫の声も一段と冴えわたる、という細やかな神経を持ちたいものだ。

2018october_04.jpg


二曲目は「弓矢太郎」。気が弱いことを隠すために強がって弓矢を持ち歩いている太郎のことを例えて、今でいうと強がって迷彩服を着て歩き回っているような人と同じかも知れないという萬斎の解説には笑った。

気が弱いくせに強がっている弓矢太郎をからかってやろうと、仲間たちが太郎に狐の執心や天神の森に出る鬼の怖い夜話を聞かせる。太郎は目を回してしまうが目を覚ましてからもまだ強がる太郎。それでは肝だめしに天神の森の松に扇をかけてこいと仲間たちがそそのかす。家に戻って女たちに相談した太郎は鬼に変装して行けばいいと知恵をつけられて天神の森へ出かけた。そこで鬼に出会い目を回す。が、これは実は鬼に変装した仲間で、この者も鬼に変装した太郎を見て目を回す、という物語だ。

当屋、太郎冠者、四人の立衆、そして弓矢太郎という大人数の出演だが、何と言っても野村萬斎演じる主役の弓矢太郎が際立つ。おどけた表情、大袈裟な立居振舞が滑稽で会場中が大笑いだ。よく通る大きな声での言い回しは「狂言講座」での低く聞き取りにくい声とは別物だった。


野村万作氏は八十七歳になられるか。数年前にかすれた声を聞いて心配したが、去年も今年もしっかりとした声での演技だった。今年は舞う時の扇が震えていたり、立ち上がる所作が少しおぼつかなく見えて、お歳を感じさせられる。それでも洛中の者の不条理な振る舞いで蹴り倒される場面では自然に(?)蹴り倒されていたし、その後の、観る者をしんみりさせる情の籠った演技は流石だ。どうぞお元気でご活躍ください。次回は2020年、楽しみにしています。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<シュトゥットガルト室内管弦楽団 | top | 私たちも!>>


comment

万作さん、元気でしたか、良かった(と言いながら万作の会に行かない)。
月見座頭は好きな演目です。
なんといっても前半の虫の音を楽しむ風情がいいです。
ああ、酒を飲みたいなあ、と思っていると酒を飲む展開、これもいい。
あとの不条理もなんとなくすっと腑に落ちるのも私にもこんな暴力的衝動があるからかもしれないなあ。
山本東次郎がいい味を出しました。
  1. 2018/10/07(Sun) 10:58:01 |
  2. URL |
  3. 佐平次 #-
  4. [ 編集 ]

∮佐平次さん
しんみりとした狂言を観るのは初めてのような気がします。中々いいものですね。「不条理がすっと腑に落ちる」のは大人の感覚なのかなぁ。私はどうしてそんなことするの?と思う程度の理解でした。

此処にいると選択肢がないので万作の会で狂言を楽しめるだけでも有難いです。万作の会に行かないのにはそれなりの理由があるのでしょうね~。
  1. 2018/10/08(Mon) 11:05:12 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/1054-50695c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)