FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




署名二種 :: 2018/10/25(Thu)

一日中、青空!という日が一昨日やっとやって来た。
今日もまたそうだった。嬉しい。
周りの林の木々の葉も様々な秋色に変わりつつある。
愛用の石油(灯油)ストーブ大小を掃除して使い始めたのが何日か前。
まだ小さいストーブだけで家じゅう温まるけれど、
どっちにしてもいよいよ冬だなぁ。



休耕田には知らぬ間にソーラーパネルが設置されて、町内を走ると嫌な光景があちこちで目に入ってくる。制限する条例がないからどんどん増える。見栄えが悪いから嫌だと言う人が多いけれど、それだけじゃないよと思う。何年か経ってソーラーパネルの寿命が尽きた時、そのパネルをどうするの?という疑問は心の中でずっと燻っている。自然エネルギーだから・・・と言ったって本当に必要で切羽詰まったうえでのソーラーパネルの設置だろうか。そうは見えないからテイクは反対だ。電力会社に売れば金になる、みたいな宣伝文句に飛びついているだけじゃないの?と云う感じがする訳だ。

こんなことを常々思っているのだが、そこへ今度はメガソーラ―建設という話が持ち上がっているという。建設反対の署名を集めているからと協力依頼があった。びっくりした。休耕田の小さな面積でも無制限にあちこちへどんどん設置されていて嫌気が差しているのに、今回は東京ドームの4.5個分の広さの森林を伐採してのメガソーラ―の建設だ。何が自然エネルギーだ。

儲かりゃいいっていう訳かい?九州では電力超過で九電が再生エネルギーの制限をしている。関東で本当に大規模の太陽光電力が必要なのかい?まずは日本中でエネルギーの使い方を見直そう。311の東電福島第一原発の事故が起こった時に一度は立ち止まって考えようとしていた日本なんだけど、のど元過ぎれば元の木阿弥。あ~あ。原発も無制限の自然エネルギー施設建設にもテイクは反対!

2018october_14.jpg

このチラシと署名用紙を持ってご近所を周った。
チラシの一番上には
「御用邸下の森林を伐採してのメガソーラ―建設は必要ですか?」
と書いてある。


テイクには御用邸なんかどうだっていいし、御用邸が近くに在ろうとなかろうと上に書いたような理由でソーラーパネルの林立は我慢できない。建設予定地の隣は那須国際カントリークラブで、ゴルフ場だって立派な環境破壊なんだからな、と思うと複雑な気分だ。

那須町長と栃木県知事に宛てた署名集めを始めた人たちは予定地の周りの住人たちで、この環境が気に入って那須に移住してきたのに・・・という思いが強い。広大な面積の森林が伐採されて太陽光パネルがキラキラしている光景に変わるなんて絶対にイヤだと思うのは当然だ。テイクの住む地域は予定地から少し離れているけれど、だから関係ないわなんて言っていられない。町中で反対運動が盛り上がらなければ計画を撤回させるのは難しいだろう。ご近所を周って署名を集めた。もちろんみなさん寝耳に水で、ソーラーパネルの林立に日頃から疑問を持っている人ばかりだった。町中のたくさんの人が反対の声を上げれば何とかなるか・・・なぁ。まぁ、黙っていないで声を上げることに意義があると思うからまずは上げてみよう。




これより前に、「九条俳句」市民応援団から署名用紙が送られてきた。2014年に起こった俳句サークルで選ばれた作品を公民館報に掲載することを公民館が拒んだのが事の発端の事件。こちら
公民館法にも違反し掲載拒否は間違っているとして公民館やさいたま市と話し合いを持っても埒が開かず、作者が原告となって地方裁判所に訴え、勝訴した。法律家や学者、俳人の金子兜太さん、ディレクターの森達也さんなども支援していたが、さいたま市が控訴してしまった。いまだに決着がつかずにいるというのだ。

原告側は裁判と云う形ではなく、「自由に当たり前の表現をすることの意味」を市や公民館と話し合いたいという姿勢を示し、話し合いを求めているが平行線を辿るばかりでなかなか前に進まない。「九条俳句」の掲載を求める1万人署名への協力を求める動きに出た理由はそこにある。

黙っていられなくてJLCの記事の最後に毎回バナーとリンク先を掲載し初めて4年が過ぎた。すぐに解決すると思ったのが甘かった。4年の間にどんどん表現の自由が窮屈になり、九条、憲法と云う名がつく学習会や催し物は施設を借りられなかったり、地域の何とか祭りなどにブースを出すことも認められないことも増えてきた。ここでもやっぱり黙っていては駄目だ、声を上げなくっちゃと署名用紙を持って歩いて、ある程度まとまったので市民応援団に送った。壊れていく世の中でジタバタしても仕方がない、とは考えたくない。

マキテーナイビランドー チバリナヤーサイ だ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<タイトルなし | top | 塩原高原大根>>


comment

森林を潰してメガソーラーなんて ありえない !
「9条俳句」の事も全く酷いことです

原因を突き詰めると、人と集団の質の変化劣化かしらと
いいかげん人間の私でも そう言いたくなる  

まるで、社会全体に黒い網が掛けられていくような
冗談じゃないです=  払いのけましょう!

安田純平さんの生還にも 破廉恥な非難の声が国内である由
ヴェトナム戦争時の報道カメラマン、故沢田教一氏の行動に
自己責任など言わなかった国民だったというのに
  1. 2018/10/25(Thu) 23:19:07 |
  2. URL |
  3. そらぽん #4wgPbndY
  4. [ 編集 ]

話がちょっと違うけれど、近所の家が大きなモミの木に青い照明をキラキラさせて、正月がすぎてもそのままだったので、イヤだからやめてくれと書いたハガキをポストにいれました。
直ぐに消えました(人気商売のタレント)。
当時現役で遅く帰宅したときにこの青いキラキラが見えるとガッカリしたものです。
  1. 2018/10/26(Fri) 10:07:19 |
  2. URL |
  3. 佐平次 #-
  4. [ 編集 ]

∮そらぽんさん
CO2を吸収してくれる木を切ってしまうなんて本末転倒ですよねぇ。自由に物事を表現できる場であるべき公民館がサークル活動を潰してしまうなんてこれまた本末転倒。

人間は明らかに劣化しています。
安田純平さんが無事に帰国できたことを喜ぶどころかなじる輩がいるなんて、何という社会になってしまったのでしょう。アベノセイダと言いたいけれど、小泉政権時代にイラクで人質になった3人が解放されて帰国した時にも「自己責任」だという言葉が投げつけられました。その後、何でも「自己責任」という言葉で片付けられる風潮が蔓延るようになった気がします。新自由主義経済を推し進めたコイズミ、タケナカ一味の頃から日本は一気に破滅に向かったのではないかと苦々しく思っています。
  1. 2018/10/26(Fri) 17:29:54 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

∮佐平次さん
夜の闇は夜の闇のままがいいですもんね。必要以上の照明は要りません。

今残っている自然は出来る限りそのままにしておきたい・・・。ましてや必要でもないのに木を切り倒すなんてもっての外です。オリンピックなんかの為に住民の反対を押し切ってあちこちで木を切り倒しているミドリのタヌキも許せないなぁ。ポストにハガキを入れましょか。
  1. 2018/10/26(Fri) 17:39:12 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/1061-d4d8970f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)