FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




映画サークル十人十色のfacebookページ :: 2018/10/30(Tue)

2018october_22.jpg
このプログラムの内容は、とても充実している。沖縄戦末期に陸軍中野学校のエリートたちが沖縄で何をやる為に送り込まれたのか、戦後そのエリートたちはどう生きたかを知ることができ、映画をより一層深く理解できる筈だ。(34ページ 700円)
三上智恵・大矢英代監督による「沖縄スパイ戦史」が26日から11月1日までフォーラム那須塩原で上映されている。映画サークル十人十色が協力という形になっていて、一人でも多くの人に観て貰いたいとイベントを開いたり、ホームページで紹介したりしている。他に手はないかと考えてFacebookページを開設したのは9月21日。

だけどアクセスが広がらない。どうしたらいいのよ。「平和と憲法を守る!栃木県北市民ネット」の映画部なんだから、せめて市民ネットの皆さんがアクセスしてシェアしてそれをまたシェアしてもらって・・と広げてくれなくっちゃねぇと思いながらも、インターネットをやらない人も多いようだし、FBは嫌いだからやらないという人も結構いて頼れない。お金を払えば宣伝してくれるというお勧めがFacebookページからちょくちょく届くけれど、商売じゃないんだからそこまでするつもりもない。

うんうん唸りながらあれこれ記事を十人十色のFacebookページにアップしていたら、ある日、三上智恵監督が「沖縄 見る・聞く・踊る・考える」の記事をシェアしてくれた。嬉しい~!舞い上がった。そしたらば、さすが監督の力は大きく、それまで3人とか4人、多くて10人ほどだったアクセスが3日くらいの間に1300人を越えた。すごいね、これ。でも、問題はその1300人余りのうち何人が栃木県北在住なのだろうということ。沖縄や東京、大阪、その他日本中の三上智恵ファンが住んでいる所であろうね。

Facebookページが「アクセスを増やすためにどんどん投稿をしましょう」とご親切に教えてくれるから、HPに掲載したイベントの様子もリンクした。映画の上映がいよいよ始まりましたとか、プログラムやサウンドトラックも販売していますとか、続けて投稿したらまたまた三上監督がシェアしてくれたのだ。監督のfacebookに栃木県北に住んでいる方がフォーラム那須塩原で映画を観たとコメントしていた。何と嬉しいことか。一人でも二人でもHPやfacebookで情報を得たという人がいればいいのだ、テイクは。チラシだけじゃ広がらないし、友達に呼びかけるだけでもおぼつかない。インターネットだってどれほど効果があるのかわからないけれど、チラシなどでは伝わらない人にインターネットを通じて伝わったんだから、Facebookページを開設した意義があったと言うもんだ。自己満足だけどさ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。





そらぽんさんがコメント欄で教えて下さった米報道ミュージアムのことを全く知らなかった。
検索してみたら2013年の「ワールド・プレス・フリーダムヒーロー賞」が山本美香さんとメリー・コルビンさんに贈られたという記事があった。

ニュージアムの壁に映し出された画像は、取材中に殺害された88人のジャーナリストたち。


bird
  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「テロリストは僕だった・・・」 | top | 「自己責任」って何?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/1065-082c8cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)