FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




会津ジイゴ坂学舎へ :: 2018/12/21(Fri)

昨年6月フォーラムでの「知事抹殺の真実」応援上映で「栃木県北市民ネット 映画サークル十人十色」の活動は始まった。那須町にも工房を持つ我孫子亘監督とNAOMIプロデューサーと十人十色のお付き合いはその時から。

一昨日、お二人の仕事の拠点となっている「会津ジイゴ坂学舎」を再訪。新しい映画が完成して来春公開することが決まったので、またフォーラム那須塩原で上映しようということになり、試写と打ち合わせを兼ねて十人十色のメンバー6名で出かけた。




2018december_23.jpg
児童数が年々減っていく状態の城山西小学校は複式学級(ふたついじょうの学年をひとつにした学級)で授業をしていたが、この先子どもが増える見込みがないとして、5年間で複式学級が解消できなければ他の学校と統合すると通達された。
地域のほとんどの人がこの小学校の卒業生だ。廃校にするのは何としても止めたいと地域の人々が動き出した。そのタイミングで赴任してきた新校長と共に一体となって城山西小学校を守るために「小規模特認校」と云う制度を利用して様々な工夫をしながら児童数を増やしていく。地域・PTA・学校・行政が一体となって一つの学校を廃校にしない為に動き回った舌を巻くほどの情熱。情熱の基にあるのは子供がいなくなったら地域は駄目になるという危機感だ。諦めなかったことで学校が生き残った。
今回の映画は、統廃合候補に挙げられた宇都宮市街の北西に位置する小学校が、地域と学校と行政の努力によって「小規模特認校」の指定を受けるまでの5年間の記録だ。題名は「奇跡の小学校の物語 この学校をなくさない」

統廃合を撥ね退けるまでの取り組みを映画にして残したいと学校やPTAから安孫子監督に依頼があったのだそうだ。安孫子監督の「やるべえや」という作品を観たことのある人の、ぜひ我孫子監督に撮影してもらいたいという依頼だった。

2018december_22.jpg


「記録しておくべきことはどんなに小さなことでも記録して残さなければならないと日頃から考えている」という安孫子監督の温かい目を通して映し出される子どもたちや地域の人たちの明るい顔が心に残る。監督の卒業した小樽の小学校が廃校になったと、撮影に入る前に友人から連絡があった。「寂しかった」とポツリ。全国で進む学校の統廃合を加速させたくないという思いもあるようだ。


「映画サークル十人十色」はフォーラム那須塩原で3月初旬に予定する上映に向けて年明けから取り組みを始める。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 十人十色
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<手仕事マルシェ | top | 沖縄国際連帯行動 >>


comment

東京での上映はないのですか。
見たいなあ、那須なら見られるのですか?
  1. 2018/12/23(Sun) 10:44:22 |
  2. URL |
  3. 佐平次 #-
  4. [ 編集 ]

∮佐平次さん
先ずは宇都宮で先行上映して、そして足利市の田中正三学校で、3月にフォーラム那須塩原で上映して、確か4月から全国公開になると言っていたような・・・。東京ではアップリンク渋谷での上映が決まっているそうですよ。
  1. 2018/12/23(Sun) 16:26:34 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/12/24(Mon) 17:08:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

∮鍵コメさん
来春全国で上映されるようです。
近づいたら「映画サークル十人十色」のHPとfacebookで情報提供する予定です。時々覗いてみてくださいね。
https://kenpou4heiwa.jimdo.com/
  1. 2018/12/24(Mon) 18:07:34 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/1093-8f1db52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)