FC2ブログ

Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




ラデツキー行進曲 :: 2019/01/04(Fri)

コーヒーを飲みながらのんびり朝ご飯を食べてたら電話があった。ホンダのディーラーTさんからだ。
「1日は大丈夫でしたか?」
えっ?なんで知ってるの?と驚いたけれど、そうかホンダのロードサービスを使ったからねぇ・・・。
あの1.1.1が終わって、歩いて来ていたF夫妻を送り届けて、我が家に向かう途中に脱輪してしまったのだ。狭い雪道で対向車、というできれば避けたい状況によりによってめぐり合わせてしまった。左に寄って対向車を通そうとしたら雪に覆われていた側溝にはまってしまったという訳。運転手は25。トホホ。(私有地内なのでお酒が入っていても運転は出来る。余りよくないんだけどね。)

ホンダのロードサービスに電話したけれど、あちこちで同じようなことが起きているようで時間がかかりそう。対向車のAさんが明日にした方がいいよ、僕が送っていくからということで翌日の朝一番でレッカー車に来てもらったという経緯がある。Tさんの2019年の仕事始めがうちだったのか。ごめんごめん。今のところ問題ないけど点検してもらった方がいいかしらと言ったら、その方がいいですそうして下さい、と仰るので明日の朝ホンダに行く。


ウィーン・サロン・オーケストラのニューイヤーコンサート2019で思いっきりウィンナ・ワルツを聴いてきた。バレエや歌がついている。「ウィーンの楽友協会のニューイヤーコンサートが有名だが、オーストリア放送協会が国際中継を始めてレコード各社が毎年のライブ録音・録画を発売する体制が整って以来売り物になったあの20世紀のマーケティングが蔓延する以前の、正調ウィンナワルツ・・・」な~んてプログラムにある。「本来はもっと小編成で歌や踊り、器楽のソロなどが混じり、ワイン片手の気軽な雰囲気の中で楽しむ音楽だった」のだそうだ。コンサートホールなんぞで聴くような形態じゃなかったという訳ね。ヨハン・シュトラウス父子のワルツやポルカはウィーンに出かけダンスホールや酒場で聴くのがいいみたい。

そう言われれば、今日の演奏はイマイチだったけれどバレエありテノール、ソプラノの歌ありのプログラムは楽しくて許せる。お決まりのラデツキー行進曲で、さぁ今年も楽しくやりましょうねと一堂納得してお開きとなった。



icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 聴きに行った、観に行った
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「ひとりの午後に」 | top | 2019年開幕>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/1102-9af59e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)