Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




呆れる :: 2014/09/01(Mon)

数日前の東京新聞トップ。
「9条の会の出店拒否」
「国分寺まつり」で毎年ブースを出している「国分寺9条の会」が今年の参加を拒否されたというニュースだ。
ここでもまた「内容が政治的だ」という理由。
さいたま市の俳句の会の女性の「梅雨空に『9条守れ』の女性デモ」という句が掲載拒否されたり、
高知市で憲法記念日に毎年走らせてきた路面電車「平和憲法号」「憲法9条号」の運行が取りやめになったり。

平和憲法について考えることがなぜ政治的なのか。
安倍政権が9条の解釈を変えたから、そのお上に異を唱えるのが政治的ということなのか。
私たち国民のものである憲法を、時の権力が解釈だけで変えることはおかしいという感覚は正常な市民感覚で、
憲法や9条について話し合うのは当然の権利だと思う。
今まで大事にされてきた平和憲法、安倍内閣がその9条の解釈を変えて以来、
自治体や公共機関が、それについて考え合うことを政治的だというようになった。



この記事の隣にもう一つ見過ごせない記事がある。
「ヘイトスピーチと同様に国会デモも規制すると自民党のプロジェクトチームで確認した」という。
国連人権委員会からヘイトスピーチを野放しにしている日本政府は正当な対応をしていないと批判された。
日本で偏見、差別が横行している状態を見かねてヘイトスピーチを規制するようにとの日本政府への通達だ。
人権の問題だ。

国に対して反対意見を表明するデモや集会と、偏見、差別に基づくヘイトスピーチを同列視するとは、
自民党議員にも呆れたもんだ。勘違いも甚だしい。
日本の国民はこんな自民党政権のやりたい放題を止められないのか。


8月いっぱいでやめるつもりだった「梅雨空に『9条守れ』の女性デモ」の掲載を、
自民党政権のやりたい放題と、
自治体や公共機関の一連の根拠のない自主規制に抗議する意味で引き続き掲載する。

icon九条守れ



  1. 自民党安倍内閣の暴走
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ピアノリサイタルと映画 | top | 肌寒い日>>


comment

「畑の隅麦茶飲みつつ思うことアルビやがんや憲法のこと」最近作った歌です。私自身選挙以外での政治的な意思表示はほとんどしていませんが、歌会に提出する歌にはひとつでも政治がテーマの歌を詠むようにしています。「アラーにはお見通しなのかテロルの先に行きつくところ」日常の中でもはっきりとした意思表示をするように努めています。
  1. 2017/06/01(Thu) 02:20:25 |
  2. URL |
  3. ume #9wWewkbI
  4. [ 編集 ]

∮umeさん
そう、言いたいことをしっかり言っていかなくっちゃ、ですよねぇ。
私もそう思っていた、なんて後で云うのは卑怯と云うもの。
umeさんには歌を詠むという強い発言手段がおありですから、どんどん詠んで、ここでもご披露ください。

  1. 2017/06/01(Thu) 13:57:22 |
  2. URL |
  3. テイク25 #NNZ72WTo
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/510-978dff9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)