Joy Luck Club

日記帖・雑記帖・ぼやきノート・備忘録・・・




大日向マルシェ :: 2017/09/10(Sun)







9月9日(土)のこと・・・
スムージーとコーヒーと新聞で朝の時間を過ごしているとクロネコヤ〇トのトラックが停まるのが見えた。何かアマゾンに注文した?とお互いに訊ねあうも覚えがない。何だろうと玄関に出たら、大きな葡萄の箱を持っていつもの配達のお姉さんが山梨の宮崎さんからです、と告げる。思いがけない贈り物。びっくりで嬉しい。

2017september_08.jpg


手紙には、長い間コンピューターが調子悪くてインターネットと繋がっていなかった、新しいのに変えたけれど慣れるのに時間がかかって、気になっていた「秩父事件・・・」のサイトを見るのにずいぶん時間がかかったのだけれど、先日見てみたら、「テイクさんが丁寧に仕上げていてくれたことがわかって感無量。」と書いてある。テイクが宮崎さんに了解を得て、遅々として進まないながらも時間を見つけては勝手にアップしてきたページだ。まだ「評論」の最後の何ページかが掲載できないままでいるのを気にしながら他のことに追いかけられている状態で後ろめたさも感じていたのだけれど、ご本人に喜んでいただけたことが嬉しく、あのページを作った甲斐があったと改めて思ったのだ。懐かしい山梨の葡萄が美味しい。

大日向マルシェと云う主に農産物を扱う人たちが自分ちの自慢の野菜や加工したものを提供する市場がアワーズダイニングと云うレストランの前広場で開かれている。アーサー・ビナード講演会の実行委員をしていた時に知って色々お世話になり、その時の仲間も店を出しているので何かあれば顔を出したりするいい加減な客だ、テイクは。店を出している人もお客も若い人が多くて好ましい雰囲気で嫌いではない。で、今回は十人十色のメンバーと映画の宣伝に出かけた。宣伝と思いながらもそれぞれの店の若者と話すのが楽しくて、エゴマ油や新鮮な野菜、野菜を作りながら観察して描いた生きもののポストカード、ジャムや煎餅やホタテガイの貝殻を砕いた優れモノの洗濯漕(だけではなく浴槽、シンクの排水溝)クリーナーなどなど惹かれるものが多々あり、あれこれ購入。
2017september_09.jpg

若い人がほとんどだけれど自分の生活や健康のことを考えて有機栽培などに関わっているし、社会のことにもそれなりの関心を寄せている人が多いようで、この映画(「標的の島 風(かじ)かたか)」)を観て是非沖縄の状況や日本が今どこへ進もうとしているのかを知ってい欲しいと言いながらチラシを渡すとそこから話が進んで大いに楽しい。お客さんも若くてチラシを渡して話すとちょっと後ろに引きながらも話は聞いてくれる。観光で来て何となく覗いてみたと言う人も多かった。若い人たちと繋がれればいいなと考えている十人十色にとっては大きな価値のある場所だと思う。老いも若きも日本の将来を一緒に考えて行きたいよね。


沖縄のことと云えば、TBS NEWSのサイトに、ザ・フォーカス「教えてよ亀次郎」という動画があった。ネーネーズのあの歌が耳に残るなぁ。




icon九条守れ

さいたま市の女性の句。
教育委員会は公民館報への掲載を拒否しています。


その他にも「9条」取り扱い拒否が様々な形で広がっています。

「九条俳句」市民応援団ができました。


  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「沖縄と核」 | top | 丸ごとトマトごはん>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://joyluckclub.blog.fc2.com/tb.php/848-e12a8fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)